connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

【教育】「中田敦彦のYouTube大学」で思うこと

nem2.55xem (3) 344 6 1

約1ヶ月前からオリエンタルラジオの中田敦彦さんがYouTubeで個人チャンネルを持ち、その頭を生かして世界史を中心に様々な授業をわかりやすく配信しています。どれもとても面白く興味深く観させてもらっているのですが、これを観て思ったことがあったので以下に書いていきたいと思います。

 

 

○大学の必要性
「中田敦彦のYouTube大学」と銘打っているくらいなので動画の内容はちゃんと教養の授業になっています。中田さんはプレゼン力が高いので、どの動画でもわかりやすく、知ることや研究することの面白さを伝えており、正に大学の授業内容といった感じです。
こうなるとやはり考えてしまうのは大学の必要性。このように質の高い授業を世界中で共有できるようになった今、高いお金を払って大学に通う必要性があるのかと考えてしまいます。

 

かつて大学に行くといったら本当に何かについて勉強したい、研究したいという思いがあって行くものでしたが、私も含め現在進学する理由は「将来のため」「就職のため」「資格のため」というものが多く、本当にそこに行って真剣に学びたいものがあるかというと難しいですよね。
私は元々文学が好きでそれについて学びたいという思いがもちろんありましたが、正直に言えば「教員免許が取れる」「就職に有利」という所謂「将来への保険」への期待が大きかったです。大学に通ったことで文学研究の基本は学べましたが、果たしてそれは本当に通わなければ身につけられないものなのかという疑問が残ります。就職でも企業側が大学名で採用者を選ぶ風潮が日本は根強いので仕方のないこととは思いますが、それが目的になってしまっている以上大学の本質を完全に見失っています。

 

そもそも本来勉強というものは強制されるものではなく自ら好んですることです。
以前、元大阪市長・府知事の橋下徹さんが「高校で習った微分積分は自分が生きてきた中で役に立ったことはない。義務教育が終わったらもっとそれぞれが興味のあるものについて学べるようにするべきではないのか」といった趣旨の発言をしていました。これに対して「自分は微分積分を使って大学ではこんな研究をしました」「微分積分を使ってこんな仕事してます」といった見当はずれなリプライを送っている人が多く見られましたが、橋下さんに微分積分が必要なかったように、その人たちに高度な法律や政治経済の知識は必要ありません。なくても普通に生きれます。

要は「ある程度の基本教育を終えたらしたくない勉強に時間を費やすより、その分自分の好きなことを追求して勉強する方が良いのではないか」ということなのですが、これが本来勉強のあるべき姿であり学校とはそれを提供する場であるべきだと思います。

 

しかし実際のところ、高校にしろ大学にしろそのような場を提供できているかというとそうでないように思われます。別に受けたくもない授業に時間を費やし、つまらない教授の話を聴き、あまり意味のないことに時間を奪われているのが現状ではないでしょうか。

 


○個人的おすすめ授業
やはり文学の好きな私としては文学の講義をオススメしたいです。
まだ文学講義は一本しかアップされていないのですが、とても興味深く拝聴することができました。
その動画では絵本作家エドワード・ゴーリーを取り上げ、彼の作品について解説するというものでした。正に大学の講義ですね。


私は絵本も大好きなので家にたくさんあったりたまに購入したりしています。勿論エドワード・ゴーリーも何作かは読んだことがありますが、正直あまり良い印象は持てませんでした。
というのも、動画でも言及されていますが、彼の描く作品はどれもとても恐ろしいものを感じさせるからです。腹をスプーンでえぐられるような恐怖と気持ちの悪さを感じます。なのであまり彼について深く知る機会はなかったのですが、今回の動画でとても興味が湧きました。


その中でも面白いと思ったのが、彼が名前を変えて数々の本を出版しているということ。その行動によってさらにエドワード・ゴーリーという作家を謎に包ませ、作品そのものに深みを出しているんですね。
コメント欄では彼の生い立ちや記者として働いていた経験などから「世の中の本質を伝えたかったのでは」という考察などがあがっており、文学研究の場にちゃんとなっていて面白かったです。


○まとめ
このようにオンラインで研究材料を提供し、それについて意見や考察を述べるという交流ができる今、本当に大学の意味そのものが問われ直す時がきているのではないかと思いました。

 

中田さんの動画はこの記事にあげた動画意外にも面白い授業がたくさんあるので是非ご覧になってください。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Yonnsann
2019-05-20 10:55:49ID:118544

>>ちょこたろ先生(農民垢)::さん
面白いですよね(^^)
自分の全く専門外な知識がわかりやすく教えてもらえるので良い授業だな〜と思います。

ちょこたろ先生(農民垢)
2019-05-20 03:27:29ID:118490

カトリックとプロテスタントの講義見ましたฅ(≡ↀᆺↀ≡)ฅ
キリスト教はあまり良く知らなかったので、なかなか面白かったです。
要点の絞り方がうまいですね。

Yonnsann
2019-05-20 01:52:40ID:118486

>>7zoesan::さん
自分が興味を持って学びたいと思ったらそれはもう立派な勉強ですよね。
長い人生まだまだ沢山学ぶことがあるのでその都度勉強して人生を豊かにしていけたら良いですね(^^)

Yonnsann
2019-05-20 01:51:05ID:118484

>>やってみよう::さん
あれ笑いましたw
中田さんは面白い知識を沢山持ってらっしゃいますよね(^^)
話し方も上手なので聴いてて楽しいです。
世界史シリーズも大変面白いので是非ご覧ください(^^)

やってみよう
2019-05-19 23:35:34ID:118417

中田さんのチャンネルは気になってたんですが、まだ視聴していませんでした。
さっそく徳川15代将軍をミスチルの曲にのせて覚える動画を視聴しましたw
ときたま興味深い雑学を挟んでくれるので、中田さんの話には引き込まれます。

7zoesan
2019-05-19 21:59:46ID:118367

LIFE SHIFTでも学び直しのことが書かれていましたね。
私も高校、大学はテストの点を取ることしか考えてなかったような気がします。圧倒的にいまのほうが勉強が楽しいです。
もう少し早く気づいていればまた違った人生だったのかもしれませんが、人生100年もあるというので気長に勉強していきます。

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
23823
0