connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

クレジットカード決済を置き換えるのは仮想通貨決済かQRコード系決済か?【GW宿題】

nem19.65xem (2) 305 2 0

普段はカナクボがnemlogで記事を書いたりコメントしていますが、GWということで(?)BleRoomさんのGWの宿題で出たテーマ「暗号通貨決済とキャッシュレス決済」をタノウエが書いていこうと思います。

今回は送金ではなく決済についてなので、利用者(購入)側と店舗(販売)側での観点で考え、nemlogの記事なのでNEM(XEM)は暗号通貨決済に向くのかも考えてみます。

 

利用者側

まず利用者側についてですが、暗号通貨決済の問題点として手数料を利用者側が負担しないといけないことが違いとして出てきます。
クレジットカード決済やPayPayやメルペイ等のキャッシュレス決済であれば、利用者は手数料を負担する必要はなく、逆にポイント等もらえる場合が多いため、利用するモチベーションが生まれ、普及も早いでしょう。特に最近みられるような、企業側がポイント還元率を増やす等キャンペーンを行えば、利用率も上がります。

また、クレジットカード決済であれば、お金を引き落としされるのは、取引を行った翌月のため、本来であれば取引の段階で消えていたお金が、引き落としされるまでの間銀行に預金されていれば金利も発生します。(といっても、かなり少額ですが。)

それが、暗号通貨決済になってしまうと、自分で暗号通貨送金の手数料を負担する必要が出て来てしまいます。IOTA等の送金手数料が無料の仮想通貨であれば、この問題は解決しますが、推進する企業がない分、利用するモチベーションをあげる施策も打ち出しにくいです。

利用者側の視点で考えると、暗号通貨決済の利点はあまり見えてこない気もします。

限定的ですが、例えば海外へ旅行した時の決済で暗号通貨が決済で使えると、両替もする必要がなくなるので、余計な手数料を減らすことができて、クレジットカードでスキャニングされる等のリスクも減らせることはできそうです。中国系キャッシュレス決済等のように現地の銀行口座を持っていないと、アカウントに入金できない等の制約も仮想通貨決済であれば無くなるでしょう。逆も考えると、海外の旅行者が日本に来た際も仮想通貨決済ができる場合にはその恩恵を受けられることがあるように思います。そのため、ビックカメラがBitcoin決済できるようにしているのも分かる気がします。勝手な偏見ですが中国の富裕層がBitcoinにお金を移しているのであればなおさら利用されますね。

 

店舗側

店側については、特にクレジットカード決済の置き換えとして、暗号通貨決済を導入すると受けられるメリットは大きい気がします。
暗号通貨決済を店側が利用すると入金までの時間が早まるのと、手数料が安くなることが考えられます。

決済サービスにもよりますがキャッシュレス決済では、月末締切で翌月入金される等、取引が行われてから店側に入金されるまでが遅れる場合があります。企業の規模が大きいのであれば、ある程度入金が遅れても問題ないですが、個人経営の店等では、キャシュフローが回りにくくなると、仕入れ等にも影響がありそうです。もう10年以上前の話ですが、秋葉原の九十九電機もクレジットカード決済の利用が増えた影響で黒字破綻した例もありましたね。

また、仮想通貨決済での利用は手数料も少ないのも店側の魅力でしょう。店側は普段決済額の3%〜10%を手数料としてクレジットカード会社等に支払っていますが。暗号通貨決済であれば、より少額のサービス料や自前であれば無料でも決済を行うことが可能になります。

ただ、最近のPayPay等のQRコード系キャッシュレス決済は翌日振り込み、手数料も少額を強みとしているため、こちらもクレジットカード決済を置き換えるポテンシャルを持っているように感じます。先程の利用者側のメリットでも海外からの旅行者は仮想通貨決済の方がメリットが大きいので、店側としては、日本人向けにQRコード系決済、海外からの旅行者向けに仮想通貨決済は用意していてもありかなと思います。

 

NEMは暗号通貨決済に適しているか?

暗号通貨決済のデメリットとして暗号通貨取引が確定するまでの時間の問題もありますが、NEMの取引確定までの時間は優秀なので、暗号通貨決済に適していそうです。

また、ウォレットにお金の流れができると、ハーベスティングを行っている人であれば積極的に利用するモチベーションにもつながります。そもそも、NEMの目的が「新しい経済圏をつくる」なのでそういった決済にも適しているのかもしれませんね。

ただ、現状の日本でNEMを交換できる取引所の数を考えると普及するまでは時間がかかりそうです。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
やってみよう
2019-05-06 23:29:00ID:114150

ギリギリ崖の上を行くように書き上げました!
参加賞と暖かいコメントをありがとうございます!

BleRoom
2019-05-06 23:12:51ID:114138

ギリギリチョップですが…イベント参加ありがとうございます!
店舗側と利用者側と、わかりやすく説明されていて読みやすかったです。海外、NEM経済圏、このへんがポイントとなりそうですね。

参加賞15xem、おまけの5xemをお受け取りください(^^)

NEMber who posted this article

「やってみよう」は、プログラマであるタノウエと、数学を勉強しているカナクボが、共同で管理しているアカウントです。
勉強をして身に付けた NEM の知識や数学の話題を、随時投稿していく予定です。
22933
0

Why don't you read following articles?