connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

【読んだ気になれる】太宰治「駆け込み訴え」

nem1.75xem (3) 125 4 0
<要約>

 

 「申し上げます。申し上げます。旦那さま。あの人は、酷い。酷い。はい。厭な奴です。悪い人です。ああ。我慢ならない。生かして置けねえ。」
 
「私」は「旦那様」に「あの人」はなんとも酷い奴で生かしておけない、殺して欲しいと駆け込み訴える。話を聞くところによると、「私」は「あの人」にさんざんこき使われて意地悪されていたそうだ。しかもどうやら「あの人」は人からたいそう慕われているらしく、「私」以外の弟子たちも皆懐いているため、誰も「私」の言うことなど聞いてくれないという。
しかし「私」は同時に「あの人」を心から愛していると言う。愛する「あの人」のためであれば命を落としても構わないとまで言える程「あの人」に重い愛情を抱く「私」だが、最近の「あの人」の軽薄な行動に耐えられなくなり、十字架は免れないと「旦那様」に訴えた。「あの人」を売ったことで銀三十枚を貰った「私」は、自らをイスカリオテのユダと名乗り笑みを浮かべた。

 

○感想
この話も読みやすく面白くとても商業的で好きなタイプです。キリストをどうしようもない軽薄な人間として訴える裏切り者のユダといった、今やったら普通に怒られそうな斬新な切り口が良いですね。

 

気になった点としましては、太宰のキリスト教観。
太宰は『聖書』を非常に読み込んでいると言うことは、妻である石原美智子夫人や友人の証言からも確かであることが通説となっています。特にパビナール中毒により入院することになった太宰は入院中熱心に『聖書』を読み込んだそうです。
退院して再び執筆活動を始めた頃のことを書いた「I can speak」でも次のような文言が書かれていました。

 

I can speak というその酔漢の英語が、くるしいくらい私を撃った。はじめに言葉ありき。よろずのもの、これに拠りて成る。ふっと私は、忘れた歌を思い出したような気がした。たあいない風景ではあったが、けれども、私には忘れがたい。

 

「はじめに言葉ありき。よろづのもの、これに依りて成る。」という文言は『聖書』の「ヨハネによる福音書」の冒頭部を想起させます。このほかにも太宰作品の中では多く『聖書』による引用や関わりが見られるのですが、直接キリスト教をここまで風刺的に描いたのはこの作品のみだと記憶しています。

 

大学で見かけたいくつかの論文では「太宰は自身とキリストを重ねていた」といったものが多く確認できましたが、その論でいくとこの物語は自身を卑下する意図があったというふうに考えられます。確かにユダというキャラを用いて自身と重ねていたキリストの軽薄な姿を描くことは、人生の再生をはかり軌道に乗り始めたこの時期に、かつての自身を戒めるために書いたとも考えられるでしょう。
しかしここで気になるのはユダのキャラクターです。ユダは完全にキリストを憎んでいるのかというとそうではない。むしろ激しい愛憎が入り乱れた結果あんな風になってしまったわけです。太宰が自身をキリストに重ねていると考えるのであれば、この作品は単純に自身を卑下するために書いたのではなく、そんな己も愛して欲しいという、それこそ神に救いを求めるかのように書いたのではないかと考えられます。
『人間失格』が正に「どうしようもない自己への憎しみと慈愛」を感じさせる物語ですが、この点で「駆け込み訴え」は『人間失格』をもっとコミカルにしたものと読めそうですね。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Yonnsann
2019-04-18 20:29:38ID:105747

>>7zoesan::さん
太宰作品は今読んでも面白い作品が沢山あるので是非読んでみてください!

7zoesan
2019-04-18 19:48:13ID:105723

私も太宰作品への興味が湧いてきました。
深読みの考察ありがたいです。

Yonnsann
2019-04-18 13:34:44ID:105648

>>目指せ北海道::さん
是非読んでみてください!
太宰治はスマホだと基本全部無料で読めるので短い話から読んでいただけたらと思います^ ^

目指せ北海道
2019-04-18 12:52:17ID:105624

なんだか太宰治を読みたくなってきました。

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
21251
0