connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

所詮ブロックチェーンもソフトウェアの一種

nem7.59xem (6) 159 4 3
やそ 2019-04-28 21:59:46

更新開発されなくなったら終わり

  • ブロックチェーンは未来永劫残るシステム!
  • 自立分散していて誰か管理者がいるわけではないんだ!
  • そのエコシステムの開発者が居なくなったって無くなるわけじゃない!

 

なんて話も聞きますが、ブロックチェーンも暗号通貨も、完成された仕組みじゃないんだから、いつ終わるかわかんないものだと思うよって話を書いてみようかなって。

本日の目次

 

アップデートされ得なくなったら終わり。

 

ブロックチェーンは、

開発者が居なくなろうとも、

中心となる集団がなくなったとしても、

ノードが残り続ける限り死にはしない。

この通貨を愛し続ける人がいる限り未来永劫このブロックチェーンは残るんだ

 

なんて話も聞いたりしますが、そんなことはない。

 

開発者が居なくなって、何かがあってもアップデートも何もされなくなってしまうようなものは、絶対に続きません。

 

 

例えば秘密鍵の話でも、

今は各種暗号通貨、

今の技術では秘密鍵を総当たりで見つけていくのは現実的に不可能だ。

とか、言う話もあります。

ブロックの改竄も、全ノードと戦ってそれを越えてさらに改竄するなんて現実的に不可能だ。

そんな話もあります。

 

でも、技術というのは進歩していくもので、いつかは今のこの仕組みが破られ得る日が来るでしょう。

少なくとも暗号と言うものに関しては、解けない暗号は無いし、スーパーコンピューターレベルの計算能力のものが将来的には一般的になる、みたいなのが当たり前のように続いているコンピュータの歴史を見ても、

いつか破られる日が来るのはまず間違いない。

 

そういう未来が来たときに、

ハードフォークなりなんなりをして、その時代時代の新たな最新のセキュリティに乗り換えていけるようなブロックチェーンの仕組みたちは残るんじゃないかと思います。

 

でも、そうなったときに、それが出来ないようなモノは、そこで廃れていく。

そう思うのです。

 

ソフトウェアの一種、と言うのはそういう意味で。

いくら画期的な革命的なシステムだと言っても、世にあるものは、いずれは陳腐化するものです。

  • それを継続的に改善し続けられるか、
  • このシステムは完璧だと言って変化を拒むか、

それが残っていくか、消えて無くなるかの違いなのかなって。

 

現状が如何に堅牢であろうとも、それが更新も何もされ得なくなったら、

終わりなのですよ。

 

平成に入ってから30年、中心人物も住んでる人も何も変わっていないような無子高齢化の集落は滅んでいくしかないように。

 

  • アップデートをしていく、
  • 開発をしていく、
  • 改善をしていく、
  • 新しい世代に合うように作り替えていく、

中心のメンバーが途絶え、居なくなった時が、世にある全てのシステムの死です。

 

 

メンバーが、人が、独りも居なくなった時じゃないですよ。

更新され得なくなってからも、暫くは行き続けるでしょう。

残った人々は、ほら、まだ死んでいない!

って言うかもしれない。

でも、もう既定路線がジリ貧となって、回復の見込みも方法もなくなってしまったらそれは死んでいるのとおんなじなのです。

脳死。そういう状況。

 

 

残るのはどういうもの?

 

話が逸れてきましたが、

残っていくためには条件がある。

 

開発チームがしっかりと、世代交代にも対応しつつ、複数人以上で動き続けると想定されること。

 

コレですよね。

 

オープンソースプロジェクトだから大丈夫。

じゃないんだと思うんです。

もちろん天才一人が中心となってその他の人は誰も理解できないような形で開発しているようなプロジェクトは、その人が死んだら終わりでしょう。

 

オープンソースになっていて、公開されていたら、誰もがそのコピーを作ることができるし、改善点をみんなで話し合って、新たなものに作り替えていくことができる。

それはそうだと思いますが、

人が居れば。

の話です。

 

どんなにすべてを開放していて、誰だって見れる。となっていたって、

誰も見向きもしないようなものだったら意味がありません。

一度人が完全に離れてしまったものに、再び息を吹き込むのは並大抵のことではない。

 

熾火は消えていないからこそすぐに火がつくんであって、

完全に冷えてしまったら火は付きません。

 

 

人間関係やなんだかんだあるのが人間です。

そして、どんな高尚なシステムでも、人間が作って居るんです。

 

流動性が亡くなって、新たな人が入ってこなくなってしまえば、

それがどんなに優秀で優れていても、

どんなに未来に受け渡しがしやすいような考え抜かれた設計でも、

続かない。死んでしまう。

 

 

んじゃないかなーって。

 

 

 

最近はもう色々とうまく動き始めているので言われなくなってきましたが、一時期流行っていた言葉。

 

財団が無くなろうが潰れようが、NEMは死なない。

NEMは財団ではない。

 

そんな話もありました。

それはそのとおりだと思いますが、

 

 

COREDEVELOPER、(コアデブ?コアデべ?)は、NEMであり、

また逆も然り

コアデブが駄目になったらNEMは終わる。

 

と言うのは合ってると思うのですよね。

 

まぁその中心的な開発者とその周りがどの程度どうなっているのかとかそういう話は詳しく知りませんが、

今はカタパルト以降、nem2以降の話でも、色んな人々との会話や議論もなされていて、

上手く行っているっぽいので問題は全くないんだと思いますが。

 

 

ビットコインとかモナコインとか、その他メジャー通貨も、結局はどれだけその開発に携わっている人の厚みがあり人が居て、

変わり得る余力がどれだけあるのか、が、それらが生き残っていくか行かないかの差になって来るんじゃないかなぁ。

 

 

 

ブロックチェーンは無条件で、堅牢、完璧、未来永劫残るんだ。

これは人の手を介していない、

新時代のテクノロジー、システムなんだ!

