connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

暗号通貨決済とかっすれす【GW宿題】

nem20.50xem (3) 243 4 0

 

難しいことはわかんないですが……。

天気が微妙で外出できない時間もあるため、参加させていただきます。

また、好き勝手書くので、ちょっとアレな部分もあるかもしれないです。

長くなってしまいました。

 

テーマとしては、【暗号通貨決済とキャッシュレス決済の違いについて述べよ】とのことです。

 

キャッシュレス決済の違いというよりも、暗号通貨決済がキャッシュレス決済を超えるためには何が必要か? を列挙する形になってしまったかもしれません。

※一部、暗号通貨に対する不満もあるかもしれません。

 

すみません、テーマに合ってない場合はご指摘ください。

 

 

目次

 

 

 

そもそもキャッシュレス決済ってなんなの?

 

ファーストペンギンごとく飛びついているわけでもないので、おそらく他の方が既に触れていることかもしれないですが……。

 

そもそもキャッシュレスってなんなの? 日常的に使っているけどさぁ。

 

僕が大好きコトバンクさんがいうには、

 

キャッシュレス[外部リンク]

 

現金ではなく、小切手口座振替クレジットカードなどを利用して支払いや受け取りを行うこと。

 

決済[外部リンク]

 

(スル)代金や証券・商品、または売買差金の受け渡しによって、売買取引を終了すること。

 

おわかりいただけただろうか?

 

キャッシュレス決済は簡単に言えば「現ナマ」を使用しないで売買取引を終えること、という理解でいいのかな?

 

とすると、「あれれー? おかしいなー? 暗号通貨とキャッシュレスって同じじゃないの? どっちも現ナマじゃないよー?」とかいう輩もいるかもしれないです。が、そんな話をしていても何も始まらないので、暗号通貨決済はBTC,ETH,NEM等を使用した決済、キャッシュレスはフィアットを使用した決済ということにしておきます。フィアットって車じゃねえぞ。

難しいことは僕にはわかんないですが、ここではそういうことにしておきます。

 

キャッシュレス決済の種類について

 

ぱっと思いつくもので、

 

  • Suica等の非接触型ICカードによる決済
  • QRコード決済(paypay、楽天PAY等)
  • クレジットカード(デビットカード)
  • 銀行振込
  • 小切手(使ったことない)

 

そんなものがあります。

明確な定義は知らないですが、商品券、図書カード、クオカード、そういったものも含まれるでしょうか。ジェフグルメカードとか。

 

そういえばうちにはパナソニックのお店限定で使える商品券とかあります。

金券ショップに聞いたらめっちゃ買い叩かれる、でもパナソニックのお店で買うのもなぁ。nemstoreに出品するとか? ルールとか知らないけど。ヤフオクに出せって言われそうだ。

 

脱線しました。

 

とりあえずそんな、「ニポンエンで、いくらいくらダヨー」ってものを、「現金以外で」支払いを行う、それがキャッシュレス決済です。

たぶん、プリペイドも含まれると思います。

子どもが小さいときにくれた「肩たたき券」を保管しておいて、子どもが大人になって、てもみんとかに就職してからその券を使用した場合、それもある意味キャッシュレス決済でしょうか。

 

暗号通貨決済について

 

暗号通貨決済については、そのまま、暗号通貨を使用して物品を購入することかな、と思います。

キャッシュレス決済で述べた決済手段とは違い、これといった支払い方式の種類はないと考えています。

あるとしたら以下の2種類ぐらい。

 

  • フィアットでの価格を対象の暗号通貨に換算した支払い
  • 暗号通貨自体で価格設定をした支払い

 

フィアットでの~~はBTCあたりならどこぞの取引所とかがやってるとは思いますが、

10万円の製品を購入する際に、決済時の10万円分BTCによる支払いをする、というものです。

暗号通貨自体で~~はそのまま、1000XEMが売値で、1000XEM支払う、といったものですね。

 

現状はその2通りかな、と思います。

 

キャッシュレス決済のほうが楽だよねぇ

 

前置きだけでクソ長くなってしまったかもしれないですが、ここまでは前置きです。

 

暗号通貨決済とキャッシュレス決済の違い、なんて端的に言えば別に、

・「電子化した現金」と「電子化した謎のデータ」のどちらで払うか?

