connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

触れ合うことは、許されない

nem7.20xem (4) 168 8 1
目次

悪意でできたナイフ
見えざるものの証明を
同じところで生まれたら
このくそったれども
存在と理由
無念の残骸
終わりに

 

悪意でできたナイフ

 

 この世にはどうにもならないこともある。

 

 固定資産税、納付の期限、嫁の機嫌、毎朝の腹痛。


 ハイスペックな人や、常にアッパーモチベーションのような人、今話題の上級国民といった方々ならば、そんなことではいちいち悩まないかもしれない。知らないけれども。


 彼らを妬み、嫉み、羨んでいる……湘南ルサンチマンなんて洋菓子屋でも開こうかと思っている僕は、そういった鬱々とした感情を持つことが少なくない。

 

 3年A組だったら今頃、ブッキーが泣きながら「お前らの無自覚の悪意でできたナイフがぁー!」とか言ってる可能性まである。


 ラストシーン見てニヤニヤしてたら、奥さんに「なにわろてんねん!」とか怒られました。笑って怒られるとか、漂流教室の漫画を読んでいる時以来の出来事でした。

 

見えざるものの証明を

 

 さて……人とは感情を持っており、その感情に突き動かされることがある。


 感情というのは内から出るものもあるのかもしれないけれど、基本的には外からの影響が大きいと考えている。


 美味しいものを食べた、かわいいものを見た、プレゼントをもらった、公園で遊んだ……そういった何かが「トリガー」として引き起こされるものだと。それは別にリアルタイムでなくても、思い出であることとか、そういったものも含む形で。

 

 そしてその感情というものは顔の表情であらわされることが多く、それ以外では基本的に言葉で伝えるしかない。


 「lol」なり「草」なり「^^」なり「w」なり、若干のニュアンスがあったとしても、そうやって伝えることができる。ああ、なんて素晴らしいことか。

 

 いびつな形の粘土を見せつけてきて「これが喜びの形です」とか言われても、残念ながら僕にはわかんない。なぜかというと、僕はあなたではないからです。

 

 そんな感情というやつは、歳を取るごとに心の底に積みあがっていくものなのかもしれない。最近そう、思い始めた。涙もろくなるとかそういうやつ。

 

 ワイン瓶の底に溜まっている澱のように、底面に徐々に溜まっていくものではないかな? そしてたまに揺さぶられて、零れる。たぶんそれがたまたま、涙という形になっているんじゃないかと。怒りだったら高血圧とか?

 

 歳を取ると涙もろくなってくる。それは本当のことで、このまま行くと還暦には常に涙おじいさんになってるかもしれない。ドライアイっぽいのに。

 

 東京マグニチュード8.0とか、思い出すだけで泣けてくるもんな。

 

 たぶんその涙は、感情が瓶の底から零れ落ちて目に見える形となった、「文字以外のモノ」なんだろうな。

 

同じところで生まれたら

 

 とはいえ、感情とは目に見える形になることはあれど、そのものを見ることはできない。


 僕ら人間はそういった「モノ」に昇華された存在を見たり聞いたり触れたりすることで、どこか感情移入することができる、ありがたい生物である。


 人間は他の動物よりも、手や足など、関節の先にあるものを動かすことができるように脳が発達しているという話もある。それにより、手にした道具も手足のように器用に動かすことができる、ということらしい。すごそうに聞こえるな、人間。

 

 でもたぶんそれは、手に触れるものでなくても同じなんだろう。何かに触れることで……それが自分のものでなくても、感情移入ができたりする。それも恐らく、同じ機能のひとつなのだろう。


 だから僕らは「なんだろうこれ」と思うものでも、何かしらの感情を持ったりする。歳を取っていくにつれ何かしら「残したい」という思いも強くなっていくのだろう。誰かに、見て、聞いて、ほしいのだ。

 

 しかし悲しいかな。あふれ出した感情だけで形成されるモノというものは、誰にもうまい形で伝わることがない。


 どっかの原住民に箸を持って行ったところで、「なんだよこの棒切れ」と思われるのがオチなんだろう。

 

 「モノ」から何かしら、感情的なものを得るためには同じ境遇の体験や文化を知っているといった、バックボーンが必要なのだ。

 

このくそったれども

 

 クソの話がここのところ、たびたび話題になる。


 人間だもの、クソぐらいする。目くそも鼻くそもでるし、普通のクソも出る。くそったれ! っていうやつもクソをする。美少女アイドルだってクソをするし、二次元だってクソをする。世の中なんてクソまみれだ。


