connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

「自分メンテナンス:サウナ道」の話

nem6.59xem (7) 274 8 1

働き方改革によって今まで勤務時間に換算されてなかった朝会議が勤務時間となり、今年度より平日休みが増えました。

とはいえ、娘は学校、妻も仕事のため1人休みの日は自分メンテナンスに励みます。

関東は雪模様とのニュースに驚きましたが、本日の札幌は快晴、最高気温も12℃と穏やかです。

ですので、本日は朝から自転車を整備して、春の札幌の空気を味わいながら、本日のメインメンテナンス会場である札幌サウナの最高峰「ニコーリフレ」に向かうことにしました。

 

自転車事始め

 

朝のさわやかな空気を吸いながら、まだ新しい制服を身に着けたばかりの学生を横目に、まずは北大を駆け抜けます。

北大でもサークルの勧誘活動で朝から賑わっていました。

札幌駅から桑園、北大界隈は札幌の中心地でありながら自然や札幌情緒溢れる建物も多く、散歩やサイクリングには最適のルートとなっています。

本日の自転車ルート。中心地にありながら、自然を感じられるコースです。

環状通りエルムトンネル上の遊歩道、北海道マラソンのコースにもなっています。

まだ脇には雪が残っていますね。

北海道大学構内のメインストリート。学生以外にも多くのランナーや散歩者で賑わっています。

朝は静かで気持ち良く走れます。

メイン会場の大通り近辺は自転車駐輪場がないため、一旦札幌駅の駐輪場に自転車を止めて、歩いてメイン会場の大通りに向かいます。もちろんFiFiCのためでもあります。

メイン会場までの道のりはFiFiC記事の方に上げていますので、札幌の景色を堪能したい方はそちらへもご訪問ください。

「FiFiCで札幌散歩」

 

サ道とは?

 

私がサウナにハマったのは昨年のことです。

きっかけは後輩の一言でした。

「最近、休日になればサウナに行っているんです、サ道って知っていますか?もし興味があれば漫画になっていますので読んでみてください」

銭湯や温泉に行くたびにサウナには入っているが、特別な思いはなく、ただ汗を流して気持ちいいなぁぐらいにしか思っていなかったにわかサウナーの私でしたが、そんなにいうならと後輩に薦められた漫画を読んでみることにしました。

そこはサウナ上級者がサウナにハマる理由、サウナ上級者が選ぶ極上のサウナ、サウナ利用上の注意、マナーなどがエピソードを交えながら描かれています。

そして、サウナにハマる理由、そこには「ととのう」とあります。

「ととのう」とはどういった状態なのか、今までサウナに入っていて「ととのった」ことなどない私は「ととのう」に興味を持ち、やがて「ととのう」経験を経て、サ道へと進むことになるのです。

 

合法的脳内トランス状態「ととのう」

 

サウナの主役は「水風呂」です。私がいままでサウナに入ってととのったことがなかったのも、この水風呂に入るという行為を省いていたからなのです。

サウナ→水風呂→休憩を繰り返しますと、この休憩時に血液が全身を駆け巡り、脳に酸素が行き渡る感覚に襲われます。全身がジーンとしびれてきて、脳内の快楽物質が大放出され、やがてくる「多幸感」がサウナトランスであり「ディープリラックス:ととのう」状態であります。

世のおじさん達はこの「ととのう」を求めてサウナへ足を運んでいるのです。

 

札幌サウナの最高峰「ニコーリフレ」

 

すすきのからもほど近い、大通りの一角に、このご時世に女人禁制であり、札幌おじさんの聖地である「ニコーリフレ」があります。

先の「サ道」にも、ととのいすぎちゃう全国のサウナ施設、北の絶対王者、日本一のロウリュパフォーマンスを誇ると紹介されている札幌サウナの最高峰といえる施設です。

サウナ初心者の私には格式高い、サウナ上級者専用の施設ですが、いよいよ日本一のロウリュを体験するときがやってきました。

札幌市中央区南3条西2丁目

 

ロウリュとは?