程度かな、という認識です。

LCNEMみたいなペグされているものはどっちかわからないですが。

 

「キャッシュレス決済」というものが便利か、というと非常に便利です。

ライフスタイルによるとはいえ、それだけで生活ができるものね。

 

現状、暗号通貨がいくらあっても、のどが渇いたときにミネラルウォーター1本買えぬ。……近くにビックカメラがあったら買えるのかな。そうでなければ、公園の水飲み場にでもいくしかない。

 

先に言っておくけれど

 

ここから暗号通貨決済の問題点を書きます。決済、というテーマとは違うかも? その場合は言ってください、アレなんでタグは解除するかもしれないです。

 

あ、先に言っておきますが、僕はNEMが好きですからね。

ただ、あまりクリプトについて詳しくはないので、これから書くことに、「それ、間違っているよ」「それ、できる通貨あるよ」っていうこともあるかもしれない。ごめんね。

 

でも「間違っている」はともかくとして、「それ、できる通貨あるよ」っていうのは「それ自体、おかしくねぇ?」と思う。フィアットで言ったら「日本円」ではできるけど「米ドル」ではできない、ってことになるよね。経済圏の差以外で、「これは日本円」「これは米ドル」「これは豪ドル」とか、普段の生活で使い分ける時点で不満の塊になるじゃんか。ああ、現状のキャッシュレス決済ですね。

 

[問題1]対フィアットでの価格が安定しない

 

フィアットに対するペイメントの場合、100円のものを買うのに、何XEM必要なの? っていうのがわからない。客もそうだし、店側もそう。

もちろん、4時間の平均とかで近似を割り出すといったことはできたりするけれど、額の変動が大きい時点でリスクが伴っている。

 

スーパーとかでさ、魚一尾100円! いつもより安い! 15XEMくらいかな!? ってなったあと、レジに持っていくまでにNEMの価格変動で20XEM必要になったとしたら「なんでじゃーい!」ってなる。僕はね。

納得はしているが、そこにはリスクがありすぎる。

 

客からすると、「レジに行くまでの間の時間に」価格変動があった場合のリスクを請け負う必要が発生したりする。これは嫌だよね。

 

店からすると、「100円のものは100円で売らなければ利益が出ない」可能性があるわけで、魚一尾15XEMって価格設定にしてしまった場合、NEMの価格が暴落した際には、その分の損失を受け止めなければならない。

 

どちらにしてもリスクがあり、どちらもリスクなんて負いたくない。

 

ではその間にリスクマネジメントのクッションとして決済を「ペイメントを行うサービスの会社」が代行したとしよう。

魚一尾100円、または15XEM。XEMで購入した場合、NEMはペイメント会社に入り、ペイメント会社は100円をスーパーに支払うのだ。

 

客もスーパーも意図した金額で売買が成立し、にっこにこにーって状態になる。

ように見える?

 

実際は決済代行を行った会社がリスクを請け負う形になるし、その会社ももちろん営利団体である。

魚一尾15XEMで買えるわけではなく、そこに手数料が上乗せされる。決済代行の会社からすると、もちろん安全マージンを抑えておく必要もある。

マージンや利益がどれだけかにもよるが、魚一尾16.5XEM。

これは1割上乗せと考えた場合だけど、ストップ高ストップ安なんて考えもないし、どの程度が安全マージンとなるかはわからない。

 

これではXEM払いが完全に損となってしまう。

また、これでは現金と平準化されない二重価格となってしまう。

(とはいえ、二重価格が問題か、そもそもXEM払いの金額を現金での二重価格と同じと考えていいのか、ということもあると思うけれど、残念ながら僕は知りません)

 

その二重価格をできる限り回避する方法について、

・現金払いの価格も同様に10%上げ底する

・XEM払いを行った分だけ、店側からフィアットでの補填を受け付ける

(そうすることで、現金:XEMの使用比率が1:1と仮定した場合、XEM払い、現金払い両方の価格に5%の上乗せで済む)

ペイメントサービスを行う会社がどうやって中間マージンを得るかにもよると思いますが、そんな形を取ることも可能かと思います。

 

※「なんだよ、暗号通貨決済導入することで価格があがるのかよ」といっても、クレジットカード等、他決済でも同じリスクはあります。あくまでも「マージンの比率」および、「価値の安定性」が、問題だと想像しています。

 

さらに、これでは足りない理由はもちろん、ほかにも速度問題があります。

 

[問題2]決済速度が安定しない(遅い)

 

お前に足りないものは、それは!
情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもォォォオオオオッ!!
速さが足りない!!

