connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

nemlog報告隊 : 姿は似せ難く、意は似せ易し

nem10.25xem (2) 246 18 0

ちきゅうのこの記事

https://nemlog.nem.social/blog/19635

 

それを受けてオーウェン氏がこんな記事を書かれております。

https://nemlog.nem.social/blog/21677

 

 

ポイ捨てはなぜいけないのか?

 

ポイ捨てに限らず、社交辞令や礼儀作法というものも含めたマナー全般について、因果関係や機能的な側面に注目した合目的性の観点からの考察をよく目にします。

 

ある望ましい結果をもたらすからこそその行いや習慣は意味あるものである。

 

このように考えた場合、その結果をもたらさないのであればそのマナーの存在価値は無いものと見做されるでしょう。

 

確かに、発生の段階で明確に特定の結果をもたらすために設けられたマナーであるならば、その機能が失われたり、あるいは結果がその時代において最早良い性質を持たないものとなった際に無意味であると見られても仕方がないかもしれませんね。

 

しかし、それがマナーに対する唯一の価値尺度なのでしょうか?

 

本居宣長の言に「姿は似せ難く、意は似せ易し。」というものがあります。

恐縮ながら宣長の書をそのまま読めるほど私は古典に精通しておりませんので小林秀雄による引用を経由して知ったのですが、とはいえ彼の宣長像は大変素直で、歪曲が少ないように感じます。

 

ある言葉について、意味よりも言葉そのものの姿の方が似せるのが困難であるという主張。

 

一般的には逆ですね。

 

「言葉は楽に模倣できるけれども、その意味を真に理解するのは難しい。」

 

私もそう思いがちなきらいがございます。

 

さて、道具としての言葉に注目した場合、言語表現というのは意味よりも真似ることが容易い。

意味をよく知らずともマニフェストだのコンプライアンスだの、ペラペラと横文字を並べてカッコ付けることは可能です。

横文字でなくとも、古の歌や賢人の名言であってもそうですね。

 

しかし、表現という目的のための道具である記号としての言葉とそれが示す意味という関係性の先に、「姿としての言葉」が別に存在しているのかもしれません。

 

その言葉というのは最早言わんとしている意味を示すための記号などではなく、それ自体が因果や機能と切り離されてある姿として自立しており、我々はそれをそのまま味わう他ない。

 

そこに至っては「要するにこういうことを言いたいんでしょう?」というような解釈や翻訳といった作業を拒む。

 

それはただそれとしてしか存在せず、「意味」や「目的」を問うのは無駄です。

 

「それは何を意味するか?」、「何ができるのか?」、「何のためにあるのか?」といった小手先の理性的な問いをぶつけることが適当でないものはあります。

 

マナーにおいてもそれに当てはまるものがあるのではないでしょうか?

 

このマナーはただのマナーであり、ただのマナーだからこそ守るべきであるというもの。

 

これについて一絡げに思考停止だと批判するのは、全てのマナーがこれに該当すると言って思考停止するのと同じくらいよくありません。

 

はて、ポイ捨てはどうなのでしょうかね。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
物愚者
2019-05-07 21:47:17ID:114416

>>オーウェン::さん

長い時間的な流れの中で結晶化された所作は合理的意味から独立してそれ自体に美が宿るのはあると思うんです。
が、それを再現なくあらゆるマナーへと一般化するのはよろしくないという感じですよね。

自分の利益のためにと権威を傘にそれをする人もいますが、オーウェン氏が仰るように思考コストを抑えるためにやってる人もいますね。

分別を弁えて展開していた理論について過度な一般化をする者というのは、理論の権威を利用して名声や利益を得たいという者もおりますが、かたや楽をしたいからという者もおります。

その理論が示すフォーマットをそのまま現象に当てはめてやればその現象固有の具体的な性質に関する思考はいらなくなりますからね。

そう考えると、繁華街と神社という極端で表面的な対比に囚われるのもよくないのかも、とか。

オーウェン
2019-05-05 02:29:04ID:113463

>>物愚者::さん
なんとなーく、言いたいことは分かった気がす。
マナーの成り立ちにもよる、、、ってかマナーにもよる?
昔から存在してきた高尚な何かを合理性だけでは語れない。
100%合理的、非合理的であるから必要ある、無いを決めるのも危険。

だから、まー極端はいかんよっていつものやつってことね。

しかしやはり、ポイ捨て禁止ってマナーは、ざっくりそういう線引きをした方が皆の思考コストがいらない。思考停止できるというメリット。
この点においては就活スーツと同じ。思考コスト、情報量削減に寄与している。と考えられると思ったのだが。
まあ、就活スーツは合理性を考えた上でのルールなんで別物なんでしょうが。

昔から存在していたであろうマナー、ポイ捨て禁止には、そのような思考コスト削減のメリット(あるか知らんが)を考えた上で作ったマナーではないだろうが。

繁華街で捨てる氷、神社で捨てる氷
の違いはイマイチ理解していないが、
なんとなく神社の方が良くないよねって思うこと、
それ事態が歴史的建造物が高尚であるということ、、、?
繁華街ならいいのか?

これは私が感じた敷地だから捨てるのは良くない、敷地じゃないから捨てても良いに近い感覚?

