connecting...
Google translation for articles :
8 NEMBER donated to you!!

責任取れんのか

nem36.25xem (8) 187 8 0

不登校の小学生Youtuberについて話題になっていたけれども、基本的に行きたくないなら学校行かなくてもいいんじゃんと思ってます。

 

不登校児というのが何%くらいいるものなのか知らないけども、まあ多数派ではないでしょう。

全体に対して数パーセントとか、そういう少数であれば、いわゆる「普通」のルートから外れた人間が入り込んで生きていけるだけの「隙間」がある社会のほうが健全だと思うし、そうありたい。

 

 

「嫌なことはやらなくていい」「好きなことで生きていけばいい」と言うと、すぐに「そんなこと言って責任取れるのか」という反論をする人がいるけれど、責任なんか取れるわけがないじゃないか(笑)

 

逆に聞きたいのは、もしあの子が行きたくない学校に行って、入りたくない無難な会社に入って、やりたくない仕事を定年までつつがなく続けて、死ぬ間際になって「俺の人生、つまらなかったなー」と思ったとしたら、あなたは責任が取れるんでしょうか?

 

これこそ取り返しがつかない。

好きなことで生きようとして食っていけない方が、まだ他人が責任を取ってやれる可能性がありますよ。お金をあげればいいんだから。

 

 

 

ついにトヨタさえも「終身雇用やめたいわー」と言い始めた今、無難な選択肢が無難ではなくなりつつあって、まあそういう意味でも「責任取れるのか」という問いは、無難に学校に通うことを推す大人たちにこそ向けられるべきものになりつつあるような気がします。

 

 

田中拓道「就活ルールと日本型資本主義」によれば、資本主義と人材育成のスタイルは、大きく下記の2種類に分けられるそうです。

 

自由主義市場経済(LME)

  • アメリカ・イギリス型
  • 企業は株式市場で資金調達。短期的な成果を重視
  • 労働市場が流動的
  • 教育と、様々な企業での経験を通してスキル取得
  • イノベーションが得意。金融・ITに強い

 

調整的市場経済(CME)

  • ヨーロッパ・日本型
  • 企業は銀行で資金調達。長期的な成長重視
  • 長期雇用
  • OJTで専門的な技能取得
  • 労働者の技能が高く、製造業に強い

 

従来はそれぞれの良さがあってうまく回ってました。

しかしグローバル化、多国籍企業による世界市場の飲み込みが進行するにつれて、米英側の企業倫理が日本にも浸透します。

本当は、労働者の教育と長期雇用は「企業の役割」だったはずなのに、経団連が音を上げてしまったのです。

 

動きの速いビジネスの世界はこのように米英型にシフトしつつありますが、教育の世界ではまだ変化が追いついていません。
「雇用」から距離の遠い小学校などはなおさらでしょう。

こんな時代にあって、小学校に通うことに違和感を感じるのはなかば当然のような気もします。

 

 

 

後半の参考文献は

2019.3.1『学士会会報 第935号』田中拓道「就活ルールと日本型資本主義」

 

以前やそさんが紹介されてて気になったので会員になってみたのですが、なかなか面白いですよ。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber

2019-05-24 00:37:34ID:119743

うん、まぁ、カタイこと言う人はnemに手を出さないと思うし、ここに書き込まないと思うので、みんな人に迷惑をかけない範囲で好きにしたらいいと思いマス。自分も好き勝手してるし。
今楽しくて幸せだけど、1xem=1000円くらいになったらもっと幸せになれそうなんだけどなー。

珈琲ねむりや
2019-05-15 19:30:33ID:117080

>>オーウェン::さん
ベ ー シ ッ ク イ ン カ ム は よ

オーウェン
2019-05-15 19:07:47ID:117075

非常によく分かる。
人生、楽しい幸せな方がいいのはみんなに共通しているはず。
なのに自分の意思に反したような人生を送る人が多いような気がする。
無難、みんなに合わせたような人生を送るのが結局幸せなんじゃないかと思っているのか。

まあ、パラレルワールドじゃないんで結局どっちがよかったかなんてわかんないんですがね(^^;
だからこそ思うように生きたいわけだが、どうもそう簡単にはいかない。

ベ ー シ ッ ク イ ン カ ム は よ

珈琲ねむりや
2019-05-15 13:15:32ID:117018

>>うぇんじにあ::さん
僕は軟弱者なのでイバラの道は歩きたくないので、はやくベーシックインカムがほしいです(笑)

思うに米英型資本主義も、彼らは自分たちで道を切り開いているのではなくて、それしか教えられてないからそうやってるんじゃないかと思ったり。
今まではトヨタのような大企業が学校作って働き方や生き方を教えてきましたが、その役割が徐々に小規模事業者やスタートアップに分散されていくんじゃないかと思っていて、そうなると義務教育を終えた子たちは一斉に進学や就職をするのではなく、SNS等でそれぞれが繋がった企業のところへ、それぞれのタイミングで弟子入りするような形にシフトしていくと思います。
すなわち「テンプレに従って集団と集団がつながる社会」から、「それぞれの形で個と個がつながる社会」へと転換が起こるのです。すると、我々の脳みそもピアツーピアの世界観を自然と受け入れるようになり、それを支えるインフラたるnemがmoonするのです(笑)

うぇんじにあ
2019-05-15 09:27:04ID:116968

義務教育→いい高校→いい大学→大企業のテンプレートルートばかりが正解とは限らなくなっていますよね〜〜

自由主義経済だと、自分の頭で考えて自分の道を切り開いていく感じのイメージなので、この方が本人にとっては長期的に幸せそうなイメージを持ちます

調整的市場経済の方よりも茨の道ですけど、それを面白いと感じられる人には合っていそうですね!

珈琲ねむりや
2019-05-14 22:37:48ID:116811

>>ぷろんと::さん
僕は学校では割とうまくやれてて大学も出て上場企業に就職したあげくに嫌になって辞めてるので、どうせレールから外れるならもっと早く外れれば良かったなーと思ってるところもあるし、10代のうちにやりたいことを見つけたり手に職をつけたり出来てる人がすごく羨ましいんですよねー。

>>やそ::さん
会報いいですよね! 実に良いことを教えてもらいました。

「責任」とか言って人を辞めさせたがる風潮はほんと良くないですよ。
アフリカのコーヒー農園の暮らしについての本を読んだことがあるんですが、現地の部族では罪に対する償いについての考え方もかなり違うみたいです。ちょっと記事にしてみようかな。

やそ
2019-05-14 21:47:09ID:116798

会報面白いですよね!
そう言ってくれる人が周りに居なかったので、そう言っていただいてとても嬉しいです!

小中学校に子どもが通うのは別に義務ではないんだから好きにしたらいいのにねー。と思ったりします。
てか、責任責任。って言いますけれども責任とはなんぞや??といつも思ってしまいます。その人が死んだり謝ったり辞めたりしたところで何も解決しないのに。

ぷろんと
2019-05-14 21:40:28ID:116796

不登校も多様性の一種だと思ってたのですが、思ってた以上に否定する人多くてびっくりしました。
自分は学生時代に不登校だったのですが当時親や周りの友達から否定されることが多くて、流石にもうこの時代なら否定する人はいないだろうと思いきや、結局何も変わってなくてがっかりでしたね。
今の教育システムだとどうしても合わない子が出てくるのは必然なので、レールから外れても暖かく見守ってくれる社会がいつかできればいいなと思いました。

NEMber who posted this article

xem決済で自家焙煎コーヒー豆売ってます。nemlogでは主に古事記と飯テロ記事を書いてます。クリプト歴ヲタ同好会員。
23471
0