ストレイト・クーガー氏もそう言っているが、so、早さが足りない。

 

コインチェックちゃんが言うには、BTCの送金処理はだいたい10分らしい。

ビットコイン(BTC)の送金時間はどのくらい早い?[外部リンク]

 

なんなら、10分あればお湯を沸かしてカップ麺を食べきるぐらいまである。ごめん、それにはちょっと短いかもしれないが、そんなレベルと言いたかった。

 

僕みたいな無学おじさんからすると、怖いのよ。

支払いをしてから、それが決済として確定されるまで10分あるっていうのは、その間すげーそわそわしちゃうレベルの時間差なの。

たまにある、クレジットカードの支払いがセンターに届くまで時間がかかって、クレジットの支払い一覧になかなか載らない場合とかね。この間もあったけど、飲み会で使ったクレジットカードの支払いに何があったのか、2,3日遅れてから掲載された。その間でドキドキするというのに。

取引所からウォレットに送金した際も、届かないとドキドキする。緊張しすぎて、嫌な想像しすぎて、腹を下す。それぐらいの時間が10分には詰まっている。本当にうんざり。

速度の速い、ライトニングネットワークとか開発しているらしいけれども……。

 

nemlogなので、NEMの速度にも触れるけど、毎秒2件の処理が可能な現状のNEM。現実性が近づいてきたカタパルトというファンタジーはまだ置いておき、毎秒2件というのはとても心もとない。

とはいえ、現状の一日の処理数からすると十分な量のようだけれど。

いざ必要となった際に、急にあげられるわけでもないので、まぁ、カタパルトはよ、という話にもなる。

 

で、毎秒2件とした場合、

60*60*24=86,400(1日の秒数)

86,400*2=172,800(1日の総トランザクション数)

まで処理可能となる。

 

実際は既に稼働しているサービスのトランザクションが発生しているので、ここまでの枠はない、ということになる。

(希望通り)実需が増えていけば、「最低限消費されるトランザクション」が増加し、「消費量があいまいなトランザクション」の枠は狭まっていく、ということになる。

 

現状の消費トランザクション数は別として、ペイメントサービスの会社が安全マージン、利幅、なんでもいいけど、取得したとしよう。

 

そう、1日、最大172,800件までなのである。

 

例えば僕は平日、毎日コンビニを利用する。そこで買うのはペットボトル1本。100円から160円程度、平均したとして130円。1XEM=7円と仮定したら、18.5XEM程度である。

先ほどの手数料1割を上乗せされた場合、日本円として13円がペイメントサービスに入る。2,246,400円。319,680XEM。

果たしてこれは大きいのか、小さいのか。どう思いますでしょうか?

 

個人の給料としてはもちろん、大きいです。1日だからね。

 

365*2,246,400=819,936,000

 

1年で8億といったら大きく感じるでしょうか? どうでしょうか?

 

まぁこれはフルで考えた場合の話だからね。

事業の規模としては、これに収まるようにやるんでしょう。やるので、あれば。

それに上記のはあくまでも「ペットボトル1本だけを買うおじさんがたくさんいたら」って仮定だからね。実際はたぶんもう少し、あれもこれもと買う人が多いだろうとすると金額は伸びるよね。

 

ただしこれはボトルネックがない場合の話である。

他サービスをボトルネックと呼ぶのも憚られるが、一日の処理限界がある時点で、リソースの食い合いが始まる。処理限界を迎えた時点でどうなるのかは知らないけれど、限界を超えた分はおそらく、次の処理へとスタックされるのかしら?

他サービスが1日の処理能力の50%を消費する場合、上記ペイメントで手に入るのは4億とかになる。

他者サービスにより、利益が圧迫され、かつ、システム上より良くすることもできない。

(秒間トランザクション数を改善する以外処理能力を上げる方法はないが、ペイメントサービス会社からは手出しできない)

NEMのネットワーク利用が増えるごとに、ペイメントサービスは頭を抱えることになる。普及をするごとに、首が締まっていく可能性もあるのだ。

(1回の決済額があがることにより、利益確保はできる可能性もある……?)

 

他にも、こんな考え方もできるかもしれない。

 

日本国内で消費されるペットボトルの本数は何本?[外部リンク]

 

乱暴な例で悪いが、

 

1日に約6,400万本

 

のペットボトルが消費されている、となっている。

 

仮にこの中で半分がXEM決済を使用、かつ、ペットボトルおじさん(ただし、1日2本買う)となったとしても、

(つまり、1/4)

 

16,000,000(発生トランザクション)

     172,800(1日の許容トランザクション)

 

あー、なんだよ、俺のクラフトボスはいつになったら飲めんの!?

93日後ぐらい? あー、買わんよ、買わねぇよ! そんなの!

