connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

nemlog報告隊「マナーと仕掛学」

nem14.61xem (5) 144 11 1

本日ご紹介する記事はエスカレーターのマナーについての記事です。

エスカレーターのマナーとして左右のどちらかを開けて立つことが暗黙の了解になっていますが、そもそもそんなルールはなく、むしろエスカレーターを歩くこと自体が危険ではないのか、どうすれば並んで立つことができるのかといった記事です。こちらの記事からどういった仕掛け(ナッジ)が有効かを考えてみました。

 

紹介したい記事

記事投稿日時:5月7日

タイトル:マナー・忖度・暗黙の了解

記事作成者:オーウェンさん

本日のご紹介記事

エスカレーターのマナーと仕掛学

 

エスカレーターにおける片側空け(片側歩行)が初めて出現したのは、第2次世界大戦時の英国・ロンドンの地下鉄だと言われています。当時の英国は戦時体制下。社会全体で効率性の向上が求められていた時期で、その施策の一環でした。

日本で片側空けが始まったのは1967年頃、大阪・阪急電鉄の梅田駅が最初で、その後、1980年代後半から90年代に掛けて東京などでも同様の現象が見られるようになりました。

大阪はルール自体の輸入で始まり、東京は自然発生的な始まりでしたので左右の開ける場所が変わったと言われています。

(車の通行方向によるらしい)

とりあえず、片側開けのルールは効率性や生産性を重んじる先進国においては世界的な標準だともいえます。

しかしながら急ぐ必要のない箇所、例えばデパートやショッピングセンター、観光地などでは片側開けは必要なく、むしろ子供やお年寄りも多いため、やはり危険が多いとも思います。

最近では効率性よりも安全性やゆとりも重要視されてきており、両側ルールに戻そうというような声も多くなっているようです。

ルールとしてどちらが正しいのか、二元論で論じるのはとても難しい問題だと思いますが、私としては場所や状況によって使いわけるのが良いのではないかと思います。

ただし、ルールを明確に決めてしまうと覚えるのも大変ですし、管理も大変になってしまいますので、ちょっとだけ「背中を押してあげる」ナッジを利用して、行動に影響を与えるのがよいのではないかと思っています。

そこで「仕掛学」の利用を考えてみました。

 

仕掛学とは

 

大阪大学大学院経済学研究科教授、松村真宏の著書「仕掛学」は仕掛(ナッジ)によって行動を変える仕組みが事例とともに紹介されています。

有名なのはゴミの不法投棄を減らすために鳥居を設置したのや、男子トイレの飛び散り防止のためのシールや足跡などがありますよね。

あんまり、立て看板や張り紙などでルールや禁止を強調しても効果が薄いばかりか、やはりスマートではないし、お互いにあまりいい気持ちはしませんよね。

こうしたちょっとした仕掛けによってお互いに気持ちよくマナーやルールを守れるのであれば、それはとってもスマートだと思うのです。

仕掛学の定義として松村は「公平性」「誘引性」「目的の二重性」を挙げます。

その中でも私は最後の「目的の二重性」が大切だと考えます。

マナーやルールを守るという目的且つ守る側が楽しめることですね。

今回のエスカレーターのマナーについて例えば片側を開けないのであれば、トイレのように足跡をプリントしたりするのがすぐに思い浮かびます。あとは立って動かないでいることでステップ全体がトリックアートのように絵が浮かぶようになるなども面白いかと思います。エスカレーターでは手すりを掴むのもマナーですが掴みたくなるような絵(現金とか笑)を手すりにプリントするのもいいですね。

ルールやマナーは大切ですが、それを注意したり、怒ったりするのはエネルギーコストに見合った効果は期待できません。エコでローエネルギーな仕掛学がもっと世の中に浸透すれば、環境にも人にも少しだけ優しい世の中になのではないでしょうか。

そんなことの考えた、今回の記事のご紹介でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
7zoesan
2019-05-15 12:43:30ID:117001

>>きなこ::さん
色々探してみてください!

7zoesan
2019-05-15 12:43:06ID:117000

>>えっさん(囚われの身)🐾nemlogツアーコンダクター&コメンテーター🐾::さん
そんな仕掛けあれば投げちゃう!もう仕掛けられてる!?

きなこ
2019-05-15 10:17:45ID:116975

仕掛学か💡!(^^)!
心理学を応用した感じかな❔
これ、実生活でしらずしらずのうちに
行動に影響させられてるかも(笑)
意識して周りを見るようにしてみます👀

7zoesan
2019-05-15 07:47:14ID:116929

>>やそ::さん
それを隠しつつ行動を変えてあげる取り組みがいいと思ってます。

7zoesan
2019-05-15 07:46:42ID:116928

>>オーウェン::さん
そうですね、慣れてしまうとどうかという問題もありますね。
マナーというのは難しいですね。

7zoesan
2019-05-15 07:44:03ID:116926

>>YUTO::さん
それが可能ですからね、世の中から注意書きの看板がなくなるのが理想です。

やそ
2019-05-15 06:09:06ID:116916

ルールを守らせることが目的になっては良くないですもんね。

オーウェン
2019-05-14 22:51:07ID:116826

デパートでは急ぐ必要も無いから、詰まっていたら両側を使うというのは妥当ですし、
急ぐ可能性がある場所は片側を開けておくというのも、まあ妥当ですね。
本来は駅で急ぐのも危ないのですが、そうも言ってられない時もあるかもしれませんし。。。

しかし、どちらか(デパート or 駅)の方が日常的に多く行くという方、
例えばデパートには日常的に行くが、駅にはほぼ行かないという方は、
駅でもデパート同様に二列で乗ってしまい急いでる方に邪魔だと言われるかもしれませんね。
わざわざ線引きするのもめんどくさいから、どちらでも片側に乗るのが共通になっているのかもしれないと思うことも。

ナッジで自然的にコントロールできるのであればそれが良いと思うが、やってみたら意外と従わなかったりすることもありそう(^^;

NEMber who posted this article

北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。
これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、
日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。
NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!!

ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。
23487
0

Why don't you read following articles?