connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

【心理学】過度に人の目を気にする原因

nem296xem (7) 193 10 1

以前「回避行動」について心理カウンセラーの方の動画で学んだことを元にお話ししました。
今回は同じ動画投稿者さんの「人の目を気にする原因と解決法」という動画で学んだことについて書きたいと思います。
(自分のことを整理するためにも書いていますので私事が間に多く挟まれています。あまり読んで気分の良いものではないので読み飛ばしてもらって構いません)

 

 

○人の目を気にする原因
人の目を気にしてしまうことは誰にでもあることだと思います。「嫌われたくない」「みっともないと思われたくない」は大抵の人が抱く感情でしょう。しかし、あまりにもそれを過剰に感じてしまうと、いつも心が落ち着かず、精神が安定せず、周囲から見れば問題ないように思われるのにある日突然爆発してしまうといったことが起こります。

 

私は完全にこれに当てはまるので動画を観ていて冷や汗をかきました。特にこの症状が厄介なのは、自分でもそれに気づかないということです。
自分も周りも普通のはずだったのに、ある日突然何かが決壊してしまい、自分が思っている以上のダメージを喰らいます。まさか自分がこんなに弱いとは思っていなかったので、驚きと不安と絶望が一気に押し寄せてきてかなりしんどいです。今は顔見知りに会いたくなくて近所の方から友人から親族から全て遠ざけて生活しています。友人には恵まれたので今人と会うのがしんどいということを言ったら「会いたくなったらいつでも言ってね」と優しい言葉をかけてくれました。私には勿体無いくらい良い友人です。

 

何故こんなにも人の目を気にしてしまうのか。その原因は親の育て方にあるといいます。人の目に過剰に反応してしまう人に共通して当てはまるのが、子どもの時「良い子」だったということらしく、いつも親の顔色を伺ってきたことが積み重なり大人になっても抜け出せなくなることに繋がるらしいです。
具体的な例は以下の通りです。

 

・親の顔色を伺う
・質問をしても相手にしてもらえない、そんなことも知らないの?と返される
・親の期待にこたえる為に頑張る
・他人の子と比べる

 

これまた全部当てはまっていたのでびっくりしました。今まで自分の家庭は普通で何なら人より恵まれているのだからありがたく思わなければいけないと思っていたのですが、この動画を観て冷静に今までのことを振り返るとそんなこともなかったようです。

 

「親の顔色を伺う」は母にいつも父の機嫌を決して悪くさせないように振る舞えと言われたことが当てはまります。
「質問をしても相手にしてもらえない」は幼い頃苦手な算数を母に聞くといつも「なんでこんなこともわからないの?!」と怒鳴られたことが思い浮かびます。「親の期待に答える」は父が会社の人間や同級生のことを貶し、母が私の友人を貶し、お前はあんな人間になってはいけない、みっともないから絶対なるなと言われたことが思い出されます。
「他人の子と比べる」は兄(私の叔父)を嫌う母がいつも従兄弟より私の方が優れていると言うようにスポーツや勉強について比較し従兄弟を貶し私は違うと言い聞かせていたことが挙げられます。

 

今まではこのことに疑問を抱きませんでしたが、こうやってインターネットを介して色んな人と繋がったり、大学で親しい友人を作ったりして人と関わっていくうちに、少しずつ自分の家に違和感を感じてきました。そしてある日父に言われた「お前は誰にも必要とされていない」という言葉で壊れちゃったって感じです。
今だからしんどくてもまだある程度冷静に振り返ることができますが、こうやって整理してみると自分でも中々強烈だなと思います。

 

親のことは好きですし、根は良い人たちだと思います。こんな私をここまでお金も苦労もかけて育ててくれたことに感謝もしています。しかし人間として尊敬はできません。こんな風に思ってしまうような子どもを持ってしまった自分の親が可哀想ですが、親を尊敬出来ないというのも中々悲しいものです。私にはあまりにもソリが合わなさすぎて五年以上口をきいていない妹がいますが、私と違って出来が良いので期待するなら妹にしてくださいって心境です。

 

話を戻しますと、このように「嫌われるのが怖い」「相手を不安にしたくない」ということを心理学では「ドライバー」と呼びます。この「ドライバー」が子どもの頃から積み重なると大人になる頃には強力になって頭ではわかっていても消せないということになるんですね。
また、この「ドライバー」が恐ろしいのは親子代々引き継がれるということです。親の「みっともないから…」という他人の目基準で育ってしまった場合、他人の目を気にすることが当たり前になった子は自分の子供にも同じような育て方をしてしまう傾向があるらしいんですね。自分の代で止めないと、自分の子供や孫も同じ苦しみを味わうということです。

