connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

マスターノードの魅力と罠

nem7.03xem (4) 147 0 0

nemのスーパーノードになろうとすると数千万円単位の投資が必要になるそうだ。ハーベスト報酬を受けるにも10000XEM必要だという。日本円で6~7万円程度なので、そう簡単に投資する気になれない。しかしその通貨のファンになった人にとって、何らかの形でスーパーノードになってみたいとか、ハーベストを受ける身になりたいとか、そう思うものだ。

 

nemでいうスーパーノードは、暗号通貨業界では、一般的にはマスターノードという。暗号通貨上昇期には、少額で投資可能で、投資収益率もべらぼうに高いものが数多くあった。 そしていくつか実際に参戦を試みた。 

 

以降は、仮想通貨が低迷期に入った頃に書いた記事である。仮想通貨は環境が変わると様相が一変することを教訓としたい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

マスターノード通貨とは

暗号通貨は、たくさんのパソコンやサーバーで同じ取引データを持つことで改ざんを難しくするが、この場合、個々のパソコン、サーバーをノードという。マスターノードとは、個々のノードの中でも、通貨を一定量以上所有し、マイニングを任されたノードである。所有単位は少ないもので1000程度、多いものでも10000程度である。通貨の価格が高い場合は、数千万円から数億円単位もなるが、例えば通貨が1円の場合は、1000円から10000円でマスターノードになれる。通常はかなり多額の投資を要する場合が多いため、投資家が投資の一環としてマスターノードを取得する場合が多い。マスターノードは多額の投資が可能な人たちが、マイニング報酬を投資の還元の一環として受け取っていくのである。著名なマスターノード通貨として、NEMなどがある。

 

マスターノード通貨の魅力

いったん投資を行えば、後は、定期的に一定の金額がウォレットに入ってくるので、投資対象としては魅力的である。投資収益率も現在の金利に比べて圧倒的に良い。マスターノード所有者が、多額の投資が可能な人たちに限定されることは、通貨価格の安定化や投資収益率の安定化につながっている。昨今は、すそ野の広がりにより、様々な通貨がマスターノード方式を採用しつつあり、必ずしも多額の投資を要さないケースや投資収益率がやたらと高いケース、価格変動の激しい通貨の参入が増加している。

 

マスターノードの設定は難しい

通常の暗号通貨であれば、パソコンにウォレットをインストールし、それがPOS対応であれば、電源を入れっぱなしにし、ネットワークに繋いでいさえすればよい。しかしマスターノードになるためには、サーバーを動かせないといけない。サーバー上にウォレットをインストールし、ネットワーク設定をしないといけない。当然ITスキルが要求される。マニュアルに従って新規の設定はうまくいったとしても、その後のメンテナンスが煩わしい。しかもマニュアルが外国語しかない場合は、独力で時間をかけてひとつづつこなしていくしかない。最も危険なのは、技術的な設定誤りにより多額の暗号通貨を失ってしまうことである。技術的な心配が多い場合は、simple PoS poolのようなプールを使うとよい。一定数量に達していなくても、プールの力によりマスターノード並みの投資収益率が得られる。最近ではsimple PoS poolのような仕組みで、新たな暗号通貨を発行する事業も盛んである。

 

マスターノードの罠

最近の暗号通貨の低迷状態は、マスターノード市場でも同様である。新規に発行される通貨の大半が、マスターノード方式を採用する中、期待で買われた通貨が、その後失望売りをまねき、暴落するケースが多い。暴落でなくても他の暗号通貨への連れ安という形で低迷しているケースが多い。年率2倍、3倍という高い投資収益率が魅力で買われた通貨が、その後1/10とか1/100という感じで安くなっていく。これが昨今の現実である。筆者の場合は、年率8倍の通貨を買ってみたが、その後100円が1円になってしまった。高い投資収益率の通貨は、まずは原本を取り戻すべく、売られやすいのが常のようだ。また、最近のマスターノード通貨は、活動の実態のない得体のしれない通貨もたくさん参入しており、リスクの高い通貨も存在している。少ない投資でマスターノードに参入しようとするものは、大抵この罠にはまっていく。価格が安定したメジャーな通貨でさえ、値下がり幅は1/2とか1/3とかである。名の知れない通貨は1/10とか1/100とかになってもおかしくはない。

 

まとめ

なんでもかんでも値上がりした時期は、何を買ってもよかったであろうが、今は淘汰される時期である。実際にお金や利益を生み出すものでなければ、暗号通貨は存在しえない。かつてのマスターノード市場は、今後生き残っていくであろう通貨がメインであった。 今は様々な新しい通貨が、マスターノード市場に参入している。一見魅力的に見えても、活動が途絶えれば終焉を迎えるのも早い。 マスターノード通貨は、ある程度の投資が必要なものを、simple PoS poolのようなもので運用するのが、今の所のベストだと思われる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以上が、昨夏頃に書いた記事であるが、今つくづく思うのは、マスターノード通貨を選択する際は、コミュニティーの強さや開発チームの強さ、そして実績(2,3年続いているかどうか)の見極めは不可欠である。

 

その意味では、NEMは割合安心して買える通貨である。ハーベスト報酬が低い気はするが、投資信託買うより良ければ、それでいいような気もするが。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

なぜかバス旅や充電バイクなど旅ものの番組が大好きです。行きたいが中々行けない場所に連れて行ってくれる所がいいんだろうなぁ!
あと、ネットとか、技術とか、パソコンとかも好きな部類に入ります。
21449
0