connecting...
Google translation for articles :
1 NEMBER donated to you!!

壁の向こうに広がるものは、

nem4.65xem (1) 139 2 0
和泉 2019-05-18 13:24:27

マイナンバーカードを保険証に

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051500162&g=pol

 

マイナンバーカード、持ってますか? 通知カードじゃなく、ちゃんとしたカードを。
僕は持っています。もらうのにちょっと苦労しましたが。

 

 

目次

・炎の壁

・新しい壁

・追い立てる壁

・意識の壁

・嫌いの壁

・立場の壁

・壁を壊すために

 

炎の壁

 

マイナンバーカードについての問題点をよく目にする。万能なものなんてないもの、仕方ないよね。

 

だいたい「~~~でも使えるようにする!」という話があるときは辛辣なコメントがついている。でもそれも、肯定的な意見が増えてきたのじゃないかな? 前より。

 

人間は(日本人は?)自分の持っていないものは貶すきらいがある。特に何か新しいものについては殊更で。
もちろん全員がそうなわけではなくて、肯定する人もいるし、中立であろうという人もたくさんいるはずなのだけれど……悲しいかな、そういった人の声は小さく扱われてしまう。
(それに、肯定の言葉よりも、否定の言葉のほうが強い語感が多い、とも思っている)

 

誰にでもそういう部分はあるのだろう、と思う。

 

しかし今までのことを振り返ると、そういった「新しいことを否定する人」には特定の偏りがあるんじゃないのか?

 

つまりそれは、中年以降の人が多いのではないか?

 

新しい壁

 

歳を取ると保守的になる。守るべきものが多くなっていくからだ。

家族、財産、地位。生きていくために、安定するために、そういったものを増やしていく必要があるのだ。
そしていずれ、その積み重ねにはパターンがあることに気づく。特定のパターン通りに行動していれば、角が立たず、安全に、いくばくかの「安定資産」が舞い込んでくる。これはある意味での成功パターンである。

 

安全にかつ、資産が増えていく。別に悪いことではない。むしろ冒険しないだけ、いいことかもしれない。

 

毎日バナナの木まで行き、バナナを収穫して、収穫したバナナを売る。

 

ただそのルーチンで生活が安定し、少しずつ資産を蓄えることができる。
その生活が20年も続けば、恐らく、「ああ、この方式が正しいんだな」と思うようになるだろう。意識せずとも。

 

そして、近所で「新製品! バナナジュース!」を売り出した人間を見て、嗤うのだ。

 

「いやいや、これだけバナナが売れているのに、ジュースなんて売れないだろ?」

 

追い立てる壁

 

バナナを売るだけで成り立っていた生活が、バナナジュースの登場で脅かされる。たぶん、そういうことはある。

夏とかになるとさ、やっぱりジュースとかほしくなるし。仕方ないよね、うん。

 

もちろん、それで生活が立ち行かないのは困る。誰だって今後の人生、まだ生きていたいのだ。安定した生活が欲しいのだ。

 

ではどうしたらいいのだろう?

 

一番簡単なのは、バナナジュースを模倣することだ。そうすることで、他と同じだけの「価値」が、自分のところのバナナに発生するからだ。


なーんだ、バナナをジュースにするだけで、これまでと同じ生活が守られるじゃん。じゃあ、そうしよう。

 

そして次に現れるは黒船、バナナミルク。……バナナだけでは立ち行かなくなってきた。一体、どうすればいいんだろう?

 

 

 


日本人は外圧に弱いという話を目にする。

 

外圧と言えば外圧なんだろうか?

周りがバナナミルクを出し始めたから、自分のところもバナナミルクを出し始めた。
そうなって初めて、「バナナミルク、別に悪くないんじゃん?」と思う。

 

周りが新しいものを出し始めることで、「自分のものが古い」「通用しない」という状態になり、やっと新しいものを認知し始める。

 

遠くにあった壁が、いつの間にやらすぐ後ろにいて、気づけば背中を押し出そうとしてくるのだ。

 

意識の壁

 

回りくどい小話を出して済まない。

別にこれはね、マイナンバーカードに限っての話ではない、と思う。テーマとして、マイナンバーカードに関するものを出しているだけで。

 

僕はマイナンバーカードについて、悪くないことだと思っている。

 

もちろん、預金が知られるとかどうとか、という話を出す人もいる。背番号なんていらない! という人もいるし、自分に関する情報を誰かに握られる感じがするから気持ち悪いとか、そういうこともあるだろうと思う。ディストピア化する! という人もいるだろう。

 

逆に言えば、政府に知られて困るような預金をもっているわけでもなく、比較的頻繁?に病院に世話になっているし、僕の行動データぐらい欲しけりゃくれてやる! その代わり、もっと便利にしろよ! っていうスタンスであるので、まぁそれでいいことがあればウェルカムかな、と思っている。