 

これはペットボトルの例だからね。

 

僕が好きな松屋で考える。

 

松屋 月次報告[外部リンク]

 

2019/3の店舗数は958店らしい。すげーな、もうすぐ1000店か。

 

さて、店舗を維持できる売り上げがいくらかわからないけれど、1店舗当たり、1日300人が来店すると仮定しよう。

さらには客単価は500円とし、1日の売り上げが15万程度とする。数字にはあんまり自信がありません。

 

1日300人来店、決済も300回、つまり……

 

287,400(発生トランザクション)

172,800(1日の許容トランザクション)

 

なんだよ、俺の牛めし出てくるの明日かよ! となる。

まぁこれがペットボトルおじさんと同じく、牛めしおじさん(1/4がXEM払い)と考えると

 

 71,850(発生トランザクション)

172,800(1日の許容トランザクション)

 

となる。だいぶ現実的な感じがでてきた? ごめん、でてこねーな。

 

XRPなら早いって? よくわかんないんだけど、そもそもあれってブロックチェーンを利用したシステムなの?

オープンにしたmijinとかそういうオチはないよね?

 

マイクロすぎるマイクロペイメントは現状、現実的でない。と思う。

 

[問題3]送金が怖い

 

コンビニとかさー、飲食店とかさー、そういうコマゴマしたところでの用途なんか、知ったことないのよ。

NEMはシャレオツなバーで、あでやかなカクテルをNEM払いで、そしてあの子に「今夜はNEMらせないぜ」

 

っていう話であれば、まぁいいんだけど。いや、いいのか? まぁよくわかりません。

 

送金が怖いっていうのは、まんじゅう怖い的な話ではなく、普通に怖いのだ。

 

nemlogはソーシャルキーを設定することで相手のアドレスに送金してくれる。この一連の作業がとてつもなく気楽で、愛おしい。

 

対して銀行で振りこみするとしようか。僕が彼女の記事が気に入ったとする。チップを払おうとする。

「へい、カノジョー、銀行口座、教えてよぉー」

この時点で相当気持ち悪い。

よしんば銀行口座を教えてもらったとして、なんとかダイレクトとかいう銀行のネットシステムから口座情報を入力して送金とかなんとかしたりする。すげーめんどくさい。パスワードとか忘れて、一定回数ミスってロックされたことあるしな。本当に、面倒。しかもまぁまぁ手数料取られたりする。

 

でもそれも悪いことばかりではないです。

これが送金問題なのですが、基本的に銀行口座は「身元が保証されている」のです。これ、誰の口座? というのが特定されているのですね。

また、送金をミスったときにGOXなんてこともなく、組み戻しといったことも可能です。過去、利用したことはありませんが。送金に安心感を持たせる、という意味ではアリでしょうか。

速度の問題等はあるにしても、面倒な手順を踏む銀行振込において、1分1秒を争うことは少ないです。

 

何か物品やサービスの購入等で振り込みを行う場合、ミスったとしても組み戻しも可能であり、銀行口座という情報を交換でもらっているということがあります。

 

しかし暗号通貨はそうはならない。アドレスが分かっているだけ、それがどこの誰のアドレスかなんて保証もありません。

今後はそういったものを保証するサービスのようなものが必要になるのかもしれませんが、マネタイズできない限りはそういった形はならないでしょう。たぶん、先に法整備が先でしょうか?

また、送金先を間違ったときに組み戻しなんてありません。

ミスったことがないので想像ですが、ZaifにNEMを送金したとき、「メッセージを忘れたりしてGOXした!」って場合、連絡したらなんとかしてくれるんですよね? あれはたぶん、送金ログとアドレスを参照して「ああ、これはこの人の口座だな」って特定しているんじゃないでしょうか? 違ったらごめんなさい。

アドレスを間違えたらそこまでなのではないでしょうか? 存在しないアドレスならセーフかもしれないですが、存在したアドレスだった場合はそのままおさらばなのかな? さようなら。

 

Zaifにウォレットから送った場合も、「早くトランザクションの表示にでてくれろー」とドキドキして過ごします。ミスったらどうなるの? 自己責任ってやつかな? 怖いですね。

 

[問題4]匿名性

 

特に書くこともないのですが匿名性です。そのまま。

このウォレットから何かを購入、送金しました。

というのが誰でも見ることができてしまいます。

 

だからといって別にどうこうはないんですが。僕は知られて困るようなこともないし。

 

ただほら、例えばDMMがXEM決済受け付けたとして、

 

僕のウォレット → DMM

 

っていうのがみんなから見られたら、絶対、

「うわ、アイツ昨日AV買ったぞ!」

とか言われても嫌ですしね。

いやいや、ほら、かんこれだから。かんこれ。って毎度言うの面倒ですし。

 

まぁあの、エロ本を買うのときに、カモフラージュとして別の本も一緒に買うっていうのと似てる。

そんなノスタルジックを味わえるかもしれませんね?

