connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

わいがガンになった時の話。その6

nem114xem (7) 294 6 2

【ネガティブスパイラル。】

 

前日に先生からこんな風に切ってここをこうして…という感じで足に書かれました。

 

 

ベッド上での生活が長くなり、色んな事を考えました。

 

 

だいたいは看護師さんの事を妄想してましたが、考え事をするとわいは決まってネガティブスパイラルに落ちてしまいます。

 

一般的な会社で働き続けることもできず、ただでさえ彼女のできない気質のパニック障害のキモオタ(残念ながら童貞ではない)なのに更に身体的ハンディキャップを負うことになる。

 

果たして退院の後わいはどうやって生きていくのか?

 

 

などと考えていたらますますネガティブスパイラルに陥る。

 

 

 

わざわざ手術する必要があるのか?

 

 

そのまま死んでしまった方がいいんじゃないか?

 

 

そもそも病院なんて行かずにボロアパートでじっと引きこもって孤独死してしまえばよかったんじゃないか?

 

 

ブラックホールみたいな心持ちになって死んだ魚の目になったわい。

 

 

その時いろんなものを捨てたというか諦めたというか、変な開き直りをすることになりました。

 

 

別に幸せになる必要はない。

 

 

そうなのだ。

 

苦しくなければいい。

 

 

しかしこの時のわいがそうであったように苦しいことっていうのは乗り越えてもまたすぐやってくる。

 

しかも一つの苦しみを乗り越えた強さは、次やってくる苦しみには対して役に立たない。

 

 

その連続である。

 

 

もう無視するしかないのである。

 

 

結婚とか家庭とか社会的地位とかそういった幸福カテゴリーみたいなものを無視して生きるのである。

 

 

精神論すいませんでした。

でもこの考え方は後にネガティブ思考から脱する為のわいなりの理論になるのである。

 

 

 

【人工関節置換術。】

 

手術前夜、生きる意志をなくしていたわいは友達に、

 

「きっと元気になってまたみんなに会いたいな!」

 

などとふざけて死亡フラグを立てていた。

 

 

眠りにつく頃またネガティブスパイラルに陥るわい…

 

泣いてしまいました。

 

 

こんな風に泣くこと本当にあるんか、と思いながらガチで泣いてしまいました。

枕がびしょびしょになるほどで、看護師さんにバレるのが嫌だったので持ってきていたタオルに顔をうずめておりました。

 

 

夜は明けて手術当日。

 

再び手術室に運ばれるわい。

死亡フラグも立てたし、これでこの世から去って異世界転生できるかな?

などと本当にしょうもないことを考えていました。

 

 

手術室にはたくさんの人でした。

 

これから一人の人間の命を救う為に準備するみなさん。

そしてその全員がここに立つまでにしてきた苦労の数々。

 

そんな人たちがどんな思いで今ここに立っているか。

 

少なくともこんな生きる意志のない人間を助けるためではないはずです。

 

もう申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

 

 

そして手術開始。全身麻酔が始まりました。

 

 

とうとう始まるな。

と思いながらまばたきをした次の瞬間、一気にまぶたが重くなりもう目が開けてられなくなりました。

 

次の目を閉じたら絶対に落ちる。

 

 

そう感じたわいが最後に願ったこと。

 

 

それは、

 

 

 

もう二度と目が覚めませんように。

 

 

 

でした。

 

 

その後はもう記憶がありません。

 

もう救いようがないですね。

というか救う価値すらないですね。

こんな気持ちで手術を受けて本当にすいません。

 

 

 

先生が呼ぶ声で目覚めるわい。

横にはおかんがいました。

そして唐突にゲロするわい。

 

何がなんやらよく分かりませんでしたがお疲れさまでした的な空気を察しました。

 

 

結果から言うと手術は大成功。

主治医の先生は見た目から分かるくらい優秀な方でしたので。

 

 

11時間くらいの大手術だったそうです。

後に手術中の写真を見せてもらったんですがわいの足はこんな感じでした。

 

いやそれもとに戻せるのか?っていう感じでしたw

 

 

その後は個室に移され看護師さんに面倒見てもらいました。

足には巨大なギプスがされており絶対動かせなくしてありました。

 

体が熱くってとにかくえらかったのを覚えています。

 

 

異世界転生はできなかったものの、とにかく手術は無事終了しました。

 

しかし大変なことはまだまだ続くのである。

 

 

つづく。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ヒライワン
2019-05-27 18:30:52ID:120706

>>ちょこたろ先生(農民垢)::さん
自分でも書いててすごい体験だったなと思います。

ヒライワン
2019-05-27 06:30:38ID:120601

>>ほなねむ::さん
そうですね。当たり前のように色々とお世話してくれてますがそのひとつひとつが普通なら抵抗あるものなんですよね。

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-05-26 22:40:38ID:120489

お医者さんや、看護師さんに対して、改めて感謝と尊敬の念を抱かないといけないな、と感じさせていただきました。ありがとうございます。

ヒライワン
2019-05-26 11:58:45ID:120309

>>matsuno@漆黒の::さん
色々と親切丁寧な先生でしたので安心してすべてを委ねてましたね。

matsuno@漆黒の
2019-05-26 09:10:43ID:120256

かける言葉がみつからないくらいですが、先生が優秀な方で良かったですね。

NEMber who posted this article

デイトレーダーを諦めたガンサバイバーです。
日々クラシックギターとドラムを練習しております。
たまにCG、blender、絵を描いたりします。
あとアニメ大好きです。よろしくお願いします。
24216
0