 

ロウリュとはサウナストーブにアロマ水をかけて、発生する水蒸気のことをいいます。

この水蒸気を熱波師といわれるスタッフがタオルで扇ぐことによって熱風を発生させ、新陳代謝を活性化させるとおもに体感温度を高め、発汗速度を速めることができます。

このタオルで扇ぐ行為は「アウフグース」と呼ばれ、熱波師は日々その腕を競っており、熱烈なサウナファンは好みの熱波師がいるとかいないとか、熱波師の腕もロウリュには大切なのです。

 

日本一のロウリュを体験する

 

9:00に入店し、ロッカーの鍵を渡され、館内着に着替えを済ませます。館内の飲食などの支払いはすべて鍵番号でOKです。ロウリュタイムは1時間毎なので、10:00のロウリュに合わせて、まずは漫画20000冊を誇るリラクゼーションルームで自前の本の読書をしてから、9:30にサウナ、大浴場へ向かいます。

ロウリュの前にウォーミングアップ程度に、札幌サウナの最高峰を味わってみます。

真ん中にロウリュ用のサウナストーブがあり、設定温度85℃と少し低めですが、かなり湿度が高めのため、息苦しさがなく、長く楽しめる良質なサウナです。

10分程度のウォーミングアップを済ませ、かけ湯にて汗を流し、水風呂に入ります。

私のホームサウナである近所のスーパー銭湯の水風呂は19℃設定ですが、ここの水風呂は16℃とかなり上級者向きの設定となっています。

普段ぬるま湯に使っている初心者の私にはかなり、冷たく感じ、まったく動けませんでしたがそれでも数秒で慣れ、1分程度で無感覚になり、気を失うような感覚に陥ったため、上がって休憩します。

するとやってくる「サウナトランス」状態。完璧に最初の「ととのった」が訪れます。

そして、ロウリュの時間まではこちらも道内初といわれる「水素風呂」であたたまります。

水素の効用はよくわかりませんが皮膚から入った水素が老廃物と結合して水分になって流れ出る効用があるとのこと、認知症にも良いと(なぜ?)よくわかりませんが気持ちいいのでよしとします。

10:00、2分前にロウリュ開始のコールがかかり、サウナへ移動します。

サウナ室へ入ると、スタッフから氷が配られそれを口に含みます。なるほど、水分補給と涼しさがありこれはいい。

私は初心者のくせに、上級者のふりして上段端に陣取り座ります。となりの男性はタオルを頭にかけ、かなり熟達されたサウナ上級者の雰囲気を醸し出しています。

そして熱波師が入室し、自己紹介すると拍手が湧きます。(なぜ?)

まずはサウナストーブにかけるアロマ水の説明がされますが、本日のアロマ水はローズマリー、ローズマリーは心臓の拍動を強める働きがあります。そのため、低血圧、手足の冷えに効果的とされ、さらに脳の血流量を増やすので、集中力をアップさせます。筋肉の強壮にもつながり、筋肉痛やこりにも効き、咳や気管支炎、去痰にも効果があるとされます。

そして、アロマ水をサウナストーブにかけて、水蒸気が湧きます。

まずは熱波師が湘南の風のライブなみにタオルを振り回してサウナ室に熱波を充満させます。

上級サウナ参加者は皆前かがみになって背中に熱波を受けていますので、私もこっそり前かがみになります。かなり熱い空気が背中に当たります。そして、熱波師は方向を変えながら全体的に扇いでいきます。

そこで手拍子と掛け声がかかります。1.2.サウナ、1.2.サウナ、1.2.サウナ!となりの上級者も熱波師とともに声を出しています。最初なんて言っているかぜんぜんわからなく手拍子だけ参加します、やばい初心者がバレてしまう・・・

次は1人1人が熱波師に扇いでもらいます。扇がれるときの基本スタイルは全身で風を受けるこのスタイルです。

 

私の順番は2番目、最初のおじさんにならって、上級者の如く私もこのスタイルで仰いでもらいます。その間はもちろん皆で手拍子と掛け声です。

1.2.サウナ、1.2.サウナ、1.2.サウナ!

熱風が全身を包み込み、汗が吹き出します💦

そして全員が終わったところで、お代わりのもう一周です。

今度は最高10回まで扇ぐ回数を選ぶことができます。

ここでさっきまで威勢良く掛け声を飛ばしていたとなりの上級者風のおじさんが退場します。あっちぃーとか言いながら、メインイベントを前でまさかの退場、外では水が配られており、ロウリュが終わるまで再入場はできません。

わたしは2番目、相当に汗は吹き出ており、5回ぐらいで十分、掛け声も気恥ずかしいし、いいかなと思っていましたが、最初のおじさんが10回を希望します。

10.9.8.7.6.5.4.3.2.1.サウナ!!