なんでもいいけど、物理の本とか数学の本とかそういうのと一緒に買ってたりする人がいると、なんかそういう凄いマニアックな人に見えるよね。

 

これはたぶん、その仲介を行う企業がでるんでしょう。たぶん。

 

今も暗号通貨を送金→別の通貨のアドレスに返還後の通貨が贈られる、っていうものがありましたよね?

暗号通貨決済が普及したならば、おそらくそういった企業が増えるのでしょう。

 

A君のアドレス → X社のアドレス1

X社のアドレス2 → B君のアドレス

 

みたいな。

アドレス1と2が別ものであれば、A→Bを追うのは多少、難しくなります。

 

[問題5]総発行数

 

NEMは(一応)すでに全ての枚数が発行されている。ロックアップでもないけれど、動いていないものも結構あるらしい。まぁ仕方ないね。

 

NEMはそのシステムの維持のため、実際の総発行数よりも流動可能な通貨量は減っている。俗にいえばSNが存在するだけ、確実に減っている。

一応それだけ希少価値が増えている。増えているのか……?

 

たまにウォレットのキーを紛失したとかで強制ロックアップした、といった話を見たりしました。それによって価値が上がる、という声も見たこともある。しかし僕はそれに懐疑的です。

 

GOXで価格が上がる! なんて話半分に「こいつ、煽ってんなー」ぐらい。

 

確かに流通可能な量が100から80に減少した時点で希少性は上がります。

しかし、乱暴に言えば100が50になったところで価値が倍になるでしょうか。単純にはそうはならないでしょうが、結局そこには「それを欲しがっている」という事実が必要になります。つまり、需要ですね。

 

例えば、東京ディズニーランドのパスポート発行量に上限を設けたとします。1日、2000枚とか。

でも入場者希望者は2000人以上存在する。そこに欲しがる倍率……なんていうんだろう、オッズか? 違うな。

まぁ入場希望者が4000人いるとする。倍率二倍。こういってはなんだけれど、その時点でそのチケットは2倍の価値がある。半分の人に、いきわたらないからね。実際は金額の問題になるから、単純に2倍でなく、競争率からもっと高い金額になったりもするだろう。

 

それが東京ディズニーランドのパスポートじゃなくて、モンスターコレクションのジャングルサーペントがここに2000枚あったとする。

 

え、モンスターコレクションを知らないって? ジャングルサーペントがいらないって?

 

じゃあこれ、2000枚あろうと価値はゼロだな。

 

何が言いたいかというと、「枚数の多寡」なんて実際どうでもいいんじゃないかな、と想像しています。

1円1コイン的な暗号通貨でなければもちろん価格に枚数は考慮されるものなのかもしれないですが、それよりもまず「多くの人が欲しがる」状態が必要で、それによる価格の引き上げが大事。つまり、実需ですね。そんなこと、今更言われることでもないかと思いますけれども。

 

また、すべての枚数が既に発行済みで、ある程度の取引等に使用されている。かつ、ウォレットは失われる可能性がある。

 

そう考えると、どうせ何もしなくても枚数は減っていくわけです。現時点で、すでに秘密鍵やアドレスが不明となったウォレットはどれぐらいあって、そこに取り残された暗号通貨はどれぐらいあるのでしょうか?

 

そう考えると、実は100あった総枚数が、実需が沢山発生した際には20枚しかないかもしれない。

実需での価格UP+総枚数の減少で、実に数倍、価値が上乗せされている! なんて喜ぶ人がいるかもしれませんが、でもこれ、普通に考えたら、「まともに使える枚数なんてねーじゃんか」とも言えます。暗号通貨によっては徐々に増えていくものもあるようですが、そういったものがない限り失われ続けるのは確実で、減った時にどうするんでしょうね。再発行するような感じで、アップデートで対応するのかしら? それも、どうなの?

※NEMのカタパルト実装時にもどうなるのかな? という思いもなくはないです。つまり、カタパルト実装後、実需を見据えたとしても、すでに総発行枚数が不明な状態となる、的な。

※手動でNEMをカタパルト後のものに変換可能な期間を設け、(総枚数 - 変換された枚数)がファンダにプールとか、SNの報酬に回されるとか、そういう方式がないと減る一方なんでないかな。きっと、頭のいい人が考えてくれているんでしょう。

※価格上昇により、SNをバラして売却する人が増えるから、市場流通量の確保は緩やかである、というのはたぶん、気のせい。

 

[問題6]入手経路

 

その通り、入手経路。

ただでさえ取引所がアレなことが多く、面倒である。

JRがなんか実験とかしてたような気がするので、もう少しなんとかならないでしょうか。

 

法律の問題でしょうね。技術的には何とかなるんでしょう。

 

[問題7]数字が細かくてよくわかんない

 

暗号通貨の桁って細かすぎない?

