connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

とりとめのない話そのさん、エネルギーの流動性は上がるか?

nem10.15xem (3) 182 3 1

ジョジョの奇妙な冒険、第五部と第七部が推しなんですが展開に驚きなんか一つもないのにアニメが面白いです。

すげーやデイヴィット。

 

地球で利用される全てのエネルギーの起源は地球か太陽、つまり回転か波紋だったんだよ!!

とかいってたら何言ってんだこいつっていわれるだろうなぁ。

今回のお題はエネルギーです。前にもちょろっと書いたので重複するところはあるかも。

まぁ気にしないでください。

さっくり読める記事にしたいので途中ぶったぎるかも。

 

再生可能エネルギーの導入コストはどんどん下がっている

 

とりあえず前提として押さえておかなきゃいけない知識として、再生可能エネルギーの普及が今後数十年で一気に進むことについて認識を共有しておきます。

下のIRENAの再生可能エネルギーのコスト比較のグラフをご覧ください。

洋上風力陸上風力も下がっていますが太陽光発電の導入コストが2010年には0.3ドルを上回っていたのに既に0.06ドル程度に下がっているのが読み取れます。

IRENAは2020年には太陽光発電と陸上風力発電の優良な案件については、3セント以下の発電コストが主流になると予測しており、現状の火力発電を下回ります。

 

(出展:IRENA)

この中には入ってませんがオランダでは洋上浮体式メガソーラープロジェクトが進められています。

コスト面だけ見れば問題のない再生可能エネルギーですが陸上に設置する場合に伐採や崩落、照り返しや騒音などの公害リスクがあるため、

日本のような海洋国家ではエネルギープラントの海洋進出が重要じゃないかなと個人的に思います。前にも言ったかも。

 

日本に限定しなければ砂漠地帯、ゴビ砂漠の半分に変換効率10%にソーラーパネルを敷き詰めれば世界中の電力需要が賄えるとも言われていて、

無人地帯にソーラーパネルを並べるというのは昔からある発想です。今だと効率20%超えてきてるはずなので4分の1以下ですね。

ただし超電導を使って送電しないと無理なので実現には至りませんが。

藻を繁殖させたりバイオマスや風力、水力、潮力なんかも元を辿れば太陽からエネルギーが何らかの形に変換されたものを電力にするものなので、

地球に降り注ぐ分だけでも太陽の持つエネルギーが莫大なものであることがよくわかります。

地熱なんかは地球が作られた時の自転エネルギーが形を変えたものなのであっちは回転エネルギーが形を変えたものですね。

回転には無限のエネルギーがあるかどーかは知りませんが宇宙創世から続く莫大なエネルギーがあるわけです。だからどーだこーだいうつもりはありませんが。

 

日本では原子力発電事業の維持のために再生可能エネルギーが抑制されるという問題があるため、如何ともしがたいのですが経済的には核廃棄物を大量に生成する原子力発電を維持するメリットはないです。

それは一目瞭然で安倍政権の原発輸出計画が頓挫したのもただ原発というシステムに経済的メリットが全くなくなっているからという単純な理由からです。

完全に破綻した原発政策 海外輸出は頓挫し核燃サイクルも建前崩れる

 

原発村がどういうつもりか知らんけど無理筋だよ。

原子力技術の継承を目的とするならそれはそれで別に基金でも実験炉でも作ればいいのに、こうなると完全に世界の癌ですね。ハハッ、ワロスww

 

原発村の言い訳、送電容量が足りません

 

送電の問題についてちょっと触れました、知ってる人も多いと思いますが再生可能エネルギーを既存電力網を利用して売電する場合、接続契約が必要になります。

これは資源エネルギー庁の説明が詳しいのでリンクを貼ります。

送電線「空き容量ゼロ」は本当に「ゼロ」なのか?~再エネ大量導入に向けた取り組み

 

ふぅ~~む なるほどなるほど なるほどー

これは仕方ない、残念だけど現状維持を選ばざるをえないよね!

