connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

ベトナム、ハノイ旅行記1

nem4.45xem (3) 155 4 0

これは始めたハノイに来た旅行記です。

推敲など全くしていないので読みにくいかと思いますが興味のある方は是非どうぞ。

 

2019年5月8日:出発そしてベトナムへ
この日は5時45分に起床。
素早くチェックアウトをして成田駅へ。
朝早い便の時は成田宿泊も悪くないかもしれない。
べとジェットエアーのブースはFという他の航空会社とは離れた位置にある。
流石は新興LCCだ。
既にこの時点で異国感がある。
ブースに行くと既に幾人かの乗客がチェックインを待っていた。
どうやらチェックインはまだのようだ。
その中に4人、若いお姉ちゃんの集団がいた。
全員股ぐらギリギリのミニスカートを履いている。
日本で水商売をして帰国するところなのだろうか。

しかし帰国ならわざわざそんな恰好をする必要もないはず。

ベトナムではやりのファッションなのだろうか。

謎は深まるばかりだ。
しばらく待っているとチェックインが始まった。
パスポートを渡すだけでチェックイン完了。
エクスペディアのeチケットを見せる必要すらなかった。
この時点で分かったのだが、エクスペディアのチケットには20kg分の預け入れ荷物も含まれていた。
チェックイン時に預け入れ分の金額を払う覚悟だったからこれは嬉しい誤算だった。
チェックイン後はセブンイレブンに行って朝ご飯と機内で食べる昼ご飯を買い、出国手続きへ。
セブンイレブンに行く前に北ゲート前を通ったのだが、その時は比較的空いていたのにセブンイレブンから帰って南ゲートを見たら長蛇の列が。
1時間くらい待ちそうな勢いだったから北ゲートもそうなってしまったのかと半ば諦めつつ通りかかった警備のお姉ちゃんに北ゲートも混んでますかと聞いたらめっちゃ空いてますよと。
聞いてみて良かった。
北ゲートは確かに空いていて、5分程度でセキュリティチェックを通過できた。
出国審査はハイテクになっていてパスポートのICチップを読んで顔写真を撮るだけ。
全てが自動化で出国スタンプすら押す必要はない。
しかし折角だから記念に出国スタンプを押してもらった。
俺はまだまだ古い人間なのだ。
出国審査を抜けた後は腰が痛かったから薬局で湿布を購入。
この辺は東京のドラッグストアで買っておいた方が良かった、いやそもそも荷物の中に入れておくべきだった。
ともあれ全て滞りなく済んで搭乗ゲートへ。
しかしここでまたもやトラブル発生。
ノートPCが成田空港のフリーWi-Fiに繋がらない。
どうやらDNSを掴めないらしい。
理由がわからないまま搭乗時間が来てしまった。
ベトジェットの機内は国内線のLCCと同じくらいの規模。
機内サービスはすべて有料なので水も食料も持ち込んでおいた。
席についてしばらくしたら眠りについてしまい、1時間程たってから目を覚ました。
昨日の夜はなんだかんだであまりよく眠れなかったからだろうか。
航路はひたすら本州(?)の上部を通る航路だったようで、晴れていたこともあって地上の景色がよく見える。
やがて地上も雲に隠れ見えなくなっていった。

