connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

イラン旅行記【イラン1日目:テヘラン】

nem3.85xem (4) 379 7 1

こちらもどうぞ

イラン旅行記【準備編1~事前手続き~】

イラン旅行記【準備編2~持ち物とアプリ~】 ←実際行って使った感想を追記しました!!

宜しくお願い致します。

 

過去記事:イラン旅行記【①日本→中国(上海)へ】

    :イラン旅行記【②中国→ドバイへ】

 

イランの首都テヘランへ


ついにイランに来れた…

来てしまった…

ここに来てしまったら、気軽にアメリカに行けなくなってしまうな…

今更ながらにそう思った。

 

飛行機がイランに到着した途端、女性の皆さんがスカーフを頭に着け始める。

イランでは女性のヒジャブ(詳細はwikipedia参照)を付けることが義務付けられている。

本来であれば、wikipediaのように髪を全部隠さなければならないのだが、

そこまで厳しくは言われないようである

(20年ほど前は厳しかったようだ)。

 

イランの入国スタンプは押されなかった。

パスポートの入国スタンプを見て入国不可を判断するということであれば、

まだ私もアメリカに行けるのだが…どうだろうか…

 

下の画像は今回、行こうと考えている行き先である。

少し見にくいのは申し訳ない

 

先ず、①首都テヘランに降立ち

  →②飛行機でシーラーズ

  →③ヤズド

  →④エスファハーン

  →⑤テヘラン

  →ドバイ → 上海 → 日本

である。

 

因みに今日1日目以外のホテル、シーラーズ行の飛行機、

それぞれ都市の交通は全く予約していない

完全行き当たりばったりである。

 

まあ、なんとかなるだろう…

そんな能天気な人間である(笑)

 

首都テヘランには2つの空港がある

イラン最大の国際空港:エマーム・ホメイニー国際空港

国内線の空港:メヘラーバード国際空港

この2つの空港の関係性は成田と羽田のようなものと考えて頂ければ近いのかもしれない。

 

エマーム・ホメイニー国際空港すると、あらかじめホテルでお願いしておいた

お迎えの方とお会いすることができた。

ここから、ホテルまで送っていただくこととなる。

 

まず、車に乗って驚くべきはイランの交通事情であろう…

空港からホテルまでおよそ40kmほどの距離あるが、

信号は1つしか見ていないのある…

(他では多少あったが、ほぼ同じである)

ではどのようにして左折、右折するかというと

答えは非常に単純で"無理やり渡る"のである。

 

もう少し、詳しく説明すると

①ちょっとした隙間を見て車を傾ける

②無理やり車をねじ込む

③渡る

以上!!

 

因みに"横断歩道"、"歩道橋"という概念もない

モノはあるのだが、あまり意味ない。

ではどうやって渡るかというと"無理やり渡る"のである。

 

もう少し、詳しく説明すると

①ちょっとした隙間を渡りたいな~という意思を見せる

②車のスピードが弱まったの見て渡る

③ ①と②を繰り返す

以上!!

 

これに関しては実際見た方が驚くと思う。

何せこの方法で渡っているのは成人男性だけではない。

老若男女、子供連れ、果てには大きなリアカーを引いた人まで

全国民がそうなのである。

譲り合いの心と譲らない心その奇妙なバランスで成り立っている。

 

これでよく交通事故みないなとは思うが(旅行中では見てない)、

走っている車は半分くらいボコボコなので、どこかで事故は起こっているのだろう…

(錬金さんの記事ベトナム、ハノイ旅行記1によるとハノイも同じような状況らしい)

 

送迎タクシーの運ちゃんもイランの交通事情がひどいことは分かっているらしい。

思わず苦笑いしている

 

日本では間違いなく味わえないスリルを十二分に味わって、

宿泊先のFerdowsi International Hotelに到着

こちらは公式HPより

(後で知りましたが、このホテルは"地球の歩き方"のも掲載されているホテルでした

 そこで、書かれている値段の半分くらいの値段で宿泊できました。)

ホテルも部屋もきれいでした。

5000~6000円くらいでこれはなかなかだと思う

 

さあ、いざ指さし会話帳を使おうと思ったが、

英語でスムーズにチェックインできた。

 

ホテルで明日のシーラーズ行の飛行機を依頼。

(以下、日本語で書いてますが、会話は全部英語です。

 正確ではないにしろ、大体こんな感じのやり取り)

 

私「明日のシーラーズ行の飛行機便の予約をお願いできますでしょうか?」

ホテル「承知いたしました。お調べいたしますので、少々お待ちいただけますでしょうか?」

~数分後~

ホテル「明日の便ですと、11:00の便と14:00便がございます。どちらが宜しいでしょうか?」

私「11:00の便でお願いします」

私「ところで、この近くの駅からメヘラバード空港までをメトロで行くとどのくらい時間がかかりますか?」

ホテル「メトロ?」

ホテル「あ~(苦笑い)メトロで行くのはやめた方がいいわね。1本逃すと1時間くらい後になっちゃうから。」

ホテル「タクシーで行くのがベストだと思うわ」

私「(え、ここまで来るのにあんなスリリングやのにタクシーの方が良いやと…?)」

私「分かりました。では、明日はタクシーで行きますので、手配はお願いできますか?」

ホテル「もちろん構いません。では明日、改めてお声かけください。」

ホテル「因みにホテルから空港までのタクシー代金の目安は800,000~1,000,000リアルよ」

 

通貨の桁に関しては後の記事で詳しく書くとして、

なんとまあ、公共交通機関よりもタクシーをお勧めされるとは思わなかった。

交通状態あんなんですよ?大丈夫ですかね?

 

この日は早めに寝て飛行機でテヘランからシーラーズへ

因みにタクシー代は500,000リアルでした。

 

PS. ホテルからメヘラバード空港に行くまでにようやく信号を1つ確認謎に感動(笑)

 

次の日へ続く

イラン旅行記【イラン2日目:シーラーズ】

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
CHARO
2019-05-12 23:44:53ID:116276

>>仮想ユートピア::さん
ありそうですね(笑)
というか交通ルールとかあるんだろうか、
って感じですね(笑)

あと、ごめんなさい一連の記事は当時の日記を書き写しているので、
現在進行形で旅行しているわけではないのです
紛らわしくてすみませんm(_ _)m

仮想ユートピア
2019-05-12 17:00:29ID:116116

タイでは、交通事故とか違反も「袖の下」で何とでもなる!
と、10年程現地で暮らしてた親父から聞いた事ありますが
やはり、イランでもそんな感じなのでしょうか?

お気をつけて旅を続けて下さい

CHARO
2019-05-11 10:29:17ID:115783

>>matsuno@漆黒のFiFiイベ連動企画隊員::さん
自分も交通事故がどうなってるかは気になります。
こと交通に関してだけ言えば、イランの方が忙しない気がします。
のんびりしてると行きたい方向に行けません(笑)

matsuno
2019-05-11 08:38:16ID:115758

交通事故はどうなのか気になりますね。
日本が逆にせかせかしすぎなのかも。

CHARO
2019-05-10 13:23:11ID:115507

>>えっさん(囚われの身)🐾nemlogツアーコンダクター&コメンテーター🐾::さん
最後までこの桁に慣れませんでした(笑)

えっさん🐾ネムツアの人
2019-05-10 12:40:49ID:115493

お金の単価が٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
これで日本帰ってきたらどれも安くかんじそう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

NEMber who posted this article

仮想通貨が普及した面白い未来を見たい
ネムログサイエンス同好会の会員
ネムログ写真部も兼部
23120
0

Why don't you read following articles?