 

とか納得できるか?俺はできねー。

 

要は需要と供給を結ぶ流通のラインが貧弱だから買取規制なんて事態になるんですよね。

しかし最近では卒FITによる自家消費への転向、蓄電池の低価格化、新技術の開発によって日本でも潮目が変わっていきそうな気配を感じます。

 

3月にFDKから究極の電池と呼ばれる空気電池が3年後の実用化に目途がついたというニュースが出ました。

(6955) FDK 究極の蓄電池「空気電池」の早期実用化に期待

空気電池は通常陰極と陽極、電解質の3つが必要な電池の陽極を空気中の酸素に割り当てることによって電池重量を大幅に減らすことができる電池です。

陽極がまるまる無いのでコスト面でも有利になります。

これを家庭用蓄電池として使用した場合10年程度の寿命が期待できるということなので量産が行われれば爆発的な普及もありえそう。

 

そして有能なハゲはここにも手を付けてました。やりよる。

「リチウム空気電池」実用化はソフトバンク流儀で15年前倒し

2018年4月11日付の話だからトヨタとの提携発表に先駆けての話ですね。

確固としたビジョンをもってビジネスを進めているのが分かります。

 

重量を大幅に減らせるということは電気自動車やドローンにも搭載される可能性が高いということです。

また電気自動車の話に戻ってきましたね。

別に車が好きってわけじゃないんですが流通の中心にあるものだからノータッチでは済まされない。

 

十数年後の電力ビジネスを考える

 

現在は規制によって自動運転による公道の走行、ドローンの飛行は禁止されています。

関連法が多すぎて全部クリアするのは並大抵の努力では無理です。

まともに運用できる状況ではありません。

特にドローンの飛行は上空を飛ぶドローンが何らかの原因で落下した場合にもし人の頭に落ちたら即死もありますから分からないでもないですが。

しかし経産省は技術革新に伴い、法規制を緩める方向で検討しているようです。

ここでいう最上のレベル4というのは都市部での物流を完全自動で任せる形を指すそうなので2020年代後半になりますので割と近いですね。

(出展:経産省)

 

落下という面に関してはバルーン型ドローンを使用することで安全面の確保は可能です。ビル風なんかに流されないかなとも思えますが上空から錨を下ろせばいいのかな。

高層階への配達などを考慮した場合、特設ベランダ、バルコニー、または最上階をドローン専用ダストシュートとした場合に流通の低コスト化が見込めます。

乱流の中の飛行船と物流拠点のロボット化動画が参考になると思ったので貼っておきます。

バルーンに物流といえば飛行船を用いた輸送に関してはAmazonからこんな構想もあるようです。

アマゾン構想「空飛ぶ倉庫」で特許出願 上空1万4千メートル飛行船からドローンで地上へ配送

飛行船を浮かばせるだけなら浮力で勝手に浮きますからね。

上空にはジェット気流とかあるしうまくすればFedExなんかの高速の航空貨物便と船便の間に低速航空便として飛行船が使われる可能性もあるかもしれません。

 

なんか話が逸れてますね。

とにかく自立行動する無人機によって需要家自体が勝手に充電しに行ってくれるんならこれに関して送電網なんかいりません、

電力を媒介するのに電力網を敷設せずにバッテリーを運搬するという方法がどれだけ有効化は分かりませんが、家庭用に売電ポートなんかがあれば仕事のついでに電力余剰地域に移動した際に充電を行うということも可能になるかもしれません。

IOTAは道路情報、気象情報を売って、給電での自動支払いに充てられるのでマジでIoT向きに作ってありますね。

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

NEMは自動車にウォレットを搭載するって流れはまだできてないな、まぁ住み分けだよね、住み分け。やらんでいいよ。

 

