connecting...
Google translation for articles :
1 NEMBER donated to you!!

【読んだ気になれる】太宰治「列車」

nem0.85xem (1) 181 0 0

〈要約〉
上野から青森へ行く一〇三番の列車に「私」はひどくからい目に合わされた、というところから物語は始まる。
「私」には汐田という友人がいるのだが彼にはテツさんという女性がいた。高校時代汐田は親とテツさんのことで喧嘩になり、当時の「私」はそんな二人の状況に熱くなったものだった。しかし大学進学のため「私」と汐田は地元青森を離れ上京する。
そうこうするうちに「私」と汐田は疎遠になってしまったが、何年も経ったある日突然汐田が「私」の元に訪れることになる。
汐田は「私」に突然上京してきてしまったテツさんをどうしたらいいのか相談しにきたのだ。しかし、「私」も妻を持つ身でいい歳してあの頃のように燃え上がることもなく、くにに返した方がいいと助言する。
「私」の助言を受け入れた汐田は上野から青森行きの列車にテツさんを乗せ、彼女を見送るのだった。

〇気になった点
この話にはいくつか疑問点が浮上しますが、ここでは二つほどお話します。

 

一九二五年に梅鉢工場という所でこしらえられたC五一型のその機関車は、(中略)ざっと二百名からの旅客と十万を越える通信とそれにまつわる幾多の胸痛む物語とを載せ、(中略)ピストンをはためかせて上野から青森へ向けて走った。(中略)列車番号は一〇三。
番号からして気持が悪い。一九二五年からいままで、八年も経っているが、その間にこの列車は幾万人の愛情を引き裂いたことか。

 

この列車のことを「私」はいたく嫌っているようですが、注目したいのはこの列車が上野・青森間を走っているということ。
太宰の故郷は青森で、そのことについては有名なところで言えば『津軽』で言及されていたり、また彼の幼少期を下敷きにしたと思われる「思い出」などでも言及されています。

そこには彼の故郷への愛憎悲喜交々が沢山込められているわけですが、この青森行きの列車を題材にしたこの作品は、青春に燃えた熱が冷めてしまった悲しさ、虚しさが描かれています。

 

ちょうどこの作品が書かれた時期といえば、太宰自身が人生のどん底にいる時です。女の人との心中未遂、パビナール中毒、共産主義運動に敗れ兄に多大な迷惑をかけるなど、心が闇に深く沈んでいた時期にあり、あれほど燃えていた青春に冷めてやるせない日々が続いていた時でありました。そのことから、この作品は彼にとっての故郷への訣別と若き日々への哀愁を描いたものではないかと思われます。


また、この物語は最後に次のようなことが書かれています。

 

しかし、のろまな妻は列車の横壁にかかってある青い鉄札の、水玉が一杯ついた文字を此頃習いたてのたどたどしい智識でもって、FOR A-O-MO-RI とひくく読んでいたのである。

 

「FOR AOMORI」とは直訳すれば「青森のために」という意味になります。しかし列車の鉄札に「青森のために」はおかしいですよね。これはおそらくまだ英語を習いたての「私」の妻が「TO AOMORI」(青森行き)を読み間違えたのではないかと推測できます。
この「列車」という作品は青森に関係する雑誌に掲載されたらしいのですが、その点を踏まえると「列車」は故郷への訣別、若き日々への哀愁を描いたものであり、更に掲載雑誌に合わせた商業的意味も含まれる太宰の商業作家としての腕も感じられる作品と言えるのではないでしょうか。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
21952
0