connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

演劇基礎論◆●「気持ちは途切れない」「動きを付ける」

nem6.35xem (3) 158 3 0

さて今回はビギナー向けだと書きつつチョット分かりにくいことを解説します。

ご参考にどうぞ♪

 

▶「気持ちは途切れない」

 

線路が途中で切れてたら電車は脱線しますね。

同じく、お芝居も気持ちが切れると脱線します。

ただこの場合の脱線するのは「観てるお客の気持ち」です。

 

僕はビギナー俳優さんにはまずセリフ読みの際に、

「セリフを点(読点)でいちいち切らないこと」とアドバイスします。

普段誰かと会話するときに文節に注意して聞いてもらえばわかると思いますが、

たいていの人は一息(ひといき)で「。~。」をしゃべっているものです。

 

芝居もそれは同じです。

 

感情を入れた「つもり」になってセリフを「読む」と、

以前書いた「アッァ」っと、息を無駄にプスっと抜いてからセリフを始めたり、

センテンスごとにいちいち区切って「読んだり」します。(前回記事)

 

これでは、話がお客の耳にスムーズに入って行かないばかりか、

「係り結び」も難解にして、意味すらうまく伝わらなくなります。

 

つまりお客に「伝わらない」のです。

 

お客に伝えるには、まず感情にセリフを「乗せて」、役が言うセリフを「発する」こと。

つまり、人がただ普通に話すだけなのですから、ブチブチ途切れた言葉にはならないわけです。

 

例えば上の2行がセリフだとしたら、途切れる部分は「1カ所」途中の「。」部分だけです。

もしこれをブチブチ途切れて話すということは…

 

お客に伝えるには、

まず感情にセリフを「乗せて」、

役が言うセリフを「発する」こと。

つまり、

人がただ普通に話すだけなのですから、

ブチブチ途切れた言葉にはならないわけです。

 

…こんな感じになります。

 

目で見ても変ですが、耳で聞けばもっと変です。

試しに途切れるバージョンと途切れないバージョンを、

スマホで録音しながら比べて聞いてください。

たぶんわかります。

 

 

▶「動きを付ける」

 

さて、動きは気持にリンクします。

それはどういうことでしょう??

 

稽古の動きのつけ方として、恐らく一般的な演出方法だと思いますが、

セリフに基づいた「動き」をつける』というのがあります。

 

例えば、二人の人が正面を向いている状態で掛け合いをするとしましょう。

あるセリフで下手側の人に

「そのセリフは少しうつむき加減で下手に外しながらて言って」と指示します。

 

この場合、この動きによって、

「相手に言いにくいこと」や「入って来て欲しくない辛いこと」(etc…)を言ってるのかな?

って、なんとなく分かりませんか?

少なくとも勢いづいてたり、楽しいことを語ってる「様子」じゃないですよね?

 

こうやって、そのセリフを話すときの役の感情に則った動きを演出側がつけることで、

ビギナーさんでもその時の役の感情を理解しやすくするわけです。

 

もちろん、思いっきりビギナーさんだと、この動きを「段取り」として捉え、言われた通りに順番に動こうとしますが、

セリフはそのまま、感情もそのままということが良く起こります。

 

なので、お芝居を始めようとする方や、初めて間もない方がこれを読んでおられるなら、

演出家に動きをつけられた場合、その「目線」や「位置関係」や「距離」や「仕草」などなどから、

その場の役の感情のヒントを探るように努めてください。

 

決して、ただ「段取り」として、

「つけられた動きの通りに、順番にその通り動く」ことは避けてください。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
目指せ北海道
2019-05-23 18:04:08ID:119603

>>のーんのん::さん
演劇でなくても、プレゼンの時など、書いてある文章を読むととたんに分かりにくくなる理由もここにありそうです。

のーんのん
2019-05-23 17:58:35ID:119600

>>目指せ北海道::さん
伝わらない原因の一つにこの句読点があげられます。脚本時点で打ってあるから空ける…という考えもありますが、原則これは演者が考えるものだと思います。
そしてお客はセリフの7割程度しか耳で聞いてはおらず、残りは”補完”して理解していますので、そこも考慮する必要がありますね。

目指せ北海道
2019-05-23 16:26:51ID:119582

あ、もしかすると僕は、句読点で区切りながらしゃべってる気がします。考えて話し、考えて話す。ブチブチ途切れて、時には何秒もの間が空いたり。これも、伝わらない原因なんですね。妙に納得してしまった。

NEMber who posted this article

ウン十年の役者人生を歩む(舞台メイン、古くはテレビ、CM、など)。キッカケを得てフリーに。NEM、XRP、草の保有者。Twitterでは暗号通貨の他ノンジャンルで有名無名関わらず、ダメな人以外をフォローします。(ブログ内画像はフリー素材かオリジナルを使用しています)
24047
0