駐車場として利用していた場所や屋根の上にソーラーパネルと蓄電池、ワイヤレス充電設備を置いて自動運転でビジネスユースの無人機が給電できるようにするとメガソーラーなどの集約型設備とは違い高度に分散したエネルギープラントによるオンデマンド給電が実現します。

その場合、充電スペースの空きがあるか、蓄電池の容量は十分か、給電設備の座標、給電の意志のある個人を需要家とマッチングするサービスが必要なので、

法規制とか技術が追いついてない状況とかサーバー維持費とか怖くねーよって方は電力のシェアリングエコノミービジネスを立ち上げるといいと思います。

現状でも一応有人、手動充電なら可能なサービスのはずなので、Uber並みの勢いとガッツがあるなら全世界で規制とか知らねーよってレベルでマッチングサービスを展開したら十数年後に世界を取れるかも。

ただこれに関してもメガソーラーポンポン作ってるハゲがなんかしそうだなって気はしてるし、GoogleとかノウハウのあるUberが同様のマッチングサービス始めたら勝てないようにも思えます。

そもそもこれ需要が送電容量の不足する地域のみに限られるので、やっぱり微妙ですね。

網の目状に送電網が敷設されてるドイツなんかでは送電網使って売った方が早いし規制されてる日本だけでしか展開できないし。

もうめんどくせえから余剰電力は全部マイニングしておけよってのが話が早いか。砂漠でマイニング、冷却を考慮すれば水上マイニングが多分最強ですわ。

 

あとがき

 

いつもながら好き勝手書いてますが可能性としてこんなことも考えられるよなってことを並べてるだけなので、日本で送電の問題を回避できる可能性について考えたことを書いてみました。

個人間取引で売電できるかはともかくガソリンスタンドが数を減らしているのでメガソーラーがいずれ給油所ならぬ給電所として稼働するようになるのはありそう。

自治体レベルで集中管理すれば充電時間を考慮しても物流の駅として機能するのでクロネコヤマトとかの営業所や郵便局のようになったりとか。

蓄電池は置くだけでピークシフトできるし、揚水発電所なんかはいらなくなるし災害に強くなるので蓄電池の普及は社会的に大きなメリットになりますね。

将来的には自動運転が普及するとしても規制がひどいので株を買うなら現状でも普及が容易に想像できるFDKとかの電池や日本電産なんかのモーターが手をつけやすいなと思います。

ひどい相場環境なので今仕込むのはどうかと思いますが、希望を持てる業界はいいですね。

開発者がんばえ~!(^q^

 

今回はこんなもんで、きっと本業の人から見たら穴だらけなこと書いてるんだろうなと思いますが気にしない。

次回?知らねーよ、気が向いたら書く。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ぶっこみマン
2019-05-30 05:19:37ID:121460

この記事エネルギー革命って紹介されちゃったけどいいたいことがとっ散らかっててちゃんと伝わってなかった感。
宇宙から降り注ぐエネルギーは莫大で砂漠の砂からシリコン作ってソーラーパネルを置けば疑似的な永久機関になるんだけど
砂漠から電気引っ張ってこれないよね、減衰もあるし流通を考えなきゃっていう話なんです。
本文でちゃんと伝えられなかったあたりなんかもうぐだぐだだなぁ、訓練が足りない。反省します。

ぶっこみマン
2019-05-28 21:51:56ID:121060

>>楽してお金を稼ぐとれーだー🔥NEM::さん
アイスランドが日本の技術でエネルギー自給率100%だってよ。
温泉利権とか原発利権とかが絡んでるから肝心の日本では地熱資源を有効活用することはできません!ざんねん!

あたまおかしい・・・

TAKA🔥NEM
2019-05-28 21:34:24ID:121053

火力に頼るのは輸入に頼るのと同じなので、自国内で完結できる電力発電方法を編み出してほしいですね!FDK懐かしい。今チャート見てみたら8月ぐらいには底値判断できそうですね!2016の底を割らなければロングしたい!(しないけどwww

NEMber who posted this article

23599
0