connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

【映画】おすすめ邦画ベスト3

nem5.30xem (4) 173 6 1

前回は洋画のベスト3を発表致しました。洋画と同じくらい素晴らしい作品が邦画にももちろんありますので、ここでは邦画の個人的ベスト3を発表したいと思います。

 

 

【第3位】『櫻の園』(平成2年版)


〈あらすじ〉
桜の咲く季節。私立櫻華学園高校演劇部。創立記念日恒例のチェーホフ「桜の園」上演のある朝、しっかり者の部長・由布子はいきなりパーマをかけてきた。さらに、前日には部員の紀子がタバコを吸って補導されたというニュースに動揺する部員たち……。

 

○感想
『櫻の園』は原作が吉田秋生さんの漫画です。原作は群像劇といった感じて一話ごとに完結しており最後に「桜の園」の開演に繋がるという構成なのですが、映画ではその中の二人に主に焦点を当て、「桜の園」開演までの2時間を凝縮して描いています。
少女の瑞々しさを静かな演出と美しい音楽で表現しており、桜の花びらのような少女の一瞬の輝きに胸が切なくなります。

 


何と言ってもこの作品はつみきみほさん演じる杉元が良かったですね。不良の杉元は真面目な部長の清水に想いを寄せますが、その清水は女子に人気の倉田に想いを寄せています。清水が倉田に告白する場面ではその様子をたまたま見てしまった杉元がゆっくり煙草に火をつけ自分の想いを押し殺すんですね。その場面がなんとも切なく美しい。言葉にできない、してはいけない想いを煙草のみで表現する演出はより杉元の気持ちを象徴していて素晴らしいと思いました。

 


【第2位】『あの夏、いちばん静かな海』


〈あらすじ〉
収集車でのゴミ回収を仕事とする聾唖の青年・茂はゴミとして出された欠けたサーフボードを見つけ持ち帰る。彼はそのボードに発泡スチロールを継ぎ合せ、同じ聾唖の彼女、貴子を誘い海へ向かった。茂はサーフィンに打ち込むようになり、貴子はそれを砂浜でいつも眺めるようになる。

 

○感想
北野武作品唯一の純粋なラブストーリー。北野作品も好きで結構観てるんですがその中で最高傑作なんじゃないかと思います。本当に天才なんだなと思いました。
この作品は終始ずっと静かで、台詞も少なく眠たくなってしまうほど大きな出来事も特に起きない普通のカップルの日常と小さな変化が淡々と描かれるのですが、その小さな日々の積み重ねが最後の最後、本当に海の波のように一気に押し寄せてきます。エンドロールは波の音だけがただ流れるのですが、無駄なものを一切排除し静かな海のような余韻だけを残すこの構成と演出は正に芸術です。芸術としての映画を感じられる最高の作品と言えるのではないでしょうか。

 


【第1位】『横道世之介』


〈あらすじ〉
長崎県の港町で生まれ育った横道世之介は、大学進学とともに東京へと向かう。周囲の人間を引きつける魅力を持ち、頼まれたことはなんでも引き受けてしまうお人好しの世之介はいつもみんなの心の中にいる。

 

○感想
個人的にこの作品は全く非の打ち所がありません。邦画の中でというより、映画の中で一番好きです。
特に特筆すべきはそのストーリー構成。お人好しでどこか抜けてる世之介の大学生活を、彼と関わった様々な人の視点で観ていくという構成になっています。彼の日常は平凡でありながらいつもどこかおかしくて笑いっぱなしです。しかし、ある時点を境にそれが一変します。正確には、彼の日常は何も変わりなく楽しい毎日が続くのですが、それを観ている視聴者の目が一変するという仕組みになっています。同じ日々でも視点によって全く変わってしまうこの構成は本当に素晴らしいと思いました。また、その日常が最後にはただただ愛しく感じられ、胸がいっぱいになります。

この映画のキャッチコピーが「思い出の片隅のまんなかで、彼はいつも笑ってる」なんですが、正にこういうお話です。

 


○まとめ
邦画はよく洋画と比べてつまらない、レベルが低いなどと自称映画通が言っているのをツイッターなどで耳にしますが、個人的には全くそうは思いません。洋画も邦画もどちらも違った魅力があります。洋画がわかりやすく皆んなが満足できる作品を得意とするならば、邦画は観た者それぞれに様々な余韻を残す作品が得意と言ったところでしょうか。
洋画も合わせて改めて私のランキングを見ると、構成や余韻に非常に重きを置いているのがわかりますが、人によってどこを重要視するかは変わってきますので是非他の方のおすすめ作品なども聞いてみたいです。また、挙げた作品の中でまだ観てないものがあれば是非一度観ていただけたらと思います。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Yonnsann
2019-05-26 01:28:38ID:120224

>>HAO::さん
コメントありがとうございます!お気持ち共有出来て嬉しいです!

『横道世之介』は本当に時間が気になりませんよね。ストーリー構成と演出が完成されてたと思います。
仰る通り間違いなく傑作です(^^)

HAO
2019-05-26 00:40:43ID:120209

お初です。
横道世之介は上映時間かなり長かったけど、全く苦痛に感じずに観れた記憶があります!間違いなく邦画で傑作の部類に入ると思います。、

Yonnsann
2019-05-23 23:05:02ID:119702

>>オーウェン::さん
『横道世之介』は終始のほほーんとすると思ったら途中でいきなり爆弾発言が投下されたのが印象的でした。

高良健吾君良いですよね(^^)雰囲気がある印象です。

Yonnsann
2019-05-23 23:03:01ID:119701

>>7zoesan::さん
どれも素晴らしい作品なので楽しんでいただけると嬉しいです!

オーウェン
2019-05-23 21:02:21ID:119659

横道世之介は見たことありますー
常にのほほ~んな感じな映画だったことだけ覚えている。またちょっと見てみたくなりました。

高良健吾がなぜか好き。

7zoesan
2019-05-23 19:13:13ID:119622

邦画のほうはどれも見ていませんでした。
おすすめされていたの見てみようと思います。
ご紹介ありがとうございました!

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
24044
0