connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

ハーベストを知る前にマイニングを知る

nem3.45xem (5) 164 4 0

ハーベストもマイニングも、どちらも仮想通貨の取引承認の一手法であり、広義にはハーベストもマイニングも同じことである。

 

仮想通貨の発展に伴い、マイニングも色々な手法が編み出され、今やマイニングらしくないものもマイニングと呼ばれたりする。

 

以下に仮想通貨のマイニングの歴史を辿ってみよう。

 

仮想通貨はブロックチェーン技術によって成り立っているデジタル通貨である。

 

通貨の売り買い、即ち取引の結果をまとめた一塊のブロックを暗号化や復号化により連続的に繋いでいった取引台帳を、分散して存在する複数のパソコンやサーバーが各々格納して、取引承認していくものである。

 

これにより取引結果の改ざんは困難となり、また取引を管理する人や組織も不要となる。

 

この分散台帳の作成はマイニングと呼ばれ、仮想通貨の代名詞とも言える程切っても切れない関係である。 

 

なぜマイニングと呼ばれるかは、想定の範疇ではあるが、理解はそう難しくない。この台帳作成の処理においては、膨大な計算をいち早く成し遂げたものが、報酬を受け取れる仕組みになっており、まさに鉱山から宝物を掘り当てる感覚なのである。

 

ちなみにビットコインの場合のマイニング報酬は12.5BTCであり、10分間隔でブロックが生成されるので、報酬も10分間隔で発生する。仮想通貨は、これらマイニングを行う人たち、即ちマイナーが居て初めて成立するものであり、また新たな通貨はマイニング報酬という形で発行される。

 

このマイニングの処理方法は、最近だんだん変わって来ている。ビットコインやイーサリウムなど初期の暗号通貨は、POW(Proof of Work :仕事の証明)を基本としている。 

 

コンピューターの計算能力をフルに使っていくタイプのもので、ASIC(独自のCPU設計)による専用のコンピュータを作って、大量導入した中国勢が業界をリードした。 

 

最近は性能競争に走っており、よりハッシュレート(暗号処理スピード)の高いものが開発・導入されている。新技術と莫大な投資は、暗号通貨のマイニングを大衆から遠ざけるものであった。

 

中には、Genesis MiningやHashFlareのようなクラウドマイニング事業者によるマイニングも仮想通貨上昇期は、その高い投資還元率で投資家が集中した。

 

また、一方では、マイニングそのものを従来のように自らのパソコン等で行えるように、市販のグラフィックボードで暗号処理ができるような仮想通貨も一時主流となった。仮想通貨上昇期に、新しく出現した通貨の多くが、その対応となっていた。

 

仮想通貨はいかに大衆を巻き込みポピュラー化していくかが、先のヒットにつながっていくものであり、一般大衆によるマイニングで、その実現を狙った。 

 

マイニングは高性能のグラフィックボードを使っても単独では、中々一番手を取れない。一人でパソコンを動かし続けても報酬発生は殆どなしえない。このためマイニングプールに加わり、皆でハッシュレートを集め、そのパワーで一番手をとり、発生した報酬を山分けする形態が主流となった。 NiceHashは、その中でも根強い人気を保った。最もマイニング効率の良い通貨を自動で選択し、支払いもビットコインに変換して支払うものであった。

 

一時は、仮想通貨市場の低迷やグラフィックボードの値上がり、入手困難により、グラフィックボードを使ったマイニングは、閑散とした状態となった。日本では電気代も高いため、殆どペイしない。折角掘り出した通貨も劇的な値下がりで、電子屑になってしまうケースも。 

 

そのような状勢下では、POS(proof of stakes)技術によるマイニングがやさしい。マイニング報酬は、計算の労力に対してではなく、通貨をたくさん所持していることに対して支払われる。相当量の通貨をパソコン上のウォレットに置いておくだけで報酬が発生するのである。

 

もちろんパソコンは立ちあげっぱなしにしておく必要はあるが、計算のための高いグラフィックボードは要らない。 

 

新たに発行される暗号通貨は、初期はPOWで運用し、ある程度流通し始めたらPOSに移行する形態も多かった。 

 

これなら、通貨の新しい内は、自作のマイニングマシンで頑張って掘り出し、POS移行したらウォレットに入れて放っておけば、自動的に増えていく。但し、今の仮想通貨低迷期は、通貨そのものが値下がりしてしまうので、増えても電子屑となってしまうことが多々ある。

 

なお、POS通貨にもマイニングプールは存在する。自らの所持量だと報酬が発生するレベルまで、中々到達できない場合は、皆で集まって報酬発生レベルまで所持量を増やし、発生した報酬を山分けするのである。 

 

筆者も使っているPOSプールで、サポートがしっかりしている所では、Simple POS poolなどがある。

 

自分のPCでウォレットを立ち上げっぱなしにしたくない人には、こういった選択肢もあるが、他人に仮想通貨を預ける形になるので、セキュリティ面には十分な配慮が必要である。

 

ブロックチェーンでは、各PCやサーバー(ノードという)がウォレット内に分散台帳を持ち、取引台帳の作成や取引の承認を行っていくが、マイニングを行うノードを、コインを大量所有しているマスターノードに限定したものがマスターノード通貨である。

 

新しくコインを発行する際に、投資を行った投資家が、その役割に当たることが多い。

 

マスターノードコインでは、NEMなどが知られるが、相当数のマスターノードコインが存在する。 

 

特徴は、その高い投資収益率(マイニング報酬)であるが、流動性の低い通貨は価格変動が激しい。 

 

マスターノード通貨は、仮想通貨業界では、投資対象となっており、少額の投資から多額の投資を必要とするものなど様々である。 

 

