connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

4/9ブロックチェーンのセミナーのレポート〜FiFiCと行動経済学〜

nem14.58xem (7) 163 7 1

 

 

昨日、上記のセミナーに参加してきました!!!^^

 

法律とか税務、経済学とトークンエコノミーのテーマのセミナーとか、、

 

そそる〜〜〜〜〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

いくつかトピックがあったので、何回かに分けて皆さんにもセミナーの内容を共有しておきたいと思いまっす!!!^^

 

と言う事で最初の今日は、セミナーの本編と順番前後するんですが経済学の話から!!

 

 

 

セミナーでは、リアルワールドゲームス社と言う会社の位置ゲーム(FiFiCみたいなゲームでした)を例に、トークンエコノミーにおける行動経済学の話をされていたんですが。。

 

 

(セミナー中のうぇんじにあの頭の中)

これ、FiFiCに脳内変換したら完全に同じ事言えるやんけ!!\\\\٩( 'ω' )و ////

 

と言う事で、完全にFiFiCと関連づけてお話ししていきますね^^

 

人のモチベーション=動機付け

 

FiFiCは、人が歩くモチベーションを喚起させるサービス・インセンティブ設計になっていまっす!!!^^

 

それは

・内発的モチベーション

・外発的モチベーション

 

と言う2つの用語が出てきまっす!

 

内発的モチベーションとは:

自身の中から湧き上がってくるモチベーション

FiFiCで言うと、歩くことが健康維持に繋がる。それがインセンティブとして働いて人はアプリを使って歩く。

 

外発的モチベーションとは:

外的要因から与えられるモチベーション

FiFiCで言うと、8000歩歩くことでトークンが付与される、更にリアル店舗でクーポンとしてトークンを使用できる。

それがインセンティブとして働いて人はやっぱりアプリを使って歩く。

 

参加型消費の市場

 

FiFiCは参加型消費の市場でっす!!

 

またの名をコト消費というんですかね^^

 

対比される言葉としてよく出てくるのがモノ消費。普通に食べ物とか日用品を買ったりする行為のことですね^^

 

 

 

FiFiCのアプリに参加して歩く体験をする、その体験に自分の時間を消費して参加する。

 

消費した分、参加者はインセンティブを得ることができる!

 

 

そんな市場が参加型消費の市場だと理解していまっす!!!^^

 

 

普通のモノ消費との違いで素敵だなと個人的に思っているのはその消費を他の参加者と共有して更に消費活動を楽しむことができるということ^^

 

 

そんな世界で生きている僕たちNEMberは幸せ者でっすね〜〜〜〜〜〜

 

さてさて、FiFiCと経済学関連の話はこの辺で終わりでっす^^

 

 

いかがだったでしょうか???

 

ネムツア開催中ですし、皆さんのFiFiC参加のモチベーションのきっかけになったらいいなと思ってまずこの内容でセミナーレポートを書きました!!!

 

 

次回は、暗号資産の税制とか法律関連の話をシェアしようかな^^

 

これは、ちょっとうぇんじにあ自身もしっかり腹落ちしきっていないので、追加調査をしてしっかり理解してから記事にしようと思いまっす!!!!^^

 

では、現場からは以上でっす・:*+.\(( °ω° ))/.:+

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
物愚者
2019-04-12 14:47:22ID:101422

>>うぇんじにあ::さん

うーんと、健康状態というのが身体感覚なり数字なりでフィードバックされると、それが賞罰として機能してしまうんです。
で、内発的動機付けは確か行為に随伴する賞罰によってコントロールされるものではなく、行為自体によって行為の動機付けが維持されるっていう特性があったはずです。

読書するために読書するのは内発的動機付けですが、賢くなる(バカにならない)という目的があると、質的には読めば金が貰えるから読むのと同じになるというか。

社会心理学と行動経済学でこのあたりの共約されてるのかわからないですが笑

うぇんじにあ
2019-04-11 07:16:28ID:100548

>>YUTO::さん
そうですね^^FiFiCコイン万歳!!!

うぇんじにあ
2019-04-11 07:16:08ID:100547

>>matsuno::さん
こういうセミナーは行く度に勉強になるので、テンション上がります^^

うぇんじにあ
2019-04-11 07:15:37ID:100546

>>物愚者::さん
え、そうなんですか??
自分も調べたんですが、、外発的動機付けは「外部からの報酬などがモチベーションになる」という感じなので健康維持は外発的動機付けには該当しないと思ってました・・

行動経済学は難しいですね〜〜

YUTO
2019-04-10 13:10:46ID:100144

歩くとお金にできるのは、いいねと感じています。

物愚者
2019-04-10 11:51:05ID:100099

健康維持(⇔不健康になる)はおそらく外発的動機付けに入ると思います(マジレス)

NEMber who posted this article

気象予報士兼IT企業リーマンのうぇんじにあです。
2017年12月に仮想通貨とブロックチェーンの世界に魅了されて、
その頃からずっとNEMを応援し続けています^^
世界の人に経済に優しいNEM、もっと広まれ〜〜〜〜〜〜
20225
0