トラストレス。第三者なんて必要ない!

 

 

みたいな言葉を誤解すると、それは違うよね。と言うお話でした。

 

 

取引などをする上で、ブロックチェーンを使う上で第三者を信頼して何かを預けたりなんだり、と言うことは必要ないし、

そこに運営者などが絡む必要も全くない、ていうか運営者とか中心人物は居ない

と言うブロックチェーンの仕組みは、

 

そのシステムを運営、というのは語弊があるけれども、

システムが正常に動くように保守管理改善改革をしていく人々が全く居なくたって動いていくんだ。

 

では無くて、そういうシステムの開発者の人々がちゃんと居て、しっかりと開発を継続しているからこそ、信頼できるものとなり得る

んだよなぁ。

 

 

と思ってみたりしました。

 


  • 伝統墨守。今あるものを守り続けていくことこそが、続いていく秘訣。
  • 改革なんて必要ない。今まで変わらずにやってこれたんだ。
  • 新しい思考なんて伝統を破壊するものだ。

じゃなくて、

 

常に不断の改革の努力をし続けて、それでも変わらず残っていくものこそが、残すべき価値のあるものなんですよ。きっと。

 

 

作って終わり。とか

今のままで充分だから無駄なことしないで、もう放っておけばいい。とか。

そういうの絶対駄目。

 

 

メンテナンスフリー

なんてあり得ない。

 

 

すべての仕組みにおいて最良は、日々毎日、ちょっとずつ、見て触って、整理する。

毎日やることがあるような、そんな仕組み。

 

それが自然に出来るのは長続きする。そう思う。

 

 

人がいてこその仕組みなんですよ。

ほんと。人が居る。って、とてつもなく重要なこと。


nemlogおすすめ記事の紹介♪

この記事で使っている装飾方法が知りたい方は以下から選んでみてね!

その他装飾方法は【マニュアル】カテゴリもご覧あれ。

 

ここ数日で良いなと思った記事を選んでみました。

 

私が選ぶ最近のオススメ連載記事

 

オススメnem雑学記事

 

オススメのタグ 

 

 

以上もお暇があれば見てみてね!


今日のNEMcolor

ゴミ箱の袋とオムツの袋と抱っこスリングで良い感じ。

畳の色はオレンジとして使えるんじゃないかと最近思ってきていたり。

身近なものから何でもNEMカラーを発見しよう!

【NEMCOLOR運動】実施中です。

 

結構ありますよ。

橙色水色黄緑色

が使われているもの。

 

みなさんも、見つけたら写真に撮って【NEMcolor】のタグを付けて投稿してみませんか?

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
やそ
2019-05-05 15:04:36ID:113587

>>ちょこたろ先生(農民垢)::さん
モナもnemもみんな生き残ってほしいですよねー!
是非是非紹介してくださいまし

ちょこたろ先生(農民垢)
2019-05-03 09:51:17ID:112775

おお、僕が書き損じていたことを書いてくれてて嬉しい!

たしかにブロックチェーンは理屈上、保守なしでも生き残るはずなんですが、セキュリティ的にもコミュニティ的にも人がいなかったら死にますよね。

ただ、セキュリティ的にもコミュニティ的にも一度死んだコインが蘇った例もあります。
(ZENZOなどがいい例ではないでしょうか)

種火が消えることがないという意味で、ブロックチェーンは意外と「しぶとい」「生きた」システムだと思っています。

とはいえ、コミュニティのが活発な事が一番良いのは間違いないですよね😃
僕の記事からもこの記事紹介させてください~!

やそ
2019-04-29 06:43:14ID:111284

>>きなこ::さん
未来永劫続くシステムなんてあり得ないのです。
WindowsだってGoogleだって今は社会インフラになってますが、そこに100%依存して全てを預けたら、いつかは取り出せなくなるかもしれない。
銀行だってそうかも知れません。

信じれるものは何もない。
みたいな?

きなこ
2019-04-29 06:16:49ID:111279

ネムを含め、あまり最悪のシナリオを深く考えてなかったので
今回の視点は面白かったです(*´Д`)💨

NEMber who posted this article

投げNEMしてますか?溜め込んでると爆発するって何処かで聞きましたよ。

【あなたの頭の中身をぶちまけて♪】
 日々の思索、思いの丈、悩み、頭で考えてることを『雑記』カテゴリでぶちまけましょう!
吐き出したい自分の思いが溢れ出てくるようなそういう記事が私は読みたい!書きたい!
何でもいいから一緒に吐き出しましょう!
22200
0