どこもかしこも0.00000......みたいな桁があって、もう1satoshiとかわかんないし。ゼロ何個なの?

パンピーからしたらBTCの話してる時に~サトシとかいきなり言われても、わかんない。

ポケモンマスター目指してるやつが何人分とかいう話なの? 3キャシャーンとかと同じ単位なのかな? わかんないか。

 

マイクロペイメント(本来の、凄い小さな支払いという意味で)に対応するためってことなのかしら?

でもたぶん、特にNEMのようなモザイク発行が容易な通貨では、そんなこと気にしなくていいと思うんだ。

 

別にBTCのように、小数点を持つ理由なんて必要ないんじゃない? システム的にそうせざるを得ないのかな? bit数か? わからないんですけれども。

 

0.000001がNEMの最小単位とするのであれば、最小単位を1としてすべきだと考えています。

総発行枚数を8,999,999,999,000,000としてしまうべき。正味、じゃないと僕みたいな下民にはさんすうができない。

1XEM=100円になったら、それ以上小さい金額を出せないじゃないか! とか手数料の設定が! というのであれば、別に適当に桁を調節してみればいいじゃないですかね。

最小単位は0.01ぐらいでもいいんじゃないかと思うんです。別にね、もっと小さい支払いが必要だったら、モザイクで作ればいいんじゃないでしょうか? 1XEM=1000枚でペグされたモザイクとか作れるように将来に期待して、とか。mXEMとかって名前にでもしておいて。

そうしたらmXEMで支払えば、XEMよりも細かい単位の決済ができる。あ、妄想ですね。

 

暗号通貨決済の可能性

 

暗号通貨決済の可能性があるかといわれると、現状、「何かしらのブレークスルーがあれば」といったところでしょうか?

速度、利便性、立場、価格の扱い、法律等、色々な壁が立ちはだかっていると思います。

 

そういったものをキャッシュレス決済は解消している。既存の延長だからね。

 

でも否定的なことばかり言っていても、じゃあなんでnemlogに書いているんだよ、ということもあるかと思います。

(色々なものが許されれば)こういう決済方法が可能性としてできるんじゃないか? ということを考えてみました。

特にNEMね。というよりmijinなのか?

 

[可能性1]各社ポイント・チャージ金額の代替

 

別にデータベースで現在やってるから、どうでもいいんじゃない? はい、そうですね。

 

詳しいシステムは知らないんですが、プライベートチェーンを使用するmijinでしょうか?

できるかどうかは知らないので、夢半分に。まぁあくまでも可能性、ということで。

 

A社というある会社がポイントシステムをプライベートチェーンで用意。そこにモザイクを発行し、それをポイント代わりとする。

提携したB社もそのプライベートチェーンに参加する。独自にモザイクを発行してもいいし、A社と同じモザイクを使用するでもいい。

 

分かりやすいものとしては、Tポイントでしょうか? あれをプライベートチェーンに乗せて、処理を実行する。

カタパルトちゃんがきたら速度はなんとかなるんだよね? なんとかしてよ、本当に。

 

それで何がいいか? というと、あんまりメリットはない。DBでいいじゃん、おっしゃる通りです。でも、ほかにも活用方法はありますね?

 

現実の例になりますが、

そのプライベートチェーンにTポイント、ponta、楽天ポイントが組み込まれ、それぞれTモザイク、Pモザイク、Rモザイクが発行されたとしましょう。

それをそれぞれTポイント、ponta、楽天ポイントとして使用するだけであれば、現状と大して差はありません。

ただし、参加している各社が自由にモザイクを発行できると仮定した場合、さらにここに、

Tマネー、ポンタチャージ、楽天チャージと引き換えに発行されたモザイクを発生し、記録することができるかもしれません。

ポイントも、フィアットに裏付けされたチャージ金額もすべてまぜこぜで保持することができます。

 

また、そのまま同一レイヤーで保持していることによって、例えばTポイントとponta、pontaと楽天ポイントといったポイントエクスチェンジを容易に行うことができます。

(各ポイント自体が経済圏へ引き込むための方法なので、そもそもエクスチェンジが容易であるということは迎合してないとは思うけれど)

 

同様に、例えば上記のプライベートチェーンにSuicaを持つJRが参入したとしましょう。

Suicaのチャージとその他ポイントや電子マネーのエクスチェンジが容易になるかもしれません。さらには、Yahooショッピングで楽天ポイントを使用する、逆もまたしかり、ということもあるかもしれません。

どこぞの経済圏に組み込まれるわけではなく、ある意味現在の経済圏からの解放でしょうか。

 

まぁないな、と思っていますが、可能性の話です。

 

[可能性2]銀行業の代替

 

可能性1の時点で予想がついたかと思います。あれ、なんだと思いますか? 

