connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

【NEM技術勉強会】アポスティーユ(その2)準備編

nem22.20xem (6) 164 1 0

前回は、アポスティーユが公証の代行システムであることについて説明しました。

 

アポスティーユで使うNEMの機能は以下の4つです。

 

・ネームスペース

・モザイク

・メッセージ

・マルチシグ

 

これらについてはNEM Technical Reference勉強会モザイクとネームスペースについての公文書に詳しく記載されていますが、アポスティーユを理解する上で重要な予備知識として以下の2点を挙げることができます。

 

・ネームスペースと、そこから派生するモザイク(カタパルトでは一体化される予定)を使って、企業や個人が「ブランド」を取得できること。

・メッセージとマルチシグによって、マルチシグアカウントをあたかも物のように譲渡したり、アップデートできること。

 

今回からは、実際のアポスティーユがどのようなことをやっているかについての解説をしていきます。


1. 準備編

 

NEMのアポスティーユは、コインではなく、アカウント(=秘密鍵)そのものを利用する点でユニークです。1 of 1のマルチシグは、一見意味が無いように見えますが、特定のマルチシグアカウントの秘密鍵を無効化して、別なアカウントによって所有できるようにします。所有するものですから、譲渡が可能です。そのアカウントに対して、モザイクやメッセージを送ることで、様々な機能を実現できます。まずは、この機能を実現するために必要な公証用アカウント(親アカウント)と、HDアカウント(子アカウント)を作るところからです。

 

1) 公証用アカウントの作成

まず、ネームスペースを持つ代表アカウントを用意するのがおすすめです。このネームスペースは企業や個人の名称のような意味を持つからです。信頼やブランドも、このネームスペースに付随することになります。

 

2) パブリックかプライベートか

パブリックアポスティーユ:ファイルから作ったハッシュ値を専用のアドレス(シンクアドレス)に送り、そこでフィンガープリントが取られ、タイムスタンプが押されます。タイムスタンプ証明がついたファイル共有用のアポスティーユです。

プライベートアポスティーユ:ファイルのハッシュ値を所有者のプライベートキーで署名します。その後、3)に示すHDアカウントに送られます。内容は一般には公開されず、更新や譲渡が可能です。また複数のアカウントで所有して、ブロックチェーン公証を作ることができます(ちょっと難しい)。

 

3) ファイル専用プライベートキー

アポスティーユではHDアカウントというものを作ります。HDはhierarchical deterministicの略ですが、GunocyさんのブログにビットコインHDウォレットの仕組みが詳しく解説されています。簡単に言うと、ひとつの秘密鍵からルールに従って大量のアドレスを生成する方法です。NEMの秘密鍵からはひとつだけNEMアドレスが生成されるので、ちょっと違和感を感じるかもしれません。

 

さて、NEMアカウント=秘密鍵ということを思い出してください。アポスティーユの場合は、まず最初の秘密鍵(アポスティーユアカウント)をファイル名から作成します。具体的にはFigure5のように、ファイル名(Document Name)をSHA-256でハッシュ化(不可逆変換)して、さらに作成者の秘密鍵で署名(簡単に言うと混ぜる)します。できあがった数列は、ファイル名と作成者の秘密鍵から作られるので、そのファイルの作成者にしか作ることができません。この数列の、最初の64バイト(256bit)をファイル専用のプライベートキー(HDプライベートキー=アポスティーユアカウント)として使います。

 


さて、いきなり難しいですね。ここでのポイントは、アポスティーユしたいファイルの「名前」を使って、そのファイル専用の秘密鍵(アポスティーユアカウント)を作ることです。ファイル名だけからなら、誰でも秘密鍵を作れてしまうので、作成者(権利者)の秘密鍵を混ぜ込んでおきます。そうすることで秘密鍵を知らない人には作り出せない、ファイルと作成者の「特別な関係」が、これで証明できます。ファイル名を使うので、同じファイル名で同じ人が作った秘密鍵はいつも同じになる点に注意です。つまりファイルがいつ作られたかとか、改変されていないかという情報は、この秘密鍵からは分かりません。

 

だんだん、アポスティーユの中身が見えてきましたね。次回は、ファイルの内容やタイムスタンプを混ぜ込んで、より公証っぽくしていきます。

 

今回も読んでくださってありがとうございます!

 

目指せ北海道

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
NEMREGI
2019-05-01 17:36:03ID:112191

アポスティーユ専用のアカウントを作る工程があるんですね。
投げNEMありがとうございます。同じアポスティーユの記事を書かれていることに気づきました。
レベルの高い記事で勉強になります。

NEMber who posted this article

趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。

nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。現在の課題は帯域不足と臨場感。仕方がないので、動画をUSBメモリに保存しています。早く5Gにならないかな。

本業は再生医療系研究者です。歯の神経にいる「歯髄(しずい)細胞」を使って、世界中の人を助けるため、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMのモザイクを使いたいと思って、NEMについて勉強中です。
22444
0

Why don't you read following articles?