connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

優待券を使って外食し、投資格差を考えさせられた

nem5.50xem (2) 184 4 1

今日は、投資家でもある父母が某社の優待券を貰ってきた。

そしてその優待券を使い出費を大幅に抑えられた。

 

一家全員で当然数千円するわけだ、もちろん他のお客さんもそのお金を支払っている。

しかし、しかしである。

 

優待券を持つ株主様である我々は、本来は福沢諭吉でも足りないのを野口英世でお釣りが来てしまったのである!

 

ああ何ということだろうか、我が家は亡き祖父がそこに居を構えて以来、ずっと同じ場所に建っていた。

祖父母は、最晩年の時を除いていつも我が家にいたし、いうなれば父は生涯実家暮らしだった。

そして、ほんの一部ではあるし、暗号通貨への理解度も低いが、それでも父と母は投資家をしていた。

母はバイオ系の株でかなりの利益を得ているし(一時期よりは含み益が減ったが、サンバイオ株を持っていて今もなお高みの見物ができていると言えばその腕が分かるはずだ)、バブルでの損失はあるもののそれでも配当金や株主優待を有効活用している。

 

そうして財産をなした私は、幼少期から両親や祖父母とずっと暮らすのが当たり前だと思っていた。

もっと言えば自分が結婚したとして、当然自分の両親か、あるいは義両親と共に暮らすものだと思っていた。

実家暮らし叩きが存在するなんていうのは、就職してから知ったことだ。

 

しかしよく考えると恐ろしい。

私は奨学金もないし実家暮らしで資金の殆どを暗号通貨NEMへの投資に回すことができている。

投資による株主還元や、新技術暗号通貨による資産価値の上昇、我々は、おそらくは他の一般家庭と比べてお金を持っている。

父もまた、私と同じように実家暮らしをしてお金をため、結婚しても家を改築したにとどまったから、本当にすぐにローンも無くなった。

そして、リスクを取ることを恐れない我が一家は、果敢に投資をし、そして一般的な首都圏人と比べても、やや多めにお金を持っているにもかかわらず、株主優待券によって他の人よりも安い値段で食事を楽しむことが出来る。

 

一方で、貧困から抜け出せない家庭は悲惨だ。

彼らは概して好景気でもリスクを取らずに更に失敗する。

日経平均インデックスファンド長期積み立てのように、ほぼ損しないような投資方法はたくさんある。

暗号通貨の超長期投資だって、恐らくその仲間だ。

ブラック企業にしがみつくのも、こうした連中だということを私もだんだんわかり始めてきた。

リスクを取るのは投資のみならず転職や昇給交渉といったものもそうだろう。

もっとひどいと、奨学金で破産するという。私からすると信じられない世界だ。

 

そもそも今の私の年齢では奨学金を返しきれている人はほぼいないらしいが、一方で私は奨学金を全額返済して余りある金額がNEMへの投資となっている。

明日はNEM買いの予定であるが、来月と合わせてこのnemlogでの書き込み込みで資産が30万XEMになる可能性もある。

もしこれが最高値の240円に戻ればそれだけで7200万円の資産を手にすることになる。当然ここまで行けば30代で資産億も見えてくる。

そして更にNEMが普及し、ハーベスト報酬が大量に出て価値が上がれば、私は別の暗号通貨や株式による複利効果での資産増大も視野に入ってくる。

一方で、一人暮らししている人々は殆どの場合私の年齢では、いや一生涯資産億は無論、資産1000万でさえ夢のまた夢なのだ。

 

実家暮らしの威力を知っていて、精神論に騙されないだけでここまで違うのかと思ってしまう。

両親も、悠々自適な老後と共に優待券を使って少額でレストランを楽しむ。

我が一家の前にやはり家族連れがいて「ちょっと食べ過ぎちゃったかな?」と言った会話をしていた。

私の邪推だが、恐らく「久しぶりの贅沢」という感じだったんだろう。

我が家と同じ人数だったが、実は我が家の方が遥かに高いメニューを食べていた。

しかし、会計は株主である私達の方が安く済んでいた、それも数分の1に。

 

帰り道でその話を両親としたのだが、「リスクを取っているのだ、今は差益も含み益だが暴落すれば今回の得も吹き飛ぶぞ」と。

でも一方で私は知っている。

今回の優待も実質は配当だし配当金だって出ていて、その収入だってある。それを再投資すれば、長期ではそう損はしないことも知っている。

両親は投資家と言っても、バブル崩壊もあってかなり貯蓄寄りである。しかし止めないだけ立派なものだ。

私も、外食で見た株主という立場、そして格差という現実を見て、投資家の両親のもとで育った自らが恵まれていることをよく自覚し、今の生活を続けるように強く心に誓うことにした。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
鹿目まどか(神様)
2019-04-15 21:33:53ID:103832

>>ほなねむ::さん
と言っても両親の投資資産は1割とかそこらなんですよね。それでも全くしてない人に比べれば雲泥ですが。ちなみに私はすでに過半が投資元本です

鹿目まどか(神様)
2019-04-15 18:58:10ID:103714

>>やそ::さん
それはやはり、個人主義と精神論に騙されている人が多いということでしょうね。本当に賢い人は我が家のように複数世代で同居を選んでいます

やそ
2019-04-15 17:46:43ID:103649

なぜ貧困化と核家族化が同時に進むのかが私には本当に理解ができないのです。
貧しいのだったら集まって暮せばいいのに、何故独立するのか。離れていくのか。不思議です。

NEMber who posted this article

アニメキャラのなりきりの上に鉄道クラスタ兼暗号通貨クラスタ兼経済クラスタ兼政治クラスタ兼小説クラスタ(TSクラスタ)という何でもありのごった煮状態のtwitterになっちゃっています。
NEMと暗号通貨の技術的可能性を信じ、特に魅力を感じたXEMに目をつけて長期投資を開始するも暴落を経験、しかし最初から長期と決め込んでいたので、諦めず時間を味方につけながら平均取得単価を下げる日々を送っています。
WEB小説として「永遠の美少女になって永遠の闘病生活に入った件」などを連載・執筆してます。お暇な時にどうぞ(https://www.magnet-novels.com/novels/51008)
20787
0

Why don't you read following articles?

鹿目まどか(神様)'s articles