Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

年間20億人が利用する「ドイツ鉄道」が、NEMチェーンを使って「サービスのトークン化」を検証

1906
12
2019-04-13 17:22:30
0.00 mXYM
(0)


こんにちは、ほなねむ@honanem)です。

なかなか大きなニュースだと思ったので、NEMberで共有します。

ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証
ドイツの鉄道会社であるドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG/DB)は、企業などがブロックチェーン技術をビジネスに統合するのを支援している「Unibright(ユニブライト)」と提携し、公共交通機関に関わるエコシステムをトークン化することができるかどうかを検証するための概念実証(PoC)に取り組むことが明らかになりました。

 



記事の概要

  • ヨーロッパ最大の鉄道事業者・インフラ所有者といわれるドイツ鉄道は、年間約20億人の乗客を運んでいる。
  • 企業などがブロックチェーン技術をビジネスに統合を支援している「Unibright(ユニブライト)」という企業と提携する。
  • ブロックチェーンを利用により、運用コストを削減し、旅行会社などの関連企業との交流を深めることができるかどうかの検証を行う。
  • 旅行関連の様々なサービスをトークン化し、顧客が売買を行ったり、他のサービスと交換することができる環境を構築する。
  • Unibrightは、これらのソリューションがネム(NEM/XEM)のプロトコルに基づいたものだと説明した。


なお、今回の概念実証では、

・チケット

・領収書

・車両内での食事

・ホテル予約

・地元の交通機関


のトークン化を行うそうです。

 

 

世界三番目の巨大鉄道会社


まだ検証段階ですからね!
#NEM ならやってくれるはず。


ドイツ鉄道は年間20億人もの乗客が利用しています。世界3位だそうです。
今回は検証実験ですが、実際にNEMを採用した時はとんでもないことになりそうです。

ちなみにビットコインができてから、これまでの総トランザクション数は4億らしいです。
いかに「年間20億人利用」という数字のインパクトが大きいか、おわかりになるかと思います。


仮想通貨ビットコインの取引数が4億回を超える|BTC価格上昇が取引数増加に拍車
ビットコインのブロックチェーン上におけるトランザクション数(取引数)が、570,761ブロックにて4億を超えたことが明らかとなった。先週からのビットコイン価格の上昇がトランザクション数の増加に拍車をかけたとみられている。

もっとみんなが騒いでも良いニュースだと思いますが、無論チャート的には無風でしたw(注 3ヶ月前の記事でした)

 

 

終わりに

かなり大きなプロジェクトだと思います。
成功すれば、ブロックチェーンでより快適な旅を楽しめるようになるかもしれません。
ぜひとも本採用もNEMチェーンでお願いしたいですね!
あと、JRもお願いしますよ…。

 

 

 

ではまた次回!レッツ ネンジョ〜イ!٩( 'ω' )و

Writer
2017年2月からコインしてます。

Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://keshet01-symbol-paradise.com:3001,https://keshet03-symbol-paradise.com:3001,https://keshet04-symbol-paradise.com:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,