connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

教育実習がやばすぎたって話2

nem98.50xem (7) 268 7 0
前回は即却下の指導案、生徒による人権侵害についてお話し致しました。
今回は私の話ではないのですが、一緒に実習を受けていた私の友人が鬱病になったその経緯を書きたいと思います。

 

○指導主事によるパワハラ
友人は体育科の実習生として来ていたので当然指導主事も体育科の人なのですが、これがもうすごいパワハラだったらしいです。最初の記事で私が指導案を出す度に却下されるという話をしましたが、それはまだ向こうが望むものに変更してご機嫌取りさえしていたら良かったもの。しかし友人は指導主事の言った通り直して再提出をしても何度も突っ返されていました。学校に21時まで残るのは当たり前(そもそも教員に残業という概念はなく、正規でもお金はまず出ません)、次の日は8時出勤という感じで疲労と睡眠不足の中作った指導案も特に理由もなく突っ返されます。指導主事なりのやり方があるのかもしれないと思い質問しても、「違う」ということだけ言われやり直しを求められるといったことが続きました。
 
2週間目に入る頃、友人は家でも食事をマトモにとれない状態になり、突然ヒステリックに叫んだり大声で泣いたりと明らかに様子がおかしくなり、それを心配したお父様が急いで心療内科に連れて行ったところ、鬱病診断を出されたとのことです。医者からも教育実習を続けるのは不可能だと言われており、単位取得も諦めるつもりだったようですが、流石ブラックの鏡・学校。そうは問屋が卸さないとばかりに、更に友人を追い詰めました。
 

 

○鬱病診断を出されても続くパワハラ
鬱病診断を出されたことで友人は健康のためにもやめるのかと思っていたのですが、どうやら授業はしなくていいからとりあえず最後まで頑張ろうと校長に説得され嫌々ながらも実習は続行ということになりました。基本的には授業準備を行っていたようですが、この頃は私も私で結構手一杯だったためあまり覚えていません。控え室で意識飛んでぶっ倒れたりしていたところなので。
 
教育実習の単位は研究授業を行いその評価をされることで取得できるということになっているのですが、友人は授業をすること自体が非常に難しかったため研究授業をするのかどうかわからないまま時間が流れていきました。しかし実習終了の前日、やはり研究授業をせずには単位を取得することは不可能だということで、大学と話し合ったのかはわかりませんが研究授業を行うことになりました。その旨を前日の朝に告げられた友人は急いで指導案を作成することになるのですが、それ以外にもホームルームや授業準備といった業務が詰まっており、こんな状態でさせるのやっぱり頭おかしいなと思いました。私はすでに研究授業を終えていたので、友人が業務に当たっている間に指導案作成の手伝いをしていました。時間ごとに何をするのかを区切り、全教員分のプリントを印刷し、それをカットしホチキスで留め全教員の席に配り頭を下げて見学をお願いするという作業をするのですが、今日日夜遅くまで残らせてこんなことをさせることが当たり前と思っている学校が子どもたちに何を教えるんだろうと友人と一緒に黙々と作業をこなしながら頭の中で考えていました。
 
それに加えて私の頭の中を回っていたのは、私の指導主事の言葉。
 
友人が鬱病診断を出されたことを聞いた私の指導主事は「こんなことで鬱病になるくらいならどこに行ってもやっていけない」と友人を切り捨てていました。指導主事は大学を卒業後、すぐに学校教員となり一度も企業に勤めたことがありません。学校以外の世界を知らない人間が、どうしてそんな無責任なことが言えるのかと純粋に疑問を覚えました。そして同時に、こんな教員がいるから学校というとても狭い空間が世界の全てと思い、容易に人を傷つける生徒や、それに押しつぶされてしまう生徒が絶えないのだと思いました。教員そのものが学校を世界の全てと思っているのだから、子どもたちが勘違いしてしまうのも仕方がありません。見える範囲が世界の全てではないのだと伝える人間がいない空間は、果たして存在する意味があるのでしょうか。
 
とはいえ、一応無事に授業を終えた友人は少し晴れやかな顔をしていたので安心しました。その後の控え室では二人で絶対教員にはならないと言いながら、実習を終えました。その後その友人がどうなったのかはわかりませんが、元気でいてくれたら嬉しいです。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
やそ
2019-04-17 21:20:21ID:105217

>>Yonnsann::さん
うつ病は病気。そのとおりですよね!
そうなる前に、色んな人に頼れるようにできると良いですね!

