connecting...
Google translation for articles :
9 NEMBER donated to you!!

【家族葬】善意や常識が通じない異常な世界

nem14.93xem (9) 200 9 1

 

Aさん:近所の優しいおばあさんが亡くなった事を知りました。いつも家の前を掃除してくれたり、旅行のお土産をくれたりしたおばあさんです。でも、家族葬ということで、遺族は町内会にも内密に事を進めてしまったようです。せめてお線香をと思って、思い切って玄関の呼び鈴を鳴らしてみました。

 

妻:母は、外面をとても気にする人でした。内に厳しく、外に甘いタイプです。私は子供の頃から、母に嫌われていると思っていました。母は親戚をとても大事にしていました。母が痴呆になり、自分の遺産や大切なものをいとこにあげ始めた時、私は自分が母に愛されていなかった事を知りました。

 

私:妻の母が亡くなりました。大往生でした。私は義母とはあまり話したことがありませんが、妻と結婚した時、私の名字について「部落の人?」と尋ねられた事がずっと引っかかっておりました。妻とはいつも意見が折り合わず、この親娘の間には深い溝があるのだとずっと感じていました。

 

 

葬儀

 

妻をずっと苦しめてきた義母が、亡くなりました。義母を慕って親戚やご近所の方々がたくさんやってくることを妻は酷く嫌がっていました。親戚とばかり仲良くして、実の娘には冷たい義母を、4年間介護し続けたのは妻です。でも、義母は一度も感謝の言葉を発してくれなかったようです。私には、痴呆が進んだ時「見ず知らずの人なのにありがとう御座います」と言ってもらえたのが最初で最後の感謝の言葉だと思います。妻は長く続いた報われない介護で憔悴しきっており、ごくごく親しい親戚だけを呼んで家族葬を執り行う事にしました。葬儀が始まる前、妻は私にポツリと漏らしました。

 

「悔しかった」

 

無事葬儀を終えて、自宅に帰ってきた時、妻は言葉を発する元気もなく、ただ呆然としていました。もうこれで苦しまずに済むね。そんな声掛けをして別室で休んでいたところ、玄関の呼び鈴が鳴りました。Aさんでした。

 

 

このあと、何が起きたかはあえて書きません。

 

人は、それぞれに苦しみを抱えて生きています。そして、その苦しみは外からはとても見えにくく隠されているものです。善意、常識といったものは、その善良な性質ゆえに、刃となった時には、深く、深く、人の心をえぐるのです。妻の家が、最後まで愛のない小さなアウシュビッツだったことを、妻はこれからも誰にも話さないと思います。

 

 

目指せ北海道

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
YUTO
2019-04-24 21:31:52ID:109470

nemlog報告隊で、この記事が紹介されましたので、5XEMを投げました!!
https://nemlog.nem.social/blog/21882
ちゃんと、遺族の意向を確認してから行動をするべきでしたし、そんなことを汲み取ってくれる社会になってほしいものです。

目指せ北海道
2019-04-16 05:47:54ID:104128

>>BleRoom::さん
Aさんは、まったく悪気は無かったわけですし、むしろこちらを思いやってそそくさと帰られたのだと思います。ただ、過去から続く「形式」が、ギリギリで耐えていた嫁さんの心を傷つけてしまった感じです。でも、今は落ち着いています。
日本は、ちょっと前まで家族やご近所が支え合うことが当たり前でしたから、それが正義なのは仕方ありません。昔は、家の中の問題を表に出すのは「恥」として扱われてきましたし。

これから新年号に向けて、家の体面より、個人の気持ちを大切にする、優しい社会になってくれたらと思います。

BleRoom
2019-04-15 20:39:54ID:103781

Aさん。もう少し時間が経ってから来てくれたなら、感じ方は違ったかもしれませんね。このタイミングは失礼かも・・・。
私の職場でも家族葬をされた方がいらっしゃいましたが、同じようにそっとしておいてほしいと仰っていました。
奥様、ゆっくり休めるといいですね(>_<)

目指せ北海道
2019-04-15 14:45:14ID:103577

>>7zoesan::さん
故人の想い、家族の事情、親戚の責任、伝統など様々な利害が不協和音を奏でる今日このごろですね。知り合いのお坊さんによると、まず何よりも大切なのは自分自身だそうです。まず自分がどうするのか。それが曖昧だと、人の心をはかり損ねることになるのかもしれません。

>>matsuno::さん
癒されぬ傷を負ったとき、人は試されるのだと思います。絶望の底から這い上がるのは容易ではありませんが、希望はあります。

>>きなこ::さん
そうですね。過去も未来も変えられない。変えられるとしたら自分の今だけと言いますよね。作り笑いでもいい。せめて笑顔でいたいです。

きなこ
2019-04-15 08:24:05ID:103459

家庭の事情・・・ほんとに難しい問題だと思います。

過去も他人も変えられませんが、
これから平穏で笑顔のある生活が送れるといいですね。

matsuno@漆黒の
2019-04-15 08:23:39ID:103458

>>目指せ北海道::さん
おっしゃる通りですね。ありがとうございます。

7zoesan
2019-04-15 08:23:25ID:103457

お気持ちお察しいたします。
私も母の葬儀の際、母の希望で母の指定した人にしか連絡しなかったのですが、結局は親戚の計らいで意図が伝わらないまま知れ渡ることになり、私どもから連絡せずに失礼を働いたことになってしまいました。自分の中の善意や常識だけで動くことが決して人のためにはならないことを痛感いたします。

目指せ北海道
2019-04-15 08:20:36ID:103454

>>matsuno::さん
最近ブラックホールが見えたという話がありますが、実はブラックホールそのものは見えてないんですよね。存在が確認されただけで。
人の心の闇も、強い光を照らせば見えるというものではなく、ただ闇に一緒に飲み込まれるしかない事もあります。
癒やそうとするのではなく、ただ寄り添うだけ。

matsuno@漆黒の
2019-04-15 08:10:11ID:103450

言葉無くても事実は変わらず、近しい物だけが言葉無い治癒を施せるものと信じております。
人の傷を癒すことはできませんが、癒しやすい環境を一緒に考えることはできるかもしれませんね。

NEMber who posted this article

趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。

nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。現在の課題は帯域不足と臨場感。仕方がないので、動画をUSBメモリに保存しています。早く5Gにならないかな。

本業は再生医療系研究者です。歯の神経にいる「歯髄(しずい)細胞」を使って、世界中の人を助けるため、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMのモザイクを使いたいと思って、NEMについて勉強中です。
20881
0