物愚者
2019-05-05 00:54:58ID:113458

>>ちきゅう::さん

>記事で一番伝えたいこと

まー、いつものやつだね。
極論はやべーっていう。

物愚者
2019-05-05 00:52:41ID:113457

>>ちきゅう::さん

いっつもの癖で紹介じゃなくて持論展開になっとるから二人の意見に関する話じゃないのは許してちょ。

>決めつけカナ?
悪くいうとそうなるけど、個人的にマナーの最終形態っちゅうのはもはや合理的目的が不要になる
例えば、古来より続く祭りってのはその発祥が不明瞭になっても次世代に継承するのが義務であるように、マナーもまたそうなんじゃねーのと、ね。

で、そんなもんは決め付けだってのが
「マナーはマナーだから守れなんていうのは思考停止だ」
って批判なんだけど、それが良くない理由について。
我々がそういう批判をする時、よって立つのは理性なんだけど、そんなもので測るのがおこがましいほど存在自体に深遠な価値を持つマナーってのがあるわけです。

それを視野狭窄の矮小な理性で非合理だと批判して抹消した先にあるのは「暗い世界」だと思うのね。
何のために、何を指標にして生きるのかとか、そういう尺度が一切消え去った世界。
極端な個人主義の欠点。

で、同時に、「マナーはマナーだから守れ」っていう主張が妥当なのはあくまで長〜い歴史であるとか疑えないほどの普遍性があるマナーに限るんだ。
でも、それを無視してあらゆるマナーにその理屈を適用しようとする不届き者とかアホが現れるよね?

そうして「取るに足らないマナー」すら疑う余地がなくなると。
先に述べたような高尚なマナーが持つ深遠な価値を小手先の理性によって断罪しようとする人が世界を虚無に導くとするならば、こっちは理不尽なほどに異常な抑圧へと導くんじゃねーのかな?

だからどっちも有害だと思うんじゃよ。

ちきゅう
2019-05-05 00:32:51ID:113451

記事で一番伝えたいこと
【一般的には逆ですね。
「言葉は楽に模倣できるけれども、その意味を真に理解するのは難しい。」】

ここでOK?

ちきゅう
2019-05-05 00:29:27ID:113449

メモ
テーマ、題材
⊛ポイ捨てはマナー違反。からつなげれる

重要ワード
側面 ある望ましい結果をもたらすからこそその行いや習慣は意味あるものである。



オーエンの記事
氷は解けるから捨ててもOK、マッチもOK

それはただそれとしてしか存在せず、「意味」や「目的」を問うのは無駄です。
このマナーはただのマナーであり、ただのマナーだからこそ守るべきであるというもの

ちきゅう
2019-05-05 00:15:05ID:113438

💡閲覧者ヘルプ💡

【このマナーはただのマナーであり、ただのマナーだからこそ守るべきであるというもの。】
決めつけカナ? マナーだから守るって違和感感じたんだけど、

最後の
【これについて一絡げに思考停止だと批判するのは、全てのマナーがこれに該当すると言って思考停止するのと同じくらいよくありません。】

この一文が意味わかんない。


そして、物愚者が焦点あててるのがコメントにあるこの部分なら、

【リクルートやらマナー講師の連中がでっち上げた面接やお辞儀のマナーとか、あるいは本文中に挙げたように明確な目的が先にあって、ただただそれを達成するために作り出されたマナーと上記のような高尚なマナーを同一視するのも危険な思考停止だと思う、という。】

同一視してなくね?って思うんだよね。返答に詰まってます。

物愚者
2019-05-04 21:24:23ID:113331

>>オーウェン::さん

うーん、なんでしょうか。
私、職人技がなぜ守られないといけないのか、とか、歴史を学ぶことはなぜ大切なのか、という問いに関して、究極的に存在すること自体がその理由と答えるんです。

例えば、天皇の存在理由について、政治における合理的な目的に基づいた天皇機関説なんかがありますが、それは方便であって、もはや今の今まで存在してきたからこそこれからも存在しなければならないというのが実は最も適切なんじゃないのかなと。

そう考えると、マナーというのも最早姿として成熟しているものに関しては存在すること自体が尊ぶに値する理由にすらなりますよね。
時間と空間を超越して普遍的に通用する道徳観念であったりとか、歴史的に脈々と続いてきた作法はそれ自体が維持される理由なんじゃないですかね。

その上で、リクルートやらマナー講師の連中がでっち上げた面接やお辞儀のマナーとか、あるいは本文中に挙げたように明確な目的が先にあって、ただただそれを達成するために作り出されたマナーと上記のような高尚なマナーを同一視するのも危険な思考停止だと思う、という。

オーウェン
2019-05-04 21:13:03ID:113326

>>物愚者::さん
色々考えてたら分からなくなってきたでござる。
例え氷をポイ捨てすると言えど、人の家の庭には捨てない。場合によっては捨てるかもしれないが。
BBQ後のクーラーボックスにある氷とか。
ま~一般的には人の敷地には捨てない。
なぜ捨てないのか。なぜ遠慮しているのかわからない。
敷地とはなんぞや。
一般道やら、その辺の森やらならいいのか。

やはりポイ捨てと大きく括って全てダメなのか。
良いも悪いも人次第なのか。

思考停止こそ正義(笑)

オーウェン
2019-05-04 20:53:49ID:113317

>>物愚者::さん
ぬ。違うというのは、
こちらでは捨ててもよい、
こちらでは捨ててはよくない、
という違いがあるということですかね。
↑のような違いはないかなと思ったのだが。

そこで捨てる時、心情やら流れやら周りの目は違うでしょうが。

NEMber who posted this article

二億円なんかいらない。
22697
0

Why don't you read following articles?