connecting...
Google translation for articles :
9 NEMBER donated to you!!

アイデア次第で儲けられるNEMのlevy(徴収)機能

nem22.38xem (9) 1190 9 8


ねむぐま君がNEMのLevy機能の使い方で鼻息が荒くなってると聞いて、
ちょっと考えてみました。ジムで自転車こぎながら。

ちょっとまず彼の素敵な記事を読んでおいてください。
Levy(徴収)モザイクを作って使って遊んだ記事
【NEM妄想】levyの使い方ポエム

 

■Levyってやつ

Levyってのは「徴収」ってことで、あえて粗めの説明で済ますとしたら、該当モザイクの発行者が強制的にそのモザイクの利用料的なものを徴収できるってのが基本的な考え方でいいと思います。

徴収に設定するトークンはXEMでも他のモザイクでもOKで、徴収のタイミングはLevy付きモザイクを送る時です。

ここまでは簡単。税金みたいなものですかね。

で、これ一般に受け入れられやすいような使い方を考えるの、なかなか難しかったです。
いくつかケース考えてみたんすけど、「それLevyいる?」って感じであんまり浮かばなかったです。

わざわざ仕組みを複雑にして機能ドヤしても、継続的に使う人が増えなかったら意味ないので。

 

■トークンエコノミーで

その中でも、使えるとするなら、独自モザイクトークンを巡らせるサービス(経済圏)内かなと。
トークンエコノミー的な。

経済圏内でユーザー(利用者)は何らかのアクションを起こしたり、評価されたりでトークンを得る。
そのトークンは経済圏内で優位性のある行為をしたり、特典を受け取ったりするために使える。

そこにはホスト(運営者)がいるわけですが、そのトークンの流通時において「サービス利用料」として「税金を徴収」することでマネタイズするのには使えるのかなと思いました。

ICOやって資金調達するのも、国内取引所にトークン上場させるのも、現状の日本ではそう簡単ではないというの前提で考えました。上場が簡単だったとしても、売り手市場にしかならないのであんまよろしくはないし。

(というかlevy付きモザイクの上場って…それはここでは置いておきましょう)

マネタイズ目的だったら、今のところ徴収に設定すべきなのは、まともなマーケットが出来てるXEM一択ですね。あとから徴収設定は変更できないので、どのくらいの徴収幅にするかは設計時にしっかり設定しておく必要あります。

例えば、
・100トークン送信につき固定1XEMなのか(固定徴収方式)
・送信するトークン数の1%分のXEMなのか(パーセンタイル徴収方式)
みたいな。

あんまり数値が大きいと利用者は萎えるので、ユーザーが痛みを感じない極々小さな設定にしといた方がいいでしょうね。円価数円以下のマイクロな額で。

市場価格の変動リスクをどう許容するかってのもありますが、運営はユーザーを増やすことに注力しましょう。


■利用者が活発になるほど運営は潤う

経済圏内で利用者がそのトークンを使う(送信する)ことで得られる体験やメリットが増えれば増えるほど、流通が活発になり、運営者が徴収されてくるXEMを利益として積み重ねることは可能です。

利用者は徴収に備えて、アカウントにそれなりのXEMを保有していないといけないので、XEMをどこかしらで仕入れてくる手間はあります。それは仕方ないです。欲しいものがあるので円を働いて手に入れるのと似たような行為です(笑)

経済圏内でトークンを送る時には運営者への徴収だけでなく、送金手数料も必要なので、NEMネットワークへの貢献にもなります。(カタパルト後)送金手数料は運営者が負担する形にできるならしてもヨシ。

そんな感じです。

Levyを役立てる場合の当たり前の事例といえばそうなんですが、徴収されようが関係なく使いたくなるトークンエコノミーなサービス、ぜひスタートアップのみなさんおなしゃす!

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
トレスト
2018-09-24 17:22:19ID:660

ひよこ豆さん、なるほど。でも願わくば、賞金は一般投票者からではなく、運営側やスポンサーが提供してほしいですね‾。1位になった対象に投票したアカウントが徴収されたXEMすべてを山分け…という投票者にメリットがある徴収だったらまだいいかなと思いました(これは法的な問題があると思うのでそれをクリアしたならば)

sasuke0025さん、トークンエコノミーややってくるものではなく、われわれが起こしていくものなので、アイデアなどあればどんどん発信していきましょう!

sasuke0025
2018-09-24 04:36:36ID:597

こんにちは、いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。
本筋とは異なりますがトークンエコノミーにいてですが、ボクはトークンエコノミーはいずれやってくる(最初は企業でしょうが)と思っています。 その時はボランティアさんへの寄付をスキームにしたトークンエコノミーだったらいいなと思っています。トレストさんともそんなお話ができたらいいなと思っています。