熱波師が最後の力を振り絞りタオルを大きく振っています。

次は私の番です。

「何回にしますか!?」

「10回でお願いします!」

群集心理バイアス…5回と言えない日本人は私です。

その後、残っていた全員が10回を希望して(笑)最後は私も掛け声をかけながら手拍子、最後は全員の拍手をもって熱波師をねぎらいロウリュが終わります。

とりあえず、サ道を読んで予習しておいて良かった。

その後は水風呂へ直行、流石にロウリュのあとの水風呂は混んでおり、人の動きによって更に冷たさが増します。そこで、本日2回目のサウナトランス状態になり、至高のサウナ体験を終了しました。

その後はリラクゼーションルームにもどり、もちろんお約束のビール🍺。

 

そのままサウナトランスを余韻に昼寝、読書を繰り返し、至福の時を過ごします。

この後はお昼ご飯を食べにまた歩きにでました。お昼ごはんの模様はFiFiC記事の方にアップしてあります。

「FiFiCで札幌散歩」

おっと、忘れるところでした。

このタイミンでNEM買いましのため、途中にコンビニに寄って入金してきました。

久々の種銭の追加です。これで2つ目の畑を用意する準備も整います。

 

帰宅後はいつものお休みの締め、煮込み料理です。

本日の煮込みは「具沢山豚汁」でした。

ちょうど今日読んでいた本の一節にこんな一節がありました。

 

人間は生き物であり、自然の中にある。

現代の文明生活において、私たちの日常生活は生き物であることを実感できません。

中村桂子 著「科学者が人間であること」より

 

私の休日メンテナンスの基本は「生き物に戻ること」なのかもしれません。

自然の空気を吸って、身体を動かす、そして美味しいものを食べて、自分五感を呼び起こす。

こうやって生物としての感覚を取り戻すことが私のメンテナンスなのではないかと思います。

休み方が下手だと言われる日本人、これから休みや自分の時間が増えることによって仕事でしか自分を表現し、満たされることがなかった人達が「自分が仕事以外に何も持っていなかったこと」に気づいたときには逆にうつ病や燃え尽き症候群による無気力が増えるのではないかという懸念もあります。

ですので「休み方」を考えることはとっても大切なことだなぁと煮込みながらぼんやりと考えていました。

 

本日も良い休日になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
7zoesan
2019-04-11 12:44:48ID:100793

>>BleRoom::さん
まさに、私はまだそこまでではないですが、ハマる理由はわかります。
冷たいとか熱いとかの感覚を身体で感じるのも生物的な感じかして生きてるって実感あるんですよ。
いまの家って冬でも夏でもずーと室温一定で身体が鈍ってしまいます。

7zoesan
2019-04-11 12:42:39ID:100791

>>うぇんじにあ::さん
北海道で学生時代を過ごしたのですね、かっこいいセコマありますよ!
ぜひ整えてください!

BleRoom
2019-04-11 11:06:12ID:100696

生き物らしい(?)いいお休みですね~
北海道、また行きたいなあ(*´▽`*)

寒い地域の人はサウナが好きなイメージです。
北欧の人も「 No life no サウナ」って言ってました。笑

うぇんじにあ
2019-04-11 08:37:40ID:100587

あ〜、北大の周りの地図だ!!

学生時代、札幌に住んでたのですごーく地図とか地名とか、地図が懐かしいです^^

最近、北大構内にかっこいいセコマできましたよね!!

サウナのととのう、昨日も職場で話題になりました^^

僕も整ってみようかな

7zoesan
2019-04-11 08:34:26ID:100584

>>やってみよう::さん
極めましょう!
掛け声、私も吹き出しそうでした!

7zoesan
2019-04-11 08:33:45ID:100583

>>matsuno::さん
ぜひ北海道へお越しの際は!

やってみよう
2019-04-11 02:52:20ID:100517

「1、2、サウナ!」の掛け声に笑ってしまいましたw すごい楽しそう!
僕もサウナが好きなので、サ道に興味が湧きました。

matsuno@漆黒の
2019-04-11 00:38:41ID:100480

ロウリュは形式的な物は体験ありますが、ここまでここまでのものはないですね!
奥が深いのですね。

NEMber who posted this article

北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。
これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、
日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。
NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!!

ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。
20247
0