connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

GKM景品作成途中経過と価値を固定する実験

nem14.60xem (6) 152 7 0

GKM景品作成途中経過と価値を固定する実験

 

皆さんこんにちは!matsunoです!

3月から始まっていました画像向上お絵描きマラソンの編集途中経過をお知らせします。

 

現在レイアウトの配置が終わりましたので、各参加者のプロフィールを打ち込み作成しています。

最終ページには、しゅうさんのウォレットアドレスをQRコード化した物を作成予定ですので

スマホさえあればいつでもラクーンウォレットから寄付できるようになりますよ(一緒にメッセージも送れますね)

 

 

 

その後、最終校正、DMにて発送明細確認の上、送付となります。

おそらく5月上旬には順次発送可能な状態になります。

 

 

 

 

GKM特典

 

 

1.参加希望者全員(一部でも参加いただいた人)にミニ冊子1冊贈呈いたします。 

 

2.投稿頂いたデータを令和元年5月1日にアポスティーユし、データ存在を固定します。(最終課題のみ)

 

3.供給量変更不可の記念モザイクを発行し、参加者全員に送付いたします。

 

 

 

 

 

このイベント実験の狙い

 

データと物の紐付けとそれらを証明できるものがあったとき、「どのような価値を作ることができるか」

を主軸とし、その価値内容を第三者にどのように提示できるかということを考えながら

進行しておりました。

 

今回のイベント内で証明できそうなこととして、

 

1・イベントがあった事実

2・各ユーザーが作成した成果物(画像)がアポスティーユによってその時間にあったことを証明できる

3・成果物(画像)がアポスティーユされたことにより冊子掲載されている物がその時間に存在していたことを証明できる

4・供給量変更不可モザイクによって、冊子所有者が冊子所有権を有していることを証明できる

 

つまり、供給量変更不可モザイク+成果物(画像アポスティーユ)+現印刷物

を組み合わせることで、成果物がいつ生まれ、現印刷物が所有者資格を有している人間が持っているかどうか

紐づいているので、複製したとしても、いづれかの証明ができないため偽物が創れないと考えます。

(どこかに穴があったら教えてください)

 

例えばこの規模のイベントでは発生しませんが、私の偽物が同じデータをどこからか入手、

まったく同じ印刷物を作成し、

このイベントに参加していたmatsunoです!この冊子を100万円でかってください!

と主張したところで、

1.現物データの証明がない

2.現物データを入手できても、モザイクが入ったウォレットがない

3.ウォレットを見つけたとしてもプライベートキーを知らないので、ウォレットを複製できない。

 

このような調べ方で所有権を持った本人かどうか特定は可能であると思います。

 

 

 

 

仮想通貨NEMの機能と紙媒体を組み合わせることで実現可能な新しい価値流通モデル

 

民間資格の資格証明書

証明書にウォレットアドレスを発行QRコードで添付 

アドレスの中に供給量変更不可、譲渡不可のモザイクを送付(メッセージ機能にテキストで必要事項明記)

⇒カードサイズの証明書に、個人を書かず、QRコードと顔写真のみ

⇒将来的には非接触型ICチップに個人ウォレットアドレスを書き込めばいいと思う。

カード裏に民間資格管理団体のQRコード作成(ウォレットアドレス)会費はここから振り込む。

 

クラウドファンディング応援冊子又はカード

各項目数人の有志(例えば芸術で社会貢献したいとか)で冊子を作成し

目標と現在を印刷し、希望者(投資いただける人)に配布する。

それぞれのウォレットQRコードのアドレスが最終に記載してあり

いつでも寄付可能。

例えばあの人テレビに出てたからNEM投げておこう!とか、

最近あの人音沙汰ないけど、メッセージと投げネムしておこう!とか

ラクーンウォレットさえあればいつでも寄付出来てしまう。

 

グラドル、アイドルの為のシークレット情報の作成交流

冊子は過去技術と違い1冊から印刷できてしまうので、上記GKMイベントモデルを

使用することでファン交流と情報価値流通が可能。

 

写真集裏に、投げネム用QRコードを印刷しておくと

、投げてくれたウォレットコードが判明するため、

多く投げてくれたユーザーにはそれなりの特別な情報

プライベートコンサート等の情報を個別に送付可能になる。

ただし、写真はデジタルデータよりも紙媒体印刷が望ましい。

理由としては、現状のデジタルデータで紐付けた場合すべてオープンになる性質がある。

逆手に取ると広報の代わりにもなりえるが。

 

 

 

他アイディアありましたら共有いただけると嬉しいです。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-05-03 16:16:42ID:112861

す、す、す、すごいうぇーい(๑•̀ㅂ•́)و✧
NEMをつかったアイデアがひろがりまくりんぐうぇーい(๑•̀ㅂ•́)و✧

matsuno@漆黒の
2019-04-24 22:31:34ID:109542

>>BleRoom::さん
価値が残る様にしたいですね。

BleRoom
2019-04-24 22:26:43ID:109540

楽しみです✨

matsuno@漆黒の
2019-04-24 22:18:38ID:109527

>>きなこ::さん
啓発ポスターにQRコード付けておけばよいと思います。

きなこ
2019-04-24 22:09:16ID:109515

すごい(*´ω`*)
楽しみにしてます✋(*´Д`)

赤い羽根募金とか、
なくなるかもしれないね('_')💡

matsuno@漆黒の
2019-04-24 22:06:23ID:109512

>>7zoesan::さん
そうですね!何か価値がつくかもしれんせん!
懸念材料はカタパルト時、モザイクの取り扱いがどうなるかわからないことですね。

7zoesan
2019-04-24 22:03:14ID:109509

すごい!NEMの機能をふんだんに使った価値の固定!
ここから未来の巨匠が生まれたらと思うと夢もありますね!楽しみです!

NEMber who posted this article

イベント創る人。理事兼務 
お声がけいただければ喜んで一緒にイベント企画させていただきます。

福島県LOVE
いわき市に住んでます
21869
0

Why don't you read following articles?

matsuno@漆黒の's articles