connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

イラン旅行記【イラン4日目:ペルセポリス&ヤズド】

nem3.04xem (3) 139 7 0

 

こちらもどうぞ

イラン旅行記【準備編1~事前手続き~】

イラン旅行記【準備編2~持ち物とアプリ~】 ←実際行って使った感想を追記しました!!

宜しくお願い致します。

 

過去記事:イラン旅行記【①日本→中国(上海)へ】

    :イラン旅行記【②中国→ドバイへ】

    :イラン旅行記【イラン1日目:テヘラン】

          :イラン旅行記【イラン2日目:シーラーズ】

            :イラン旅行記【イラン3日目:シーラーズ】

 

ペルセポリスへ!!


さて、この日はシーラーズからヤズド目指すわけですが、

その道中は見逃せない観光スポットで溢れております。

その最大の見どころがこの"ペルセポリス"

かつてペルシャの首都であり、とにかく広大な宮殿の跡地である。

 

アレクサンドロス大王がペルシャに攻め込んだ際、徹底的に破壊され、

跡地にはなっているが、跡地を見るだけでも壮大さに感動するだろうと思う。

 

ここでは入る際にガイドをつけるか聞かれる。

70分500,000リアル(4ドル程度)だったため、ガイドをお願いした。

英語であるため、100%の理解はできないかもしれないが、あった方がわかりやすいと思う。

なお、途中でVR眼鏡の貸し出しており、装着すると当時の風景が再現されて見えるらしいのだが、私は貸し出ししませんでした。

写真をいくつかあげたものの、こちらについては自分の目でみないと実感できないと思います。

スケールのデカさがすごいです。

イラン旅行にいくときは必ずいくべきポイントであると思います。

 

下の写真はシーラーズからヤズドに向った際に寄ったところです。

 

 

ヤズド到着!!


ということで数々の名所を辿った後、ヤズドという町に到着したわけですが、

この"ヤズド"というところについて説明します。

ヤズドはイランという国でもかなり異色の町で、古い歴史(3000年ほど)を持っています。

また、イランはイスラム教の国ではありますが、ここヤズドは"ゾロアスター教(リンク先wikipedia)"の中心地でもあり、

今でもその跡は残っております(現在でもヤズドには教徒がいるようです。)

 

そんなヤズドですが、小さく、ほのぼのとした町であるためか、リラックスできました。

「もし老後、イランに住むとしたらどこ?」って聞かれたら「ヤズド」って答えるかもしれません。

 

ただし、バイクがうるっさい(笑)

田舎ヤンキーは世界共通らしい。

 

とはいえ、こちらに絡んでくるわけではないので、治安は良いです。

夜遅くでも子供が走り回ってます。

 

イランは青が綺麗です。

 

ヤズドのレストラン


外国のレストランで食事をするというのは存外難しい。

食品の写真は基本的にないし、文章ですらペルシャ語表記で読めない。

英語表記があるものもあるが、それでも料理の内容がわかることはあまりない。

(料理に何が使われているのかという表記があるものはそこそこあった。宗教的な配慮だろうか?)

これまでは屋台のディスプレイを指さして「これください」で済ましたこともあったが、

折角なので、レストランでイラン料理をいただくことにした。

 

イランの家庭ではテーブルで食事するのではなく、

絨毯の上にテーブルクロスのようなものを敷いて、

その上に料理を載せて食べるのが一般的なようだ。

 

このレストランでも一部そうなっている個室があり、

そこで食事をした。

 

周りを見渡すと個室内で寝ている人もチラホラいました。

うん…そりゃ寝たくもなるよね…

 

旅行で食事が合わないと大変だと聞いたが、イラン料理は美味しく感じた。

 

ふぅ折角だから、レストランの写真撮っておこう…

頼んでもないのに店員さんがポーズ取ってくれました(笑)

思わず爆笑

ノリいいなー

 

この日はヤズドに宿泊し、次の日にゾロアスターの名所を巡りつつイスファハーンへ

次の日 → イラン旅行記【イラン5日目:ヤズドからイスファハーン】

 

PS.

ここでは簡単にシーラーズからヤズドまでタクシーで行ったとはいったものの、

単純な距離でも450kmほどの距離がある。(寄り道しているので、実際はもっとかかっていると思う)

長距離のドライブだけでなく、ヤズドでのホテル探しもしてしてくれたハッサンさんには感謝である。

 

次の日はハッサンさんが「次の日どうする?良ければ俺が格安でツアーするけど?」って言ってくれたので、

そのプランに乗っかりました。

スマホの着信がなぜか日本の任侠ものっぽい音楽で、ちょっとぶっきらぼうなところがあるいい人でした。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
煮るバナナ
2019-05-18 15:29:04ID:118055

いいなぁイラン。参考にしま

CHARO
2019-05-17 19:25:06ID:117764

>>mizinco::さん
いい感じの街並みでした。
このモスクは町の象徴のようなとこでしたね。

mizinco
2019-05-17 16:01:30ID:117743

いい町並みですねー
青がホントキレイで風情があります!

CHARO
2019-05-17 15:50:54ID:117738

>>7zoesan::さん

カメラを向けたらポーズ取ってくれました(笑)
イランの方々は全般的に、カメラ大好きみたいです。

CHARO
2019-05-17 15:46:16ID:117732

>>目指せ北海道::さん
そうですね
観光スポットの情報はガイドに載ってても、
現地がどんな所かは行ってみないとわかりませんからね。
バザール(商店街)も他と比べて穏やかな雰囲気でした。

7zoesan
2019-05-17 12:53:03ID:117714

ヤズドいいところっぽいですね。
歴史的建造物もいいですね!
レストランの写真かわいかったです!

目指せ北海道
2019-05-17 10:28:44ID:117690

写真を見ただけで、ヤズドがいいところだってわかります。旅のレポートありがとうございます。

NEMber who posted this article

仮想通貨が普及した面白い未来を見たい
ネムログサイエンス同好会の会員
ネムログ写真部も兼部
23534
0

Why don't you read following articles?

5.1 XEM
157 9 3

2.05 XEM
99 1 0


9.8 XEM
215 6 0

4 XEM
241 12 0

1.85 XEM
279 8 0

5.5 XEM
175 5 1