connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

暗号通貨決済の生き残る道は個人間決済!

nem24.97xem (6) 272 8 0

最近キャッシュレスとか、電子マネーとか××PAYとか、その道の業界が騒がしい。 

 

SuicaやiD、nanaco,waon等が高還元率で市場支配を狙った電子マネー戦争が終焉を向かえる前に、今度は××PAYが、20%還元という謳い文句で市場を席巻し始めてから、古参から新参まで色んな××PAYもどきが、我先にと市場に参入し始めている。

 

そんなこともあってか、還元率や還元方法(現金かポイントか)にだけ目が行ってしまい、それ以外に一体何が違うのかが明確にはわからない状況になってしまった。 生き残りをかけて各社頑張っているので、まあ仕方ないかという側面はあるが、もう少し還元率以外での違いを明確にしてほしいものだと思った次第である。

 

個人的には、20%の高還元や2%、3%の高還元は長続きしないだろうし、お店の負担感を増してしまう方法は排除されていくだろうから、この機会にキャッシュレスの便利さが国民に普及していけばいいのかなあと思う。従って、最終的には、かざすだけでOKとか、どこでも使えるとか、お店の負担が少ないとか、そんなキャッシュレスが生き残ってくれればと思う。

 

キャッシュレス決済市場が、こんな騒がしい状況では、暗号通貨決済は参入の隙間すら無さそうな感覚である。 しかも、詐欺化しやすい側面、投機的な側面、ハッキングの件、暴利を貪った交換所の件など信用面では今一つなので、普及のハードルはまだまだ高い。

 

それでも暗号通貨決済には、従来のキャッシュレス決済には無い、ユニークな特徴を持っている。それはブロックチェーン技術そのものであり、その技術そのものには、多くの賞賛や応用例はあれども批判的話は聞いたことがない。

 

暗号通貨決済で、最も可能性を感じるのは、個人間取引とグローバル通貨となりうること。

 

グローバル通貨の面では、国際送金の際の手数料の高さを解決できることが、すぐさま思いつくことであるが、それ以外にも、海外の友人とのお金のやり取りが簡単にできてしまい、まさにお金の面での国境が無くなり、社会に大きな変化をもたらす可能性を秘めている。

 

そして個人間取引。これは従来のキャッシュレス決済にはない。例えば自分のSuicaの電子マネーを相手のSuicaに入金することはできない。これができるのは今は現金のみである。現金の場合は対面して交換するか、遠隔でやる場合は郵便書留などを使うしかない。要するに便利ではない。

 

この個人間取引を暗号通貨とネットを使ってやると世の中が大きく変わる可能性を秘める。例えばメルカリはネット上の中古品の取引市場を作ったが、暗号通貨を使えば、個人同士で取引はできてしまう。今は本人確認の面からメルカリが仲介した取引が必須ではあるが、このような例は数多くある。

 

キーワードは個人資産の取引市場であり、異なる言い方をするとシェアリングエコノミーである。利用せずに放っておかれた個人資産は、ネット上にアップすれば使ってくれる人が必ずいる。 その取引を暗号通貨決済でやれば、そこに新たな市場が形成される。本人確認のシステムさえ出来て組み込むことができれば、仲介者も必要なくなる。

 

現段階では、デジタル資産の個人間取引なら可能性としては高い。ゲーム内で暗号通貨で武器を売買する方法は既に実現されている。例えばイラストや漫画の得意な人、写真を撮るのがうまい人が、注文に応じて書いて、写真をとって販売するということが、ウォレットさえあれば簡単にできてしまうはずである。 NEMでもそんなことができるアプリ欲しいですね。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
kazusyok
2019-05-04 19:30:51ID:113299

>>ほなねむ::さん
コメントありがとうございます。××PAYは支払う側の視点から見ると使い勝手の改悪ですが、お金を受け取る側の視点から見るとQRコードだけ準備すれば良いので誰でも直ぐに導入できるという大きなメリットがあります。かの中国では、物乞いがアリペイを導入する位のようです。この導入のし易さは、個人間取引の得意な暗号通貨も凌駕してしまうのではないかという点では気になる存在です。

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-05-04 10:02:47ID:113183

フェリカはかざすだけでOKだったので、QRコードを使ったなんちゃらPAYは改悪だ、退化だと言う人もいますね。
まあいちいち自分で額を入力する面倒くささはなんとかならんかな?と思ったりしますが。
現金だと、提示された金額を自分で数えてから払うわけで、同じことやってるっちゃやってるんですけど、キャッシュレスでも同じことやるとなるとなんだか馬鹿らしくなってしまいます。

kazusyok
2019-04-28 18:01:49ID:111041

>>うぇんじにあ::さん
個人資産の個人間取引を目指した暗号通貨多いですよね。ことごとく失敗しているようです。最初から詐欺の可能性もありますが。

kazusyok
2019-04-28 17:57:16ID:111039

>>matsuno@漆黒のFiFiイベ連動企画隊員::さん
NEMは、開発力や開発のしやすさで実力値高いので、その辺ってNEMが突破口になりそう。

kazusyok
2019-04-28 17:51:49ID:111035

>>BleRoom::さん
イラストが上手ければ、そのアプリで商売できるんだけどなぁ。文章も絵も描くのは苦手です!

うぇんじにあ
2019-04-28 13:36:45ID:111002

個人間取引にフォーカスする視点、自分も同意です^^

それが世の中に新たな価値を暗号通貨決済がもたらす何かのヒントになると思うのですよね〜〜〜^^

matsuno@漆黒の
2019-04-28 10:39:16ID:110960

確かに個人間取引に特化するとか何か面白いものが作れそうな感じもしますね。

BleRoom
2019-04-27 20:38:17ID:110781

イベント参加ありがとうございます(^^)
そうですね〜!個人間取引の点においては他のキャッシュレスよりもかなり優れていますよね。実際に私もnem払いで人様のアイコン作成をさせていただいたことがあり、銀行振込よりも気軽に条件成立できたな〜と思いました。業者を仲介させないのも手数料の面でお得でした。
最後に書かれた「そんなnemのアプリ」、わたしも欲しいです。笑

楽しく読ませていただきました。
参加賞の15xemと、おまけをお受け取りください(^^)

NEMber who posted this article

なぜかバス旅や充電バイクなど旅ものの番組が大好きです。行きたいが中々行けない場所に連れて行ってくれる所がいいんだろうなぁ!
あと、ネットとか、技術とか、パソコンとかも好きな部類に入ります。
22109
0

Why don't you read following articles?