connecting...
Google translation for articles :
8 NEMBER donated to you!!

100均から始めるジオラマ作り〜演出編〜

nem12.40xem (8) 254 6 1

ジオラマ作りに夢中になっていたらビットコインが高騰していて驚きました。こんにちは。

まぁビットコイン持ってないのですけどね。

 

 

今回は飾りたいフィギュアありきでそのフィギュアの魅力を引き立てる目的でジオラマを作っていきました。

 

今回のジオラマの主役はこちら。

 

モンスターハンターシリーズに登場する鋼龍クシャルダオラです。

 

 

このクシャルダオラというモンスターは主に寒冷地に出現する古龍なので、今回のジオラマは雪原に立つクシャルダオラを演出していこうと思います。

 

 

次に100均で購入してきたジオラマの材料の紹介を。

 

 

まず台座になるジオラマケース。ダイソーで買いました。ダイソーは100均ショップなのに300円しました。

このサイズでないと、クシャルダオラが収まらないので、むしろ300円でクシャルダオラが収まるケースが買えた事は良かったと思います。

 

 

写真の通り超ギリギリの大きさです(本当はケースに収まらなかったので、フィギュアに付属する台座に差し込む為の足の裏にある突起を切除してます)

 

次に土台を雪原にする為の材料がこちら。

 

 

地面を紙粘土で作って、その上に重曹を使います。

重曹を使って雪を表現するのは、ジオラマ制作の中ではメジャーな方法な様で、他にも石膏を使って雪を表現する手法もあるようです。

 

雪の粒を大きく表現したいなら重曹、ガンプラ等の設定では大きなスケールの物のジオラマでは、雪の粒は小さくないとスケールが合わないので、その時は石膏と使い分ける様です。

 

 

ではさっそく雪原を作っていきます。

 

 

まずは紙粘土を土台の上に盛り付けていきます。

 

 

この時に紙粘土が乾かない内に、フィギュアを紙粘土に押し付けてクシャルダオラの立つ位置を決めておきます。理由は後ほど。

 

 

 

紙粘土が乾いてきたらこの上に重曹を使って雪を表現します。

 

 

 

重曹を振りかけただけでは紙粘土の土台から剥がれてしまうので、木工用ボンドを使います。

 

 

 

コップに入れた水の中に木工用ボンドを流し込んで水溶きボンドを作成。その中に重曹をたっぷり入れてペーストの様にします。

 

この水溶きボンドと重曹の混合物を土台の上に塗りつけていきます。

 

 

 

重曹を塗っていく途中で、一度クシャルダオラを設置し、足元には多めに重曹を盛り付ける事で、クシャルダオラの重さで雪原の中に足が沈んでいる表現を演出します。

 

これで乾燥させて水分が飛べば雪原は完成です。

 

 

しかしこれではあまりにも殺風景。今回は演出に力を入れたジオラマなので、ここからが本番です。

 

 

クシャルダオラは風翔龍という異名も持つモンスターで、戦闘では風を操り竜巻を引き起こして、プレイヤーに対して攻撃してきます。

 

そこで今回は、竜巻をジオラマで表現してみたいと思います。

 

 

とは言っても、ジオラマで竜巻の作り方などいくら調べても出てこなかったので、これは完成自己流です。

 

 

ジオラマでは煙の表現に綿を使うのですが、そこで私は閃きました。

 

「煙=綿をねじって渦状にすれば竜巻に見えるんじゃないかな?」

 

 

という訳で物は試し。まず綿を用意します。

 

 

これをハサミで切って適当な大きさのものを用意します。

 

 

次に買ってから全く使う機会が無かった針金を適当な長さに切ります。

 

 

L字にしているのは、紙粘土の地面に食い込ませて竜巻を自立させる為です。

 

この針金を先程切った綿の中に通して、綿を絞る様にして針金の金属部分が目立たない様にします。

 

 

綿をねじった針金を更に切り取った綿の中に通します。

そして針金入りの綿を渦状に捻ります。

 

 

そうして出来上がったのがこちら。

 

 

どうでしょうか?綿が渦を巻いているようには見えないでしょうか?