 

 

○解決方法
動画では一つ目に「悪いから…」を「悪いけど…」に変える方法を挙げていました。
ドライバーが強力な人は人に悪く思われたくないから断りづらいという状況が続きがちですが、それを「悪いけど…」と一旦ワンクッションを入れ、自分の気持ちを大切にすることに慣れていくというわけですね。

 

しかし、頭ではわかっていても中々これを実行に移すことは難しいです。それほどドライバーは厄介なのです。
そんな時にどうするか挙げられていた二つ目の方法が、「ゲシュタルトの祈り」を言い聞かせること。「ゲシュタルト療法」という心理学の療法があるらしいのですが、その創設者であるパールズが作った詩を自分に言い聞かせるのが効果的のようです。
「ゲシュタルトの祈り」は以下に引用します。

 

私は私のことをする。あなたはあなたのことをする。
私は、あなたの期待にこたえるために生きているわけではない。
そしてあなたも、私の期待にこたえるために生きているわけではない。
私は私。あなたはあなた。
もしも偶然、私たちの心が触れ合うのならば、それは素晴らしいことだ。
もし触れ合えないとしても、それも仕方のないことだ。

 

言葉の効果というものは思っている以上に絶大なので、これを常に言い聞かせていると自然に行動に移せるようになるみたいです。ある種の洗脳みたいな感じですが、必要なことですよね。私も最近ふとした時にこの詩を読んだり声に出したりしています。

自分がドライバーに陥っていることがわかったことは自分にとってプラスだと思うので少しずつ解決できたらなと思います。
また、当てはまる、共感するという方にとってこの記事が参考になれば幸いです。

 

参考動画【https://youtu.be/SXvr7v1t65k

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Yonnsann
2019-05-18 13:57:13ID:118033

>>うぇんじにあ::さん
良い言葉ですよね!自分と他人をしっかり分ける大切さがわかります。
こちらこそコメントありがとうございます!

うぇんじにあ
2019-05-18 13:27:00ID:118029

私は、あなたの期待にこたえるために生きているわけではない。
そしてあなたも、私の期待にこたえるために生きているわけではない。

のところ、響きました!^^いい記事をありがとうございます〜〜〜^^

Yonnsann
2019-05-18 12:06:52ID:118018

>>ほなねむ::さん
その考え良いですね!それくらいの気持ちを常に持てるようになりたいものです^^

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-05-18 10:27:54ID:117998

あの美味しい牛肉ですら、嫌いな人がいるんだから、
自分が嫌われたって気にするな

ってTwitterでみてなるほどなあと思いました

Yonnsann
2019-05-17 23:14:44ID:117881

>>mizinco::さん
自分の気持ちを大切にすることに少しずつでも慣れていけたら良いですね。
参考になったのなら幸いです(^^)
一緒にがんばりましょう!

Yonnsann
2019-05-17 23:13:41ID:117880

>>オーウェン::さん
時間が解決することもありますよね。
自分のペースでゆっくりでも解決出来たらと思います。
コメントありがとうございます(^^)

Yonnsann
2019-05-17 23:12:23ID:117879

>>7zoesan::さん
コメントありがとうございます。
親には親の事情や想いが勿論ありますよね。親も人間ですから人と比べたりは無理のないことだと思います。
しかし何をすると子どもはどう感じるかということを事前に知っているだけでも全然違うと思うので参考にしていただければと思います。

7zoesan
2019-05-17 19:03:53ID:117758

非常にわかりやすい記事、そして自身の経験談、子を育てている親としてありがたく読ませていただきました。
親の気持ちもわからなくないのがつらいところですが、子には自分らしく生きてもらいたいと思います。

オーウェン
2019-05-17 17:20:31ID:117747

人の目を気にする原因
確かにわかる気がする。

他人の子と比較したり、
いい子でなければならないと思わされたり、
こうでなければいけない、ああでなければいけない言われたりね。

私にも子供の頃に思い当たるふしがあるが、親に言われたことに対して、
「なぜ?どうして?理由は?、、、結局感情論か、馬鹿馬鹿しい。」
と思うことが多々あり、ひねくれまして、人の目が比較的気にならなくなってしまった人です(^^;

年を取ったから気にならなくなったのか、子供の頃は特に気にするものですよね。

mizinco
2019-05-17 15:53:34ID:117740

自分もドライバーに陥ってる気もします。
悪いけど…で物事を進めるのも大事なんですね
参考になりました。ありがとうございます٩(๑òωó๑)۶

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
23625
0