ひよこ豆
2018-09-23 07:57:01ID:479

適当な思いつきです

levyによる投票(デザインやアイデアのコンペ)

1.期間中モザイク(levy)を配る ※他人に渡せないのが望ましい

2.投票期間に選んだもの(アドレス)にモザイクを送信
 ※期間中のみ使用できるようにできればいいですか・・・

3.集まったXEMは1位から○位など、得票を稼いだものに分配される

懸念点
開催者の信用問題
集まったXEMを持ち逃げされる場合か有るのでどうするのか・・・
マルチシグを使ってなにか良い方法があれば

重複投票の問題

どのくらいXEMを徴収するのか
明確にわかるようにしないといけない

トレスト
2018-09-23 00:57:28ID:471

イズミ リムさん、あーコインファンディングがあったか。最近どうしてんだろうな‾。
そうそう、ユーザーが徴収用のXEMを準備する手段は内部簡潔できることが理想ですね。

伊澄 理夢 / イズミ リム
2018-09-22 17:14:39ID:406

「サービス利用料」として「税金を徴収」する、っていうのは実際マネタイズでやろうとしているのがありますね。(コインファンディングですけど
やっぱ一番現実的かなと思います。
よく知らんトークンを徴収されるダルさは、色々なところで指摘されるw
そしてXEM自体もサービスのコア要素として機能していてXEMを入手できる環境が整っていると、ユーザーが徴収用にわざわざXEMを用意する必要もなく、一貫性があってスマートになりますね。フリマとかでも、ものを売ればまったく取引所等を介せずにXEMを手にできる。

トレスト
2018-09-22 11:48:18ID:380

コメントにコメント返信したいけどできないのが辛み。
しおじいさん、それ忘れてました。再インプットしました。
patapironさん、もう何手か必要かもですな。
ねむぐまさん、いい感じ。そういうサービスができるといいすね。FANQが近いので期待。

ねむぐま@第8勢力
2018-09-21 23:33:21ID:371

仕事脳のまま、なんかぼんやりアイデアの原型みたいなのをここに書きますw
(1)用意するもの
・「運営Wallet」・「みんなのプール金Wallet」
・「運営Walletが作成した、譲渡不可のlevy モザイク(1xem‾1000xem)」

(2)levyモザイク保管先
・「みんなのプール金Wallet」内に1億枚ぐらいそれぞれ置いておく

(3)何をしたいのか?
・ユーザー:運営が企画している参加型イベントへ費用援助金を「みんなのプール金Wallet」へ投げる
      「みんなのプール金Wallet」が一定数溜まると、イベント発動する。
      援助金額により、自動的にイベント内で優待されるトークンが送られてくる。
      それをユーザはイベント内で使用したりする。

・運営:「みんなのプール金Wallet」にxemのTxが走ると、その枚数に応じた徴収額のlevy モザイクを「運営Wallet」に自動的に投げる設定にする
    イベント費用援助金の一部が透明性のある形で運営に入る。

う‾ん!!!ぼやぼやすぎますねw
でもなんかつかめそうです!イベントのサービス料としての徴収。
もう少し仕事して帰ります!!!!!!

patapiron
2018-09-21 22:31:51ID:362

自身のブログにも挙げたのですが、年賀状やクリスマスカードなどイベント用のはがきの代わりにそれ用にデザインされた画像をモザイクに紐付けして送り合うというアイディアを考えました。ただハガキの代わりでは一方通行にしかならず、徴収機能より最初にモザイクを買う時にXEM払いでいいじゃんという話になってしまうので、ここにはさらなるアイディアか応用が必要そうな感じです。

しおじい
2018-09-21 21:27:43ID:357

以前何か考えたなぁ・・・と思って調べた結果、去年の11月にこんなやりとりをしてましたね。
https://twitter.com/TrendStream/status/932490387083505664

回し読みの方に関しては、とーくんぺーじでページを作れば、回し読みされればされるほど著者収入が増える仕組みが出来そう。
単純なページだと本文のコピペやスクリーンキャプチャ等での保存が出来てしまうので、ある程度対策は必要になると思うけど。

NEMber who posted this article

孤独のクリプトニアン。トークンエコノミー期待。かなりNEM推しだが排他的ではない。市場価格は気になるけど、NEMで創る経済圏にも興味深々。テクニカル分析が好き。2009年くらいからの元FXトレーダー。NEM保有歴:2016年3月‾、2018年nemcafe主催
ほぼNEM関連の和訳記事になってますが「クリプトストリーム」よろしくお願いします!
2366
0

Why don't you read following articles?

3.2 XEM
203 10 0

73.7144 XEM
1051 22 8




322.7217 XEM
776 54 5


15.62 XEM
302 1 6