connecting...
Google translation for articles :
15 NEMBER donated to you!!

【nemlogの未来像】俺たちこれからどうなんの?【反応拡散系】

nem990xem (15) 304 13 2

おはようございます。今日も仕事に行きたくない目指せ北海道です。

 

Dorianさんから、英語でnemlogとかnemgraphとかすごいと思うんだけど、海外のプログラマーと協力するプランはありますか?みたいな投稿がありましたので、神楽レナさんのnemlogが巨大化したらどうなるの?みたいな疑問にも答えるつもりで、nemlogの現状についてちょっと変な考察してみます(こうすればいいよという提案ではないです)。


僕は研究で一時反応拡散系というのを扱っていたことがあります。反応拡散系というのは、アラン・チューリングという数学者が考え出したもので、簡単な微分方程式で書けます。日本では、魚の縞模様をこれで説明できる!って示した近藤滋先生が有名ですが、現在も多くの研究者が取り組んでいるテーマです。

 

 

簡単に言うと、外部からエネルギーが供給される系の中で、要素同士のプラスとマイナスの相互作用があると、パターンが出現するよーってことです。パンダ型、シマウマ型などのパターンができたり、またある条件下では大きなビッグウェーブが起きて、そのまま収束して終わりの大爆発みたいなのとか、ぐるぐる渦巻きになって回る動的なものとかにもなります。

 

目に見えるパターンだけでではなく、人間の活動の中に波(盛り上がり盛り下がり)やパターン(派閥)が現れるのも、これで説明できるんじゃないかと思っています。nemlogも例外ではないです。パターンや動きが生じる=なんか生き生きしてる!って感じで捉えてもらえばいいです。パターンや動きで面白いものができたら成功です。

 

さて、パターンや動きができる条件というのは結構厳しくて、外部からのエネルギー供給量が充分にあることが大切ですが、やりすぎると全要素がマックスに興奮して終わったり、エネルギーが足りないと何やってもダメとかになります。僕が自分でいろいろ試してみた経験では、系の中のエネルギー密度が適度な時、まずビッグウェーブが起きた後、振動系が生じ、運が良いとパターンが出現します。一度パターンが出現すると、それはとても安定で、壊しても壊してももとに戻ろうとします。

 

今のnemlogは、ちょうど最初のビッグウェーブが通り過ぎて、振動を始めたあたりだと思います。盛り上がったり沈静化したりを繰り返しながら、もぞもぞとパターンが出現する直前の状態かなと。ここで、一気にグローバル化とかいって、規模を拡大したり、必要以上にエネルギー供給量を増大させるとちょっと危険です。みんなが疲れ切ってしまうこともやばいです。せっかくできかけたパターンが消えてしまうからです。

 

nemlogが面白いのは、お金というエネルギーによってモチベーションが高められるプラスのフィードバックがかかるところです。お金は、ただの「いいね」よりはるかに分かりやすく、われわれの脳を刺激します。マイナスのフィードバックとしては、惑星系のみなさんのちょっとシニカルなコメントとかですかね(笑)。まあ、それは冗談として、一部の投稿に投げネムが集中することに対するいらだちや嫉妬がこれにあたるかもしれません。でも、これらがいい感じにバランスが取れてくると、とんでもなく面白いことがおきるんですよ。それが何かは僕にはまだわかりませんが。


だから、僕はもうちょっとnemlogを見守っていたいんです。nemlogが確固たる形をあらわした時、それは放っておいても世界に拡散していくはずです。その時がくるのを楽しみにしながら、休日出勤いってきます。

 

今回も読んでくださってありがとうございます!

 

目指せ北海道

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
目指せ北海道
2019-04-21 20:29:48ID:107481

>>やってみよう::さん
改めて聞かれると、えっとーってなりますが、格子状に並べたセルの挙動を、局所の物質濃度によって変化させるので、一種のセルオートマトンですね。記事楽しみにしています。

やってみよう
2019-04-21 20:15:37ID:107474

「セルオートマトン」の話を、近々記事にしてみようかと思ってるところでした。
反応拡散系の離散化モデルが、セルオートマトン、みたいなイメージでいいんですかね?

目指せ北海道
2019-04-21 19:09:45ID:107450

>>matsuno@炭::さん
ちなみにアラン・チューリングはドイツ軍のエニグマを解読した人です。人工知能判定に用いられるチューリングテストにも名前が残ってます。面白いですよー。

>>ちきゅう::さん
いらっしゃいませ。じゃあ、僕は冥王星で、、、え?惑星じゃないの?

ちきゅう
2019-04-21 18:39:14ID:107429

(急募)太陽系、メンバー募集中!

年中無休!365日実働!
シニコメ経験が初めてでも、惑星の先輩たちが丁寧に教えます!

matsuno@漆黒の
2019-04-21 17:04:45ID:107395

そんな計算式があるんですね。
非常に興味深い。

目指せ北海道
2019-04-21 11:25:32ID:107237

>>えっさん(囚われの身)🐾nemlogツアーコンダクター&コメンテーター🐾::さん
そです。今の状態がすっごくいい感じに思えるのです。コレジャナイじゃなくて、コレデイイノダ。

目指せ北海道
2019-04-21 10:58:49ID:107221

>>NEryuM::さん
ちょっと端折りすぎましたねw

反応拡散系でも、パターンが出現する直前に、凪のように何もなくなる瞬間が現れます。あーだめだったかと思うと、じわーっと浮かび上がってくる。あるいは、ほんのちょっとの刺激で渦巻きがぐるぐる回りだす。そうやって物質から生まれたのが、生命だと言われています。土台固めは、言ってみればこの爆発直前の状態をいかに作り出すか。実際は世界中でこういう動きははじまっていて、みんなが興味を持って真似をしだすと、いろんなものがポンポン生まれだす。そんな感じだと思いますよ。

NEryuM
2019-04-21 10:49:32ID:107218

経緯を知らなかったので神楽レナさんが巨大化するの?!なんてファンタジーかと思いました(笑)

相場も同じこと言えますけど大爆発の前には凪状態があるんですよね。
その凪でいかに土台固めをするか、できるかによってグローバル化しても規模拡大しても耐えうる頑強な基盤ができるのかもしれません。
でも土台固めって何をすればいいのだろう?

NEMber who posted this article

趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。

nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。現在の課題は帯域不足と臨場感。仕方がないので、動画をUSBメモリに保存しています。早く5Gにならないかな。

本業は再生医療系研究者です。歯の神経にいる「歯髄(しずい)細胞」を使って、世界中の人を助けるため、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMのモザイクを使いたいと思って、NEMについて勉強中です。
21536
0