ベトナムにはほぼ定刻通り到着。
イミグレもつつがなく通過したがやはり簡単に空港を出させてはくれなかった。
日本で買ったVietnamobileのSIMカードが繋がらないのだ。
預けたスーツケースが来るまでの間に散々試したが全く繋がる様子がない。
APNの設定を見直し、間違った部分も訂正したが駄目だった。
嫌な予感がしつつ最後の手段としてモバイルWi-Fiルーターではなくスマホに差すと、案の定PINコードを入れろと。
SIMカードの業者の野郎、サイトに載っての商品じゃなくPINコードが必要なSIMを送ってきやがった!!!!
というか送られてきた時についてくるはずの日本語マニュアルが付いてこなかった時点で嫌な予感はしてた。
ともかく原因がはっきりした以上、新しくSIMカードを買わなくてはいけない。
ついでに両替も必要だったがそれは心配ご無用で空港には両替とSIM販売をする窓口が佃煮にするくらいある。
そこのSIMカードはデータ通信のみの安いのでも25万ドン、約1250円となかなかの値段だったが仕方がない。
それを差すとあっさり繋がった。
両替レートは1万ドンが208円。
下3桁を取って5をかけた値段が大体日本円の価格になる。
両替をすまし、空港の外に出た。
空港の中で既に熱帯特有のねっとりした湿度のある空気を感じていたが、外に出るとそれを更に全身で感じる。
ネットにも繋がり、落ち着いたことでようやくベトナムに来たと実感してきた。
そしてシャトルバスに乗って国内線ターミナルへ。
何故国内線ターミナルに行ったかというと、某サイトにハノイ市内行きの86路線バスは混むから始発となる国内線ターミナルから乗った方がいいと書いてあったから。
そのアドバイスは確かに正確で、国内線ターミナルから乗ったおかげでずっと座っていけた。
空港から出たベトナムの風景は南国の田園風景で、あたりには畑が広がっている。
学校では子供を迎えに来た親が子供を何人もスクーターに乗せている。
道端の法面には鶏が放し飼いされていて芝生やら虫やらをついばんでいる。
まさにベトナムだ。
やがてバスはハノイ市内に入り、あたりが喧騒に包まれてきた。
そこらじゅうでひっきりなしにクラクションが鳴っている。
交通ルールなどないかのようにバイクや車が往来を走っている。
ホテル近くのバス停で降り、そこからは歩きで向かう。
実際に足で歩いたベトナムの道路はまさにカオスだった。
原付も車も人も全員が全員お構いなしに通りを行き来している。
交差点には信号などなく、車の切れ目を縫って無理やり通るしかない。
歩道は出店や路駐が所狭しと占有していてとても歩ける状態ではない。
数年前に行った台湾以上の混乱がそこにはあった。
そしてそのカオスが生み出す活気も。
ホテルはHangBacバックパッカーズホステル。
狭いビル全体が安宿となっている。
今まで泊まったホテルの中でもトップクラスに狭く薄暗いホテルだがWi-Fiは通ってるし、バスルームも広い。
チェックインした後でしばらくハノイ市内を散歩してみた。
どの通りも同じ密度の活気とカオスが満ちている。
しばらく歩いていると同じように見える通りもこの通りは観光客向けのレストランが立ち並び、この通りはビーズなどを売っている、この通りはシャツなど被服関係の店が立ち並ぶ、というように少しずつ違っていることに気付いた。
機内でおにぎりを2個食べただけだったから空腹が限界近くに来ていたのでたまたま通りかかったところにあった屋台でベトナムブレッドを頼んだ。
3万ドン(約150円)
初めてのベトナムグルメだ。
具は卵と肉を炒めたもので、それに野菜とチリソースが添えられている。
熱くて味がしっかりしていて美味い。

 


まだ物足りなくてしばらく食べ物屋を物色していると籠を担いだ老婆が近づいてきた。
中にはドーナツのようなものが入っている。
残り少ないから買ってくれというのだろうか。
ハノイの熱気にあてられてテンションが上がっていたためについつい買ってしまう。
そのドーナツは甘くて美味しかったが脂っこく、全部は食べきれなかった。

 


しばらく歩いて疲れてきたのでホテルに戻ってシャワーを浴びた。
お湯は出ない(レセプションに言えば出してくれるらしい)が冷たいシャワーを浴びてかえってさっぱりした。
歯を磨き、ホテル屋上にあるバーに行って白人の若者グループが談笑するなかでこの記録をつける。
通りではパトカーのサイレンが鳴り響いている。
こうしてベトナムで初めての夜は過ぎていった。

と思ったが流石はベトナム、簡単には過ごさせてくれなかった。
突然ホテルが停電したのだ。
どうやらさっきのサイレンは消防車のようで、ホテルの電気系統が火を吹いたらしい。
しかしみんなよくある事だというように冷静にふるまっている。
真っ暗でやることもないので仕方なく寝ていると、電気の復旧作業をするから外に出ろと。
またもベトナムの洗礼を受けた。
外を散歩すると夜はまさにたけなわで、夜店が並ぶ通りは店とそこでベトナム料理利を突き、酒を酌み交わす海外旅行者(主に西洋系)で溢れかえっていた。

 


馴れ馴れしい客引きを無視しつつ街をそぞろ歩き、水を買ってホテルに戻ると電気が復旧していた。
ようやく眠ることができそうだ。
(PCとスマホの充電も)

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
7zoesan
2019-05-09 23:41:05ID:115298

旅行記好物です。
同郷ですね!また見させていただきます!

錬金
2019-05-09 21:59:22ID:115204

>>CHARO::さん
>>matsuno@漆黒のFiFiイベ連動企画隊員::さん
色んな意味で度肝を抜かれました(笑)
これからもレポートを送りますね。

CHARO
2019-05-08 23:59:51ID:114878

(゚∀゚)人(゚∀゚)海外旅行ナカーマ
ベトナムいいですね~
楽しみにしています。

matsuno@漆黒の
2019-05-08 23:24:55ID:114856

こんにちは!
読みやすいですね。海外は行ったことが無いのでとても興味深いです。

NEMber who posted this article

はじめまして、錬金といいます。
北海道在住です。
twitterでぼちぼち絵を描いています。(オダイロイドのお題が多め)
ネムホルダーでもありモナコインホルダーでもあり、BitZenyホルダーでもあり、リップルホルダーでもあります。
askMonaでも錬金で参加しています。
23076
0