connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

非ベロベロバー的笑い 〜宇多丸と不思議の国のアリスに学ぶ〜

nem2.55xem (3) 333 4 0

 

昔、興味深い方ではなく愉快寄りの面白さというものについて友達と話をしたんです。

 

結論としては、大きく分けて二つある。

 

例えば、静かな空間で突然ボッwwwと奇声をあげたらおそらくみんな笑う。

 

そういった誰でも考え無しに笑えるものを「ボッwww的面白さ」と命名したんです。

 

(その後、ライムスター宇多丸がそれをウィークエンドシャッフルかどこかで、これから下で述べる笑いと対比させて「ベロベロバー的笑い」とかいう形で定義していたのを知りました。

 

もうね、これが冥土の土産の必殺ボキャブラリーの差。)

 

気を取り直して、ボッwwwないしベロベロバーの対局にあるのは当然全体に関する知識や思考を要する笑いだと思います。

 

前者のみの笑いは往々にしてすぐ消える。

さりとて、後者だけだと一部の人しか笑わない。

 

となると、前者と後者を混合したジョークが最も安定するんでしょうか?

 

 

そういえば、ライムスター、ソウルスクリーム、キングギドラという錚々たるメンバーで一緒に歌ってる「口から出まかせ」という曲で、宇多丸が自分のバースの始めに

 

「ちょっと聞いてよ私はハゲ!」

 

と言ってるんですよ。

 

ハゲはそれ自体が何となく面白い。

だってハゲはヤベェもんね。

 

(厳密に言えば、ベロベロバーよりはハゲという言葉の意味に対する思考を要するが、とはいえ比較的低次元。)

 

まずそこで前者のワハハ。

 

そして、実はこれDAYONEのワンフレーズ

「ちょっと聞いてよ私の彼」

を皮肉的に文字ったものなんですね。

 

「おいこれ許可取ったんかw

あ、GAKU-MCってFGやったw

 

(追記:痛恨のミス。なぜかKOHEI JAPANとGAKU-MCを混同。すまんね。)

 

ここで後者のワハハ。

 

知らない人をハゲで笑わせ、知ってる人をその背景で更に笑わせる。

彼はラッパーであって芸人ではないものの、ウケるセオリーを知ってるんでしょうね。

 

セオリー。

 

理論という意味であるこの英単語の語源、ギリシャ語のテオリアは真理を「観る」ことを指しました。

 

劇場、シアターの語源はテアトロン、「見」物するところ。

 

哲学においては「目で観る」ことはそれ以外よりも真理への距離という意味で格上とされるのですが、見ることにおける「観る」を「見たものを味わう過程」であるとするならば、他の感覚器官から入る情報にも実は「観る」余地があるのかもしれません。

 

尤も、私は普段思考を余計なものだと見做している節がありますが、それでも純然たるベロベロバーよりは味わっている。

 

味わう対象というのは本来はイデア界にある真理そのものなわけですが、背後の意味について思考できている時点でウェーイの域は脱しているのかもしれない。

相対的な話ですね。

 

まぁそれはさておき、「ちょっと聞いてよ私はハゲ」は、知らなくても面白くて、知ってるとより面白いから一粒で二度美味しいという話です。

 

ところで、後者を追求した人について。

 

私はルイスキャロルあたりだと思うんですよね。

 

論理学者で、数学者で、不思議の国のアリスの作者。

 

私、小さい頃ディズニーアニメで育っていまして、中でも不思議の国のアリスが大のお気に入りだったんですよ。

 

アニメのアリスは全編通してサイケデリックでキャラが立っていますので、ある種ベロベロバー的でもあるんです。

当時の私はそれに熱中していた。

 

しかしそれはアニメだからであって、同じ場面を活字として読んでも思考しなかったなら全く面白くないのではないかと思います。

 

濡れた体を乾かそうと徒競争を始めるドードー鳥たち。

でも、共通のスタート地点が存在しなかったから誰もゴールがどこかわからない。

 

ゴールがわからないなら全員優勝でいいんじゃない?

 

ワハハ。

 

 

ドードーにはのろまとか絶滅種という意味があるらしい。

この鳥はあまりにも警戒心を欠いていたから絶滅した。

 

そのバカさを表したのがこのドードー鳥だと思うんですが、そんなことは考えなければわからない。

 

やっぱりあまり面白くないですね。

 

ところで、ローゼンツヴァイクという心理学者が心理療法全般の効果に対してそれになぞらえて面白い説を唱えております。

 

ドードー鳥の仮説というもの。

 

精神分析も行動療法も認知療法も薬物療法も全部プラシーボが主要因だからみんな一定の効果が出る。

だから共約なんか不可能だし論理的整合性も必要もない。

 

みんな優勝!

 

ワハハハハ。

 

 

 

え?面白くない?

 

やれやれ、私が思うに、あなたは頭が良いか、はたまた悪いか、あるいは真面目か不真面目か、このどれかに当てはまります。

 

当たってるでしょ?

そら見たことか。

正義は勝つ。

何故なら勝ったからだ。

 

ワハハハハハハ。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
物愚者
2019-04-18 00:45:56ID:105391

>>7zoesan::さん

江戸っ子の流儀

7zoesan
2019-04-18 00:44:43ID:105389

>>やそ::さん>>物愚者::さん
たしかにそれは「粋」な感じがします。
その粋に気づける人でありたいとも思うし、ベロベロバーで笑える人でもありたい。

物愚者
2019-04-17 23:30:34ID:105332

>>やそ::さん

浅さと深さの両立ってめっちゃ難しい。。。

やそ
2019-04-17 22:54:07ID:105313

前に読んだ何かで、
残る落語もおんなじだと書いてありました。
バカでも、常識がなくても、笑える
そして、でも掛詞や、裏に、更に別の意味もかけてあって笑える
そして、更にその上にも皮肉が混じってる。
そういう多重な笑いや常識の違う人でも同じように楽しめる話だからこそ、何百年も語り継がれる。
なんて話。

やっぱり目指すは、ベロベロバー的なことを言ってるように見せかけた、壮大な風刺。ですかね。
一番粋。

NEMber who posted this article

二億円なんかいらない。
21159
0

Why don't you read following articles?