connecting...
Google translation for articles :
9 NEMBER donated to you!!

みんな別に「中身がある記事」求めてないよね。

nem1029xem (9) 778 19 2

面白い記事が続々と投稿される。

それをみんな嬉々として読み漁る。

投げ銭が飛び交い、それを励みにして書き手はまた面白い記事を書くよう努める。

 

相互的な正のフィードバックの連鎖だね。

 

素晴らしい。

 

でも、これってみんなが基本的に「面白い」記事というものに対して強い興味を持っている、あるいは、現時点で持ってなくても今後持ち得る可能性が高いっていう前提があるよね。

 

そもそも、みんな「面白い」記事に巡り合うことを渇望するもんなのかな?

 

しかも、ここで。

 

おっと、いろんな意味の「面白い」を混同させてしまった。

まぁ、それはインタレスティングでもファニーでもキュリオスでもいい。

 

個々人の趣味趣向によるよね。

 

そうだ、趣味といえばそれに関して先日「面白い」話題を耳にしたよ。

 

「趣味自体を楽しむような奴はアスペルガー症候群。

 

健常者にとってのそれは単なるコミュニケーションツールであって、普通は趣味自体に大した価値を見出さない。」

 

これまた極論だなぁ。

 

さすがにここまではっきりと断言するのは気が引ける。

 

でも、程度の問題に置き換えた場合には全否定できないような気もするね。

 

確かに、趣味自体を偏愛するのは自閉的だし、それと比較すると一般的な人が趣味そのものに抱く価値は小さいように思える。

 

ちなみに、この「コミュニケーション」というのは中身に関する議論や討論ではなく馴れ合いだと思うよ。

 

自閉力満点の趣味の代表。

 

鉄オタとかミリオタとか。

 

彼らは確かに「議論」はすれど「馴れ合い」をほとんどしないんじゃないかな。

 

それに対して、フットサルなんかはその対極にある。

 

鉄道やミリタリーとフットサルというのはイメージの質的に「すき家 - すきばやし次郎」くらい離れた趣味として世間的に認識されてると思う。

 

陰キャの趣味と陽キャの趣味のような印象。

 

これ何故かというと、フットサルが趣味な人って、フットサルの中身自体にさほど興味がなくて、それそのものよりそこに参加してる最中のノリを好んでいるからじゃないのかな。

だからこそ「健全に趣味を謳歌している」と思われてる。

 

勿論、全員がそうだとは言わないけど。

 

フットサルに限らず、「一般的な人」は趣味と向き合う時にその中身を重視しないという仮説。

 

これを初めの話に当てはめると、みんな内容が面白い記事なんて求めてないということにならないだろうか?

 

ならば、面白さは主に内容以外の「コミュニケーション」によって構成されるのだから、中身が駄文であろうが稚拙な情報であろうがそれによる差というのはあまり生まれない。

 

この点に関しては誰かが既に述べてたような?

 

あちらではクソ記事がコメントなどによるコミュニケーションを通して「良記事化する」ことがポジティブな現象として捉えられていたね。

 

しかし、悪い面もまたあると思う。

 

熟読、熟考して意見を述べること、投げ銭を奮発すること、双方ともコストが高い。

多くの人は趣味と呼ばれる馴れ合いに高いコストなど掛けたくない。

 

だから書き手になった時は「どうせ中身にこだわっても無駄なんだから」と手抜き記事を乱造するし、それをツールとして用いて馴れ合う時もまた節約するよね。

 

このサイクルに陥ると、中身もそれに対する反応も投げ銭も先細ると思うよ。

 

一方、趣味を趣味として徹底的に突き詰めようとする者は絶対数こそ少ないものの、限られた対象に向けた思弁を惜しまないため、中身に拘った記事を自発的に楽しんで書くだろうし、あるいは、うまい具合に自分の趣味に当てはまる記事を見つけると非馴れ合い的なコメントをしたり、時には惜しげも無く投げ銭を行ったりもする。

 

でも、彼らは彼らで興味の範囲が限られていてかつ馴れ合いもしないため、多くの人が望むようなものを提供できないから全体の活性化にはあまり寄与しないように感じる。

 

難解で閉鎖的な、それこそ「趣味性が高い」記事だけでは巨大な全体を盛り上がらせることはできないんだよね。

 

「にわかが増えるとクオリティが低下してコミュニティが終焉へと向かう」と、そうなることに対する批判を込めて言われたりするけれども、善悪の観点を取り除くと、その流れに陥ること自体が必然のようにも感じる。

 

趣味を趣味として探求しようとする人だけで満たされたコミュニティは一定の質は守られていたとしても、元々規模が小さい上に外部と隔絶されているから広がりようがない。

 

そこに拡大や成長をもたらすためには、一般層に向けて門戸を開かないといけないんだけど、一般層にとっての趣味とは馴れ合いの道具だから、広がりと引き換えにクオリティが低下する。

 

そしてコミュニティは終焉を迎えると。

 

こうならないためには、自閉性から脱却するべく馴れ合いつつも、終わるほどに馴れ合い過ぎないという絶妙な着地点を見つける他ないんだけれども、一度針が片一方に振れ始めるとそちらの方に際限なく向かいたがるのが集団の常だから難しいよね。

 

先述のようなにわかによるコミュニティ衰退論を熱心に解く人も、よく質の向上を唯一の解決策として上げるけれども、それも馴れ合いの対極から発せられる自閉的過ぎる反論であって、鵜呑みにするとこれまた衰退を引き起こすし、ね?

