Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

3分で学べる【ブラックホール】

728
7
2019-04-18 08:00:47
0.00 mXYM
(0)

 

今回撮影されたブラックホールはM87という銀河にあるが、

これは地球から5500万光年という、とんでもなく離れた距離があった💡

 

これは天の川銀河と太陽系の位置関係よりも

はるかに遠い遠い位置関係にある☟

ちなみに、地球と月の距離は1.3光秒。

 

 

5500万光年。

光の速さで5500万年。

つまり、今見ている姿は5500万年前のものということになる💦

 

これだけ遠い距離のものを撮影するには、

通常の望遠鏡では到底無理なので、地球規模の特大望遠鏡が必要だった。

 

そこで、世界中の200人以上の天文学者が協力し、世界各地の望遠鏡をつなぎ合わせて

地球サイズの望遠鏡をつくるプロジェクト『イベント・ホライズン・テレスコープ

が始まったのだ!(^^)!

(人間の視力に換算すると、実に300万にも達するらしい)

 

 

光って見えるのは高温のガス❕

実はブラックホールそのものは光も電波もないから

撮影することはできないのだ💡

光るガスを撮影することで、撮影できないブラックホールが

見えてくるってわけ('ω')

 

 

そもそもブラックホールとは、

物理の法則が崩れる場所。

ここには非常に強力な重力場が形成され、

脱出するには光速よりも速い速度が必要となるのだ。

 

光すら飲み込んでしまうブラックホールの質量は想像を絶し、

あの太陽系最大の太陽の質量の65憶倍あると計算されている。

 

光すらも吸い込まれてしまうので、

ブラックホールは真っ黒な天体になってしまい、

直接観測することが難しいというわけ💡

 

で、冒頭にもあるようにブラックホールは地球から遠すぎるし、

色もないから鮮明に撮影できなかった。

でも、もしブラックホールを鮮明に撮影できたとしたら

こんなイメージになると思われる☟

 

ブラックホールがどーやってできるかを

超簡単に説明すると、

 

星は徐々に大きくなって、最後は爆発する🌋

 

で、星の残骸の中にブラックホールに変化するものが出てくる。

 

何もないところから急にブラックホールが出てくるんじゃなくて

死んだ星のお化けみたいなものなんだ👻

 

見えないっていう意味でも、お化け(笑)

 

だから、今回のブラックホール撮影はホントに画期的だったの💡

 

Writer
しばらくぶりのネムログ。 休んでる間にいろいろあった。 結婚した。 子供が生まれた。 車を売った(また買った)。 食べもののこだわりが少なくなった。 仕事が超忙しい。 ゆるーくたまーに記事書きまっせ。 よろしくなのだ!(^^)!

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,