connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

暗号通貨で失敗するケースその2 マスターノードトラップ

nem5.85xem (3) 135 0 0

2018年春頃から、一獲千金を目指して、挑んだ暗号通貨。 長い低迷期に入って、今や多くの人が足を洗って、見向きもされなくなった世界ではあるが、ここの所のビットコイン上昇が、またかつての勢いを取り戻しそうである。

 

そんな時に、当時の失敗談を、ここに記録しておくことは、同じ過ちを起こさないという観点から、有益ではないかということで、ここに掲載するものである。

 

以下は、2018年秋頃にはてなブログに書いた記事である。

 

マスターノード通貨は、その高い投資収益率(ROI)が魅力的である。一旦投資を行えば、日々ウォレットにコインが貯まっていく。最近はお金をあまり持っていない人でも参入できるような通貨も出現している。事業者、投資家双方に、あまりにもハードルが低くなりすぎたために、そのリスクも最大化しているといえよう。 参入する場合は、余程慎重な検討が必要である。さもないと筆者のように、お金を失うことになる。

 

筆者の場合は、大きな投資を避けるべくsimple pos poolを利用した。最初に購入したのは、Bitcoin green($BITG)。今のビットコインは電力の使い過ぎで、自然環境に悪いので、自然に優しい、電力をあまり使わないコインが、今後も有望だろうとの観測で買ったものであり、幸いにも価格は割合安定している。投資収益率も150%以上で好調で、日々コインは増加している。これに味をしめ、次のコインを探しを始めたが、折角POWマイニングも始めていたので、ゆくゆくはマスターノード通貨になる予定もので、今現在はPOW通貨であるものを探して掘り続けた。人気通貨はマイニング効率が悪い。GPUに多額投資ができない筆者は、GPU一枚で挑んでいたが、日々パソコンを動かしても中々枚数が増加せず、結局POWマイニング期間は過ぎてしまい、その間掘り出せたコインは7枚程度。(simple pos poolでPOS運用し、今は9枚程度になっています。$stipend) 価格は、半分か1/3位にはなったものの、昨今の暗号通貨全体の価格低迷ぶりからすると、ごく標準であり、まあ、これも失敗のうちには入らないだろう。

 

POWでこつこつと掘り出すにしても、時間がかかりすぎるため、この時点では、ここは少し資金をはたいて、投資してみようという気になっていた。マスターノードオンラインなどで、投資収益率が高く、価格も安くなりすぎておらず、コミュニティーもある程度活発で、時代をとらえたサービスで、しかもsimple pos poolで扱っている通貨という感じで探した結果、Parlay($Par)という通貨に出会えた。ちょうどワールドカップサッカーが始まる前で、どのチームが勝つのか等の賭けに使う通貨で、その当時100円/枚程度と人気を博していた。扱っている取引所は、CriptoBriegeで、今を思えば、この時点で少し警戒すべきであった。CriptoBriegeは上々のハードルがあまり高くない。また、この取引所にしか上場していないのもチェックポイントであった。マスターノードになるには、5000程度の通貨が必要になるが、幸いにもsimple pos poolを使ったため、50枚からマスターノード運用ができる。50万円を投資して、本当のマスターノードになる手もあったが、サーバー設定等の技術的な問題から、これを避け、約10000円、100枚分を投資して臨んだ。

 

預けた当初は順調だった。まだワールドカップも続いているし、これからもっと上がるだろうと見込んでいたが、思うように価格は上昇せず、ワールドカップ期間中に下げるという状況に陥っていた。下がるといっても、そんなにはいかないだろうと思いつつ、一方ではマスターノードの恩恵を受けて、通貨はどんどん貯まっていく。その結果、通貨は3倍に増えたが、価格は1/100に。100円が1円である。さすがにROIが800%でも投資回収には10年かかる。その内、simple pos poolからも「活動実態がないため、上場を廃止する」旨の通知が。Discordで活動実態は見ているつもりであったが、よく見るとspamらしき通知だけになっており、運営からの連絡は途絶えていたのだった。

 

多額の投資をしていなかったのが今回幸いしたが、今後生き残っていく通貨の見定めは難しい。運営メンバーの存在、コミュニティーの活性度、開発チームの存在、日頃のサポートなどは最低限みるべき項目。またICOを経ないで通貨を発行している場合は、資金力がないため、とん挫する確率も高い。語学の問題もある。ある程度英語はできなければやめた方がいい。日本語のサポートが充実している所も最近多いが、日本人狙いの詐欺集団の可能性も考慮に入れておく必要がある。今この時点では、暗号通貨は、おすすめの投資ではない。まさに「底なし沼」、これが今の暗号通貨の実態である。

 

300枚のParlayは、今CriptoBriegeにいる。 東京オリンピックで復活するかどうか、はたまたこのまま消えてしまうのか。その行く末は追っていきたいと思う。

 

ただ、この失敗は致命的ではない。リスクを想定し、被害を最小限に抑えたからだ。もっと大きな過ちは、ICOでやらかしてしまったのだ。これについては別の機会にとっておきたい。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

なぜかバス旅や充電バイクなど旅ものの番組が大好きです。行きたいが中々行けない場所に連れて行ってくれる所がいいんだろうなぁ!
あと、ネットとか、技術とか、パソコンとかも好きな部類に入ります。
21450
0