 

税務署は捜査権があるけれど、預金のデータは(銀行に問い合わせない限りは)所持していないし。
保険証はシステムとしてぜい弱な割にはメリットは絶大だし。
各社ポイントカードをたくさん財布に忍ばせることになっている現状事態に不満は大ありだし。

 

だから、まとめてくれるならありがたい。

 

財布を落としたらあぶねーじゃんって話もあるけれど、財布を落としたらどっちにしてもあぶねーからね。落とすのがスマホでも。

 

基本的に資産に負担がかかるわけでないなら、便利で素敵なシステムを作ってほしい。

 

僕はそう思っているが、そうでない人もいる。

 

預金が知られそうで嫌、っていう気持ちもわかるし。

保険証だって、心身に問題がない人は普段、あまり意識しないだろう。
行動が何かのIDに紐づいているのが気持ち悪い、というのもわかりみが深い。

 

嫌いの壁

 

「生理的に嫌」っていう人もいるとは思う。

でも「生理的に嫌」ってどうしようもなくて。

 

どんな超絶美少女でも、尻を掻いた手で鼻くそほじってパクリとしたもんなら、たぶん、僕だって「生理的に無理よ!」っていうだろうね。


これは明確な理由があるから「生理的に」というとちょっと違うのだろうけど、「なんだかわからないけど、なんか嫌」ということは仕方ない。

 

しかしそうではない理由の場合、どうなんだろうか。

 

今一度、考えてみてほしいのだ。

 

さきに挙げた話の通り、新しいことを始めるには抵抗がある。
新しいことだから問題になることもあるだろう。

 

全ての懸念事項が100%現実になるのだろうか? その懸念事項は、本当に起きるのか?

 

電車が初めて開通したとき、魚が逃げると言ったやつがいたね?
車が登場したとき、事故が恐ろしかったんじゃないか?
飛行機が登場したときは?

鉄の塊が高速で移動するその姿に、恐怖を覚えていたんじゃないだろうか?

 

それが今は、なくてはならない、そんなシステムになっている。

 

立場の壁

 

では今、マイナンバーがなくてはならないシステムなのか? というとそうでもない。


「まだいらねーわ」というのも、わかりみが深い。「まだ」大して便利でないしね。

 

現状、身分証明としても微妙な存在でしかない。


連携についても、民間サービスはおろか、行政でもまともに機能なんてしていない。うむむ。
住民票が取りやすいとか、確定申告で使えるとかそのぐらいだろうか。

 

僕らのようなパンピーで「これあっても便利じゃないな」と思う人がいるように、

恐らく行政でも「これあっても便利じゃないな」と思う人はいると思う。

 

民間サービスだって、使用するんだったらおっかなびっくりだよね。おっかなびっくりって、もう死語か?

 

まぁ、余計なリスクだよね。身分証明が必要な際にマイナンバーカードを出されて、それを扱った際に何かが漏洩なんてことがあったら、もう、目も当てられない。

 

だから別に、好きで拒んでいるわけでもないっていうのはわかる。「これいいね!」と思っていても、自分たちでは扱えないっていうことは多々あることだろうから。

 

壁を壊すために

 

マイナンバーカードを作ろう。

どうせ、通知カードは来ているんでしょう?

 

保管をするのにペラペラの紙よりマシだ、ぐらいの動機でもいいからさぁ(更新期限があるけれど)。

 

受け取りに行くのは確かに面倒だけれど、スマホ一台で申請もできるのだから。

 

みんなが持つことできっと、いろいろな物事が、新しいものが、取り入れられるのだ。
たくさんの人が認識して、利用することで、さらにそこに人が集まる。その繰り返しで、より良い世界を作っていけばいいのだ。

 

より多くの人が使うようになることで、やっと次のステージに進むことができる。
別にこれは、マイナンバーカードに限った話ではないと思う。
電車も、車も、飛行機もそうだ。そうやって、進歩してきたのだ。そしてきっと、NEMちゃんもそうなる。そうなるといいな。

 

いつかみんなでバナナミルクを飲もう。そしてより、スイートな体験をしよう。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
和泉
2019-05-19 09:36:09ID:118186

>>やそ::さん
ですね!
ただしまっておく(忘れそうですけども)だけでも、紙よりカードのほうが楽だと思うんですけどねぇ。

やそ
2019-05-19 06:05:00ID:118159

1番最初の通知カードが来てすぐ作った私は勝ち組ですね!

NEMber who posted this article

湘南のポエマーを目指しているおじさん。

「実行力のあるやつはプレイヤーだ。実行力がないから、ポエマーなのだ」

ポケットの中の少ないNEMと共に、未来を見つめたいと思っています。
23748
0

Why don't you read following articles?


2.2 XEM
293 8 1

0.4 XEM
195 5 0




7.94 XEM
186 9 0

1.7 XEM
151 2 0