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
YUTO
2019-04-30 11:22:04ID:111720

nemlog報告隊でこの記事が紹介されました!!
https://nemlog.nem.social/blog/22359

nemlogは、会話をしたいという雰囲気がありますね!!

物愚者
2019-04-27 12:44:59ID:110678

>>うさぎのALIS::さん

夏草や 兵どもが 夢の跡

うさぎさん
2019-04-27 12:43:14ID:110676

あらゆるものは衰退が前提だと思います。
素晴らしい記事をありがとうございました。

物愚者
2019-04-22 00:50:56ID:107728

>>マクト::さん

絨毯爆撃うんこ

物愚者
2019-04-22 00:50:31ID:107727

>>やそ::さん

極論なんだ(ry

隔絶という手も選択肢の一つとしてはある方がいいのかもしれないけど、コミュのガチ自閉分散を唯一無二の理想形とするのは違和感あるな〜と。

イケなんとかさんは理想的と言ってましたね。
ワハハ。

物愚者
2019-04-22 00:47:38ID:107722

>>ちきゅう::さん

気に入らない奴はブロックするというのはガチなキチガイから著しい被害を受けてる、あるいは受けそうな場面における緊急手段としては用いることができた方がいいんだけど、濫用し過ぎるのも本来は良くないんだよなー。

でもなー、かせいちゃその記事で勧める旨も書いた気がするんだよなー。
一面的にやっちゃったなーとも思ってるのよね。

実はね、下の方で>>7zoesan::さんに返したコメント書いてた時もそれ浮かんだのよ。
分散すると平和だから、その点においてはいいの。

でもね、分散は自閉の証だよね。
オルテガって人が言ってるの。現代の大衆は傲慢で自閉的だと。

こーなると他を知らずに自己充足できるから、何かを知ることも当然必要なくなる。
分散したコミュニティで趣味に生きる人って、もしかしたら他人と知的営みをしているようで自分の中に既にある何かをじーっと見つめて恍惚としてるだけなのかもね。

ナルシストだね。
繁栄どころか全員溺死するね。

アレントって人が権力は分散した方が強まるって言ってるけど、物理的に権力機構自体が把握できなくなるからっていう理由の他に背景として社会の分散/分断による個々人のうちの他人の消失ってのもあるのかもね。
どこの誰がどうやって定めたルールかわからないから疑いようもなくなるっていうか。

暗いね。

物愚者
2019-04-22 00:24:12ID:107713

>>目指せ北海道::さん

もちろん、野球が好きで野球をやってる人、フットサルが好きで野球をやってる人も大勢いるんでしょうが、どこかこう「その趣味を共有している人」に対してもそれに関して熱く語るのが憚られる場面っていうのもあると思うんですよ。

趣味に対する熱意について相対的に差があるから、引かれることを危惧して、というか。
その関係性において引く人というのは馴れ合いの比重が大きいのかなぁと。

>内向的な人にとっては他者とのコミュニケーションとは自分の中で熟成した考えを述べ合う場であり、外交的な人にとっては、刺激的な会話そのものが楽しみとなる。

正にそれですね。
雑談において話の中身はカスみたいな価値しかないとかいう主張をする方なんかもおりますよね。
敵意がなく精神状態もまともな真人間であることを示すための社交辞令みたいな行為であって、挨拶の延長線上。
おはようございますは朝の挨拶であってそれ以上の意味がないのと同じ、みたいな話。

でも、そうじゃない人もまたいるんですよね。

だからこそ、ユングの内向/外向による思考タイプの二分法が未だにそれなりに説得力持ってて、多少形を変えて色々なところに顔出してるのかなと。

物愚者
2019-04-22 00:07:45ID:107707

>>かせい::さん

使ってみると良いかもしれない。

物愚者
2019-04-22 00:07:25ID:107706

>>オーウェン::さん

極論なんだよなぁ()

物愚者
2019-04-22 00:07:02ID:107705

>>7zoesan::さん

何かこう、ディープな趣味を共有する相互不可侵のコミュニティの乱立、という感じでしょうか。
ある意味で昨今のSNSってみんなそうですよね。

インターネットの普及黎明期にそれに導かれる大きな世界についての予想を行なっていた方々はその「すもぉるわぁるど」を見てどう思うのか気になるところ。。。

NEMber who posted this article

二億円なんかいらない。
21488
0

Why don't you read following articles?