Yonnsann
2019-04-17 15:38:54ID:105058

>>やそ::さん
ご意見ありがとうございます。

そのような意見があるのは勿論承知です。
寧ろ私は以前そのような意見の側に立っていました。
自分で上手くこなすしかない、そういうものは自分の気の持ちようで変わると思っていました。
しかし、友人のあのような様子を見て、またそれを本人が悪いというように言う人間を見て自分は非常に残酷なことをしていたのだと反省しました。

鬱病は分かりにくいので甘えと勘違いされがちですが、立派な病気です。
ヘルニアの人に対して気合いでなんとかなる、この程度でヘルニアになるならやっていけないと言う人がいるでしょうか?(いるとは思いますがそれはそれでヤバい人だと思います)

鬱病とは様々な要因が重なって出来るもので本人だけでどうこうできるわけではありません。そのような認知がまだまだ足りないから押し潰されてしまう人間が日々絶えないのだと思いました。
それは大人だけではなく子どもたちも同じで、そういった人間がいるということを認知できない人が先生をしているからいじめ問題、不登校問題等も解決しないのでしょう(勿論それだけが原因だとは思っていませんが大きな要因の一つであると思います)。

自分だけでは回避し難いことがあり、それで潰れてしまう人もいるということ、鬱病は決して甘えによるものでは無いということの理解が広がることを切に願います。

やそ
2019-04-17 08:04:14ID:104890

教員に時間外手当が出ないのは、数十年前の調査時による2時間だか3時間の残業手当を一律で支給することによって、残業時間を把握したりする事務の効率化を図るため。みたいな形で数%上乗せれてる形になっているのですよね。
みなし残業時間みたいなものですが。

先生の言ってること、私は正しいと思いますよ。上の人から言われたことを、バカ正直に頑張ってやって、潰れるような人は、どこの仕事についても潰れると思います。
そうならない為には、それをやってこなして逆に相手を潰すくらいできる人間になるか(大抵の人はなれずに潰れる)、もうひとつ。
上の人から言われたことを絶対だと思わず、逃げる手段を見つける。サボる方法を見つけること。
それは仕事をやらないのではなく、一つ上の上司がおかしいならそこを飛び越して校長だとか教頭に言う、生徒を味方につける、保護者を味方につける、他の教師に協力を仰ぐ、
そうやって自分を守りつつも相手とマトモにぶつからない方法をとること。

他の職場に行ってもそういう方もいらっしゃいますし、そうじゃない人も、自分の気持ちの持ちようによってはそう見えてきます。
その先生の言葉は忘れないほうが良いと思う。

Yonnsann
2019-04-16 15:58:47ID:104464

>>YUTO::さん
ご意見ありがとうございます。
勿論教員に限られた話ではなく日本社会全体の問題でもありますよね。しかし、子どもたちに教える立場である教員があの視野の狭さでは子どもたちがあまりにも可哀想だと思いました。
さらに教員が恐ろしいのはこの現状に疑問を抱いていないということです。鬱になって辞めていく人、転職をする人はまだまともな精神なのだと思います。分業化が殆どなされていないあの状態を疑問にも思わないことが問題だと思うのです。
教育実習の受け入れに関しては各学校の教科担当が受け入れ可能かを年度始めに自ら決めることなので、忙しいからパワハラになるなら最初から受け入れるべきではないと考えます。

YUTO
2019-04-16 14:49:40ID:104428

教育実習は理想とのギャップを大きく感じるものと思いますし、先生からは褒められることはなく、ダメ出ししか言わないことが多いかと思います。その中で、食欲は減退するでしょう。
教員は民間企業に勤めたことはないかもしれませんが、民間企業の社員も、その民間企業しか世界を知らない人もいるので、無責任なことを言うのは教員だけでなく、民間企業社員も同じと思います。
現場の先生は日々の仕事ですら忙しいのに、教育実習も加わるとなると、こころの余裕がなくなります。
なので、パワハラが起きるかもしれません。
これは教員だけでなく、日本の社会の縮図とも思えます。
その現実とどう向き合うのかが大切かなとかんじます。

Yonnsann
2019-04-16 13:33:54ID:104387

>>7zoesan::さん
そうなんですよね。
学校はあまりにも閉ざされた空間なのでこの現状をおかしいと思う人がいないことに問題を感じます。そういった人たちがこれからを生きる子どもたちに何を教えることが出来るのかと疑問を持たざるを得ません。
改善されることを切に願うばかりです。

こちらこそお読みいただきありがとうございました。

7zoesan
2019-04-16 12:43:16ID:104344

こういったことが明るみになって全体が危機感を持つようにならないといけませんね。
ありがとうございました。

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
21017
0

Why don't you read following articles?

0.85 XEM
38 3 0


2.65 XEM
194 7 0

3.75 XEM
133 11 1

2.55 XEM
90 6 0

2.55 XEM
162 10 0


8.775 XEM
233 12 0