通常は、サーバー操作が必要となるため、一般の人には難しい。ウォレットの更新やフォーク対応、スワップ対応等が発生した際のメンテナンスも独力でやる必要があり、素人での参入は厳しい。 

 

Simple POS pool等のPOSマイニングプールは、メンテナンスの煩わしさの回避や所持通貨がマスターノードの量に達しない場合などに便利である。

 

最近、新興の取引所で人気を誇っている取引所マニングとは、当該取引所に上場している通貨や取引所通貨を取引する際に、報酬として仮想通貨が支払われるもので、取引所通貨の所持量や取引量に応じて報酬額が決まる。

 

取引所の取引総量を増やすことで、取引所の知名度やブランドを上げていく方策である。 

 

当初は取引所トークンを新たに発行しながら、配当を出していたが、さすがにそれでは破綻をきたすため、発行トークン上限を固定したり、償却したりしている。 

 

新興取引所での取引をなぜ、マイニングと呼ぶのかは、取引所がマイニング(またはステーキング)しているトークンのマイニング報酬を、取引した取引参加者に払い戻しているからである。 取引所マイニングは取引所が貰うべきマイニング報酬の利用者への還元である。

 

本来は上場している通貨のマイニングは、別のネットワークでマイニングが行われるため、取引所マイニングの定義には収まらないと思われるが、最近は拡大解釈気味である。

 

仮想通貨にはマイニングが付きものである。マイニングする人がいないと仮想通貨は成り立たない。時にはマイニングが隠れていたりするし、時には関係ない所でマイニングという言葉が使われたりする。しかし、言えることは仮想通貨あるところには必ずマイニングがあるということである。

 

最後に、NEMで使われている取引承認方法は、POIで、通貨の所持量や取引量、回数に応じて、取引の際に徴収された手数料が報酬として支払われる。これをハーベストと言う。取引所マイニングとかなり似た形態である。

 

また、 NEMは分類的にはマスターノード通貨でもある。NEMの場合はスーパーノードと呼ばれ、数千万単位の投資が必要であり、高いサーバー設定ノウハウを必要とする。

 

今の仮想通貨環境では、マスターノード通貨は、NEMのように余程知名度がないと電子屑になりやすいので、絶対に手を出さないことが賢明である。

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
kazusyok
2019-04-26 21:12:11ID:110437

>>目指せ北海道::さん
より詳しく、分かりやすく解説頂き、恐縮です。
NEMのネットワークを維持するための仕組みは、他の仮想通貨に比較すると非常に良質なものと捕らえていましたが、これでもまだまだなんですね。
投資インセンティブの不安定さを解消するためには、トランザクションを活性化するしかないと言うことには同感ですし、同時に、これは全ての仮想通貨が抱えている課題でもあるでしょう。逆にこの課題を解決した仮想通貨こそが生き残るものと思われます。 NEMは、その課題が解決できる2番手位にいるような気もしています。

目指せ北海道
2019-04-26 00:53:39ID:110132

>>kazusyok::さん
ありがとうございます!そういえば一時、草コインとか、クソコインとか乱立していましたよね。あの中に、マスターノードを立てたり、独占的マイニングによって大量のコインを保有して、売り抜けるという戦略があったように思います。結果は大量の電子ゴミ。
XEMの場合は、発行枚数が大量で、全て発行済にして、それを投資家にばらまいた事により、初期からインフレ気味だった。それにもかかわらずちゃんと値段がついて、しかも現在も流動性を保っている事が、知名度と根強い人気によるものということことですね。

ただし、手数料をハーベストに回すことによるインセンティブ維持はかなり不安定な気がします。今後も手数料収入をコンスタントに保つために、ネムログのような良質なトランザクションを生み出す仕組みをどんどん作っていかないと、BTC、XRP、ETHなどのブランド力に対抗していくことは困難かもしれません。僕もスーパーノードではないノードを立ち上げてハーベストしていますが、得られる手数料はネムログの1/100程度です。スーパーノード報酬なしでノードの維持費を稼ぎ出すには、トランザクションを現在の100倍に上げるか、サーバー維持コストを1/100(ラズパイ程度)に落とすか。はたまた自分でNEMネットワークを使った新しいサービスを生み出すか。最後の手段は、XEMの相場価格を100倍に上げるためにBurnするか(これだけはやってほしくないですが)。

kazusyok
2019-04-25 23:07:23ID:110057

>>目指せ北海道::さん
コメントありがとうございます。
解説できる程詳しくはありませんが、
仮想通貨全盛期の頃は、少額の投資でマスターノードになれたり、数100%を謳う高い投資収益率のマスターノードが存在したため、先行者利益を求めて、聞いたこともない、実績もないようなコインに投資してしまう傾向にあった。実績のないコインは、価値の希薄化で投資収益率を上回る値下がり率で、この世から消えていった。
そもそも、高い投資収益率を維持して行くためには、相当知名度を上げて、取引の総量を上げていかないと、ネットワークの維持は難しいはず。nem の場合は、高い手数料と低いハーベスト料のバランスが丁度良いと思われるし、取引の総量を上げる投げ銭の仕組みが絶妙と感じる。

目指せ北海道
2019-04-25 17:33:56ID:109847

マスターノードと知名度のところをもう少し詳しく教えてもらえると嬉しいです。

NEMber who posted this article

なぜかバス旅や充電バイクなど旅ものの番組が大好きです。行きたいが中々行けない場所に連れて行ってくれる所がいいんだろうなぁ!
あと、ネットとか、技術とか、パソコンとかも好きな部類に入ります。
21444
0

Why don't you read following articles?