 

項目に抜き出してしまっていますが、つまり銀行業の代替ができます。メガは難しいかもしれませんが、特に地銀ぐらいなら駆逐できるかもしれませんね?

銀行業を開く上では大変なルールがあるかとは想像していますが、システムとしては非常に簡易に成立ができると思いませんか? プライベートチェーンのデータと、銀行のDB、一体何が違うのでしょうか? ちょっと僕にはよくわかりません。

 

問題点で振れた送金ミスによる組み戻しもうまくシステムで対応できる可能性が高くなるかなぁと思います。

 

[可能性3]出資に対するリターン

 

Zaifのアイツ(COMSA)が日本で苦しい時点で、まぁ厳しいのですが。

 

2017年のZaif取引所でのチャットで「ZaifトークンはZaifの株式みたいなもんだ!」と謳っている人がいました。

なにいってんだ、どこまでいってもZaifトークンはZaifトークンだ。

 

さて、COMSAが苦しんでいるので、現状日本では無理だとは思いますが、未来の、将来の形の話です。

 

僕、飲食店をやる。あなた、出資する。僕、その分、食わせる。

 

株式でやるのは色々大変かと思います。また、下手なことをすると出資金とか、難しい話がありますよね。はいじゃあ、どうしましょうか? NEMとモザイクを使いましょう。そんな可能性もあります。

 

僕がラーメン屋をやるとしましょう。家系が好きなので家系を。でも極貧サラリーマンなので、開業資金なんてない。

 

はて、じゃあどうしようか?

 

どっかのイベントで(フリマとか)ラーメン屋をやるよ!

 

 

旨かったらこれ見てよ(ウェブサイト)

 

 

本当は開業したいんだ、でも、お金がないんだ。

NEMで出資してくれたら僕のラーメントークンをお返しであげるよ。

ラーメン屋を開いたら、NEM決済に対応するし、ラーメントークン10個でラーメンと交換するよ。

 

そんな未来がきたら、素敵だと思います。

円だけでなく、ラーメントークンのような経済圏がそれぞれの手元にある、それはあんまり悪くない話かと思います。そしてこれはたぶん、暗号通貨決済でしかできない部分かと思います。

 

フリマでのラーメン屋で暗号通貨決済を導入してもいいと思います。

決済に対して、自動的にラーメントークンを送るとか、メッセージで開業したいウェブサイトのアドレスを送るとか、そういったことも可能かな?

 

いやいや、詐欺じゃないの? こいつ信用できないよ? というのであれば、そうだな……。

こういうのはどうでしょうか。

 

特定商取引法? でウェブサイトに掲示が必要そうなことを、画像等に保存してオープンアポスティーユとかなんなりを使用して証明する。

という感じでもありかと思います。

むしろ証明を行う会社が発生してもいいですよね。Web魚拓みたいな。オープンアポスティーユとファイルの保管により、そのアドレスをだれが保持しているかを保証する企業。認知度が高まればマネタイズもできそう。帝国データバンク? 的な? ね?

※オープンアポスティーユとかよくわかっていません。言いたいだけです。かせいさんの記事で存在を知ったぐらい。

 

個人がラーメン店を出す、という話でなくてもいいと思うんです。

大手の飲食店がどこどこに店を出そうか、どうしようか? と考えているとします。そのための資金をネットで公募する。

地元のお客さんになりえる人たちが、気になっていたら送金する。バックとしてトークンをもらう。

こうすることで、大手企業も飲食店のない駅前のようなところに、出店するチャンスをうかがうことができる。

必要な出資額が集まっているのであれば、開店資金が賄っているわけですし、出資額が集まらなければ、そもそも需要がないのだ、と取ることもできる。出店判断の一助になりますよね。

また、出資した、という事実も、戻ってきたトークンもブロックチェーンに掲載されていることが保証になります。

出資からトークン受領までの流れが、オープンなブロックチェーンに刻まれていることから、その状態も確認可能となります。

 

[可能性4]速度対策

 

mijinちゃんが頑張るしかない。

 

カタパルト後、プライベートチェーンの秒間トランザクションが4000とか5000とかいわれているんですよね? パブリックはそれよりも遅いとか。

別にいいじゃないですか。

全世界でいったら知らないですが、日本国内でいったら4000件、あれば十分じゃないじゃないですか?