 

 

これを台座の上に差し込んでいきます。

 

 

 

どうでしょう?地面の上に差し込むと、竜巻のようには見えないでしょうか。

 

最初にクシャルダオラの位置を中央に目安をつけていたのは、雪を足元に盛り付ける事の他に、クシャルダオラに干渉しない位置で竜巻を両脇に配置したかったからです。

 

 

更に、雪原の上で強い竜巻が発生すれば、雪が竜巻に持ち上げられると思ったので、先程の重曹を綿にも塗りつけていきます。

 

綿の接地部分には気持ち多めに重曹を塗って、雪が竜巻に持ち上げられ始めている様子を演出し、綿の上部には雪の塊が竜巻で粉々に粉砕されている様子を演出する為に、少しだけ重曹を塗って、重曹が乾燥したら指で重曹の塊を粉々に砕きました。

 

 

 

 

 

こうして完成したのがこちら。

 

 

 

どうでしょうか?雪のおかげで綿に動きが出来て、竜巻が渦巻いている様には見えないでしょうか?

 

 

側面からの写真。

フィギュアの足と尻尾が雪に埋もれて、クシャルダオラの重さを演出出来てると思います。

 

 

別側面からの写真。

針金を綿の中に入れて綿を自立させているのですが、どこに針金があるのか見えないと思います。

 

 

 

背面からの写真。渦の方向に重曹の塊が浮かび上がって、上層に行くほど塊が粉々になっているのが分かるでしょうか。

これで竜巻と雪の動きを表現したつもりです。

 

 

ちなみに重曹を塗る前と後では、これくらい雪原っぽさが変わります。

 

 

右側が重曹を塗った場所。左側がまだ塗ってない場所です。

 

 

最後に、今回は私にとって新しい事へのチャレンジが多いジオラマとなりました。

竜巻は勿論のこと、雪原を作るのも初めてでした。

 

そうして100均製品のみで新しいジオラマ作りに挑戦していると、ある種のハッタリという物がこうした創作物には必要なのかと思いました。

 

そのハッタリこそが、創作物の価値を生み出すものでで、素材の値段が創作物の優劣を決めるとは限らない。そんな事を考えてます。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
神楽レナ
2019-05-13 17:31:06ID:116445

>>のーんのん::さん
ありがとうございます。
私も仕事が決まって忙しくなったら、ジオラマ作りに時間を裂けなくなるかなぁと思いつつも、
仕事が決まればジオラマの素材を100均で買い集めるのも苦にならなくなるだろうなぁ。という二つの感情の板挟みになってます。

のーんのん
2019-05-13 17:26:29ID:116440

かっけーっす(^^♪
いつもやりたいと思いつつ忙しさを理由にฅ:(´◦ω◦`ฅ):カタカタ

神楽レナ
2019-05-12 21:58:22ID:116219

>>ソラネコ@眠りの檻 ニェムカ::さん
ありがとうございます。
クシャルは見てる分には大好きで、狩るのは面倒なので勘弁なモンスターです。私の中でも。

ソラネコ@眠りの檻 ニェムカ
2019-05-12 20:04:18ID:116140

クシャムカつくけど大好きぃ!(元F民)
雪原クシャ様カッコ良いですぞーฅ(=・ω・=)ฅニャー

神楽レナ
2019-05-12 18:45:26ID:116130

>>ほなねむ::さん
ありがとうございますうぇーい。
フィギュアの元々の格好良さを、更に引き出す様なジオラマができたかなと思ってます。

NEMber who posted this article

はじめまして。nemについては知らない事だらけ。でも新しい世界に足を踏み込みたくてnemlogにやってきました。
趣味は骨の髄までポケモンマニア。後はアイロンビーズやジオラマなんかも作ってます。
暗号通貨はモナコインホルダーでもあります。nemはTwitterで投げてもらったものから知りました。
*オーダーメイドのアイロンビーズ製作は多忙につき終了させていただきました。
23339
0

Why don't you read following articles?