connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

運命の分かれ道は47歳

nem4.30xem (6) 173 10 1
きなこ 2019-04-13 09:05:47

ある日突然才能が開花して人生が変わる。

そんな事例が稀にある。

 

あなたがもし47歳に達していないのなら、

まだ天才への道をあきらめるには早いかもしれない。

 

 

【エピソード①】

1860年、サンフランシスコで書店を営んでいたエドワード・マイブリッジ氏が

馬車に乗っていたところ、馬が暴走して頭部を岩に打ち付けてしまった💨


9日後に病院で目を覚ましたマイブリッジ氏は一命をとりとめたものの、

発作障害や嗅覚・聴覚・味覚障害などの後遺症が残ってしまった。

事故前は穏やかだった性格も一変し、妻の愛人を射殺する事件まで起こした。

事故後のマイブリッジ氏は写真撮影と撮影技術の発明に打ち込むようになり、

等間隔に12台並べたカメラで馬の連続写真を撮影することで、

まるで馬が動いているかのような映像を披露した。

このとき48歳

この発明に触発されたエジソンが、後に映画を発明することになった。

 

 

【エピソード②】

1994年に整形外科医のトニー・シコリア氏は道を歩いていると、

突然雷に打たれてしまった。

すると、それまでの人生でピアノを弾いたことがなかったにもかかわらず、

突然頭の中にピアノのメロディが流れ始め、

無性にピアノが演奏したくてたまらなくなった。

シコリア氏は仕事をしている時以外の時間をほぼすべてピアノの演奏に使い、

妻に離婚されるほど没頭した結果、

ついに「稲妻ソナタ」という自作のピアノ曲でコンサートを開催するに至った。

このときの年齢は不明だが、あきらかに40代半ばは過ぎている。

 

 

【エピソード③】

整体師だったジョン・サーキン氏は35歳で脳卒中に見舞われた後、

脳内出血などの影響で脳に変調をきたしてしまった。

その後、リハビリの最中にクレヨンを手に持ったサーキン氏は、

突然「絵を描きたい」という衝動に襲われ、

それ以来抽象的な絵画を描き続けたサーキン氏の絵は、

大きな評価を得るようになり、1枚の絵を1万ドル(約110万円)で販売するほどになった。

 

 

【エピソード④】

31歳の頃、バーでお酒を飲んだ後で強盗に襲撃され、

脳しんとうを起こしたジェイソン・パジェット氏は、

事件後に世界が幾何学的なグリッド線で構成されたように見え始めた。

大学を中退したパジェット氏は数学的知識がほとんどなかったが、

自分が見たままの世界を描いて画家として有名になった。

 

 

一説によれば、天才的な能力は脳内の幸福を感じさせるホルモンである

セロトニンの分泌が関係しているといわれている。

 

脳内にセロトニンが大量に分泌されると、

脳内の2つ以上の領域が同時に活性化され、

普段は結びつかない複数の感覚がリンクする。

脳が損傷すると死んだり死にかけたりした脳細胞が周囲の組織にセロトニンを漏らし、

それまでになかった天才的な発想を思いついたり、

通常ではあり得ない奇妙な感覚を持つようになったりする可能性がある。

 

米国精神科医ダロルド・トレファート氏の調査によると、

普通の人が突然の天才になる平均年齢は47.2歳だったそうだ。

ある日突然あなたにも、超人的な才能が開花する日が来るかもしれない。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
きなこ
2019-04-15 07:03:46ID:103417

そう(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
ここから天才への道が開かれるのだ(`・ω・´)ゞ

きなこ
2019-04-13 22:09:28ID:102303

>>7zoesan::さん

人間、何かを手に入れるには何かを犠牲にしなければならない。
どこかで聞いたそんなことなのだろうか( ゚Д゚)
欲張りはダメですね。

きなこ
2019-04-13 22:07:58ID:102300

>>目指せ北海道::さん

とても深い内容ですね💡
一見すると情報処理能力を上げたら、処理スピードも障害体制も比例して上がりそうな気がしますけど。
情報処理能力に特化することで高度な知能を手に入れた反面、野性的なとっさの反応・判断が苦手ってことなんでしょうか。
であれば、いざというときに即決・即答できる男はモテルってこと❔('ω')

きなこ
2019-04-13 22:02:24ID:102294

>>YUTO::さん

天才って、自分の好きな分野に没頭しているイメージ👀
たしかに、そこは趣味も仕事も同じステージなのかもしれませんね('ω')

きなこ
2019-04-13 22:01:20ID:102292

>>matsuno::さん

そーゆー解釈もできますね💡('ω')
逆を考えると、不幸に感じてる人で天才はいない。。。
これはなんとなく正しそうな気がする。

7zoesan
2019-04-13 20:31:09ID:102234

得られる能力はすごいけど、よく読むと失っているものも多いですね。やっぱり紙一重ですね。

目指せ北海道
2019-04-13 12:31:03ID:102079

人の脳は、他の猿に比べて、情報処理能力を上げた結果、処理スピードや障害耐性を犠牲にしているという論文が、最近報告されました。脳に生じた障害が、時として超人的な性能を引き出すのも、そういう性質と関係あるのかもしれませんね。

https://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(18)31646-5?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS0092867418316465%3Fshowall%3Dtrue

YUTO
2019-04-13 12:30:30ID:102077

天才的な才能が突然、開花したら趣味と仕事の境目がなくなりそうです。

matsuno@漆黒の
2019-04-13 09:27:00ID:102026

いっぱい幸せを感じれる人は天才になりえる!?

NEMber who posted this article

海が好き
車が好き
nemlogが好き

白米ではなく玄米
たまごを1日8個
チョコレートピーナッツバター味の
プロテイン
きなこ
みそ汁
のり
これがおいらの日々の食事
20498
0