 

日本国内決済用プライベートチェーン、米国国内決済用プライベートチェーン1、2、……とかって分けていけばいいんですよ。必要ならチェーンを増やせばいいんです。

プライベートからプライベートに何か必要があれば、パブリックを踏み台にしていく、トンネルみたいなものを用意してやればいいんじゃないですかね。

そうしたら、遅いなんて言わせないじゃないですか。パブリックが遅くて使えねえ! っていうのなら、プライベートにすればいいんですよ、たぶん、金を出して。

 

できるよね? mijin知らないけど。

 

暗号通貨決済が生き残る道

 

暗号通貨を決済として使用するための問題点、その問題点を解決するために期待することを記述しました。

 

暗号通貨決済が生き残る道は、正直言ってかなり厳しいとは思います。

振り回される要素、改善すべき点が多すぎる、といったところでしょうか。

 

難しいのは通常のキャッシュレス決済とは違い、「システム全体の変更を要する」という点が大きいかなと思います。

システムというのはアプリケーションに関する話だけではなく、法律や人の意識、既存の金の流れ等、全てに関連しているのではないかな、と。

 

ただ金額をどうこうするだけでは、暗号通貨決済には光がありません。

しかし決済自体でなく、決済に伴う周りのシステム部分を置き換える方向になれば、別の道が存在するはずだと考えています。

 

キャッシュレス決済はただの「現金を電子化した」だけのものでしかないですが、暗号通貨決済に関してはそのシステム自体を書き換える可能性があると思います。

 

とはいっても、まずはキャッシュレス決済を押す

 

それで十分、となってしまう可能性もあるのですが、現状、キャッシュレス決済がもっと普及してもらう必要があります。

 

現金以外を使うことに抵抗がない。というよりも、現金を使うことに抵抗を持たせればいいんです。ディストピア化が進むと言われれば、まぁそうなんですけどね。

 

まずはキャッシュレス決済を使用し、「現金」という存在を意識しない生活を送れるようにする。

※現金をゼロにするのは無理かと想像していますが。

次に暗号通貨を使用した決済を可能とする。別に暗号通貨と銘打ってなくてもよく、「あ、それNEMで作られてたの!?」 っていう程度でもいいかな、と思います。

 

ということで、みんな、キャッシュレス決済を使おうぜ!

 

以上です。

 

おまけ

 

実需実需って何度も出しているんですが、実需=価格上昇というのも正直幻だからね、という思いもなくもないです。

システムとして使われることと、暗号通貨としての価格が上がることはイコールではないですものね。なんなら、価格が上がらないほうが使いやすい、という側面まであるわけで。

なかなか難しいものですね。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
和泉
2019-05-06 11:24:44ID:113860

>>BleRoom::さん
NEMと楽しい企画、ありがとうございます!
すみません、めっちゃ長くなってしまいました。

BleRoom
2019-05-05 19:09:52ID:113639

イベント参加、しかもこんなに長文!ありがとうございます!
「電子化した現金」と「電子化した謎データ」
確かに、言い換えるとそんな感じですね。
魚屋の話、松屋の話、ラーメン屋の話…日常生活を例にあげてくださって、とってもわかりやすかったです!
感想書ききれないwww

参加賞15xem、おまけの5xemをお受け取りください(^^)

和泉
2019-05-03 19:07:16ID:112908

>>ぶっこみマン::さん

勢い余って長々と書いてしまいました。短くまとめるには、技術が足りないようです。
シャーディング、いいですねー! 技術的に、ルール的にといまいち想像がつかないですけれども。

かんこれはほぼエロゲなら、ほぼセーフですね!

ぶっこみマン
2019-05-02 20:09:04ID:112530

すげーいっぱい書いてるなー。

プライベートチェーンの乱立は中央集権化と地理的分散を考慮するとパブリックチェーンにシャーディングを導入したほうがいいと思います。
また、肌色成分の多さを考慮するとかんこれはほぼエロゲ。

NEMber who posted this article

湘南のポエマーを目指しているおじさん。

「実行力のあるやつはプレイヤーだ。実行力がないから、ポエマーなのだ」

ポケットの中の少ないNEMと共に、未来を見つめたいと思っています。
22456
0

Why don't you read following articles?