 でもそのクソから感情が動くこともある、ということは知っておいてほしい。別に誰も彼も、クソを描きたかったわけじゃない。もちろん僕だってそうだ。本当はソフトクリームの話を書きたかったのだ。でも、いろんな問題があって、クソの話を書くことになった。クソくらえ。

 

 しかし、僕はクソから何かを得ることもある、と考えている

 

存在と理由

 

 僕はお腹が緩い。ワインを飲んだ翌日の出勤とか本当に恐ろしくてたまらない。でも飲まずにはいられない。


 通勤途中の電車内で、常にトイレを探してるし、トイレに駆け込むタイミングも念頭に入れて行動している。汚い話で悪いけど、トイレに入ったら入ったで、「うわ! 尻からおしっこ出てる! 逆ウォシュレットや!」とか思うこともざらだったりする。


 そんなトイレとお友達の僕は、よく駅の個室待ちをさせられる頻度も高い。毎回毎回漏れるかと思う。

 スマホしてるやつとか、たばこ吸ってるやつとかいたらもう本当に、自覚ありの悪意という名のナイフでブッキーも号泣レベルだぜ。日本が平和なんてそんなバカん。

 

 そういう日々の中、僕はこの前、とあるものを見つけてしまったのだ。

 

 

 床に、クソが、落ちていた。

 

 

 そう、それは駅に設置されているトイレの入り口に落ちていた。犬のでも、ウサギのでも、馬でも象でもない。まごうことなき、人間のクソ。それが鎮座しておられた。


 形が崩れず、そこでただ、存在証明をしていたのだ。

 

無念の残骸

 

 そこにあるのはただのクソである。誰かのクソだ。誰のかなんてどうでもいい。クソでしかない。


 しかしその存在に、少し感情が、思いが、揺れ動いたことだけは間違いない。

 

 だって思ってしまったのだ、これは無念の残骸だと。

 

 ゴールの少し手前で力尽きた人、新作を発売直前につぶれた会社、1点足りなくて落ちた試験……なんでもいい。

 

 その、誰かの無念がそこに、形作っているのだ。

 

 哀れみや悲しみ、怒り、そういった不快な全てを請け負って、観測されているモノ。

 そういったものが現実に、目の前に落ちている。

 

 それは意味がないものなのだろうか? 意味のないものなんて、ない。

 それについて知らないだけだ。もたらされるものについて、理解していないだけだ。理解されない理由は、たぶん、同じバックボーンがないからなんだ。

 

 僕にはちゃんと伝わったよ。きっと、苦しかったに違いない。きっと悲しかったに違いない。その切なさは、少なくとも僕にはわかるよ。

 

 そう思って僕はただ、心と括約筋を引き締めたのだ。少なくとも、その価値はある。

 

終わりに

 

 こんなウダウダと垂れ流したままのクソを読んでくれてありがとう。愛してるぜ。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
和泉
2019-05-03 18:59:08ID:112901

>>YUTO::さん
教えていただきありがとうございます!
共感性や同じ経験があるかどうかで、物事は別の側面が見えることもあるかなーと思います。

YUTO
2019-05-02 21:52:21ID:112594

nemlog報告隊で、この記事が紹介されました。
https://nemlog.nem.social/blog/22541
クソは全てが悪いわけでなく、価値を生み出すことがあるだろうと信じています。

和泉
2019-04-27 17:16:12ID:110723

>>やそ::さん
野糞はなんていうか、大自然であれば許せそうです。もちろん踏んだら怒り狂いますけども。

和泉
2019-04-27 17:12:06ID:110721

>>7zoesan::さん
笑ってもらえれば、きっとクソも本望ですね。

和泉
2019-04-27 17:08:00ID:110719

>>目指せ北海道::さん
悲しいですね。
山崎マサヨシの いつでもー探しているよー みたいな曲を思い出しました。

やそ
2019-04-27 09:35:20ID:110630

野糞はしょうがないんです。
トイレまで間に合わなかったんだきっと。

7zoesan
2019-04-27 08:50:51ID:110621

なんだろう、この感情。でも最後に笑ってしまう。クソも悪くない。そう思う次第です。

目指せ北海道
2019-04-27 05:08:14ID:110590

長く続く堤防道路の道端。通勤途中の田んぼの脇道。早朝の繁華街の路上。いろんなところに、いろんな思い。それぞれの事情。それはまるで落ち武者の魂のような、無念の塊。

NEMber who posted this article

湘南のポエマーを目指しているおじさん。

ポケットの中の少ないNEMと共に、未来を見つめたいと思っています。
22051
0