connecting...
Google translation for articles :
8 NEMBER donated to you!!

わいがガンになった時の話。その7

nem32.45xem (8) 312 14 2

【手術終了。】

 

 

手術が始まったのは朝だったんですが、わいが目覚めて個室に入っていったときはもう真っ暗でした。

 

なんか緑色した液体(胃液らしい)を吐きまくって、体中が熱かったので氷枕を頭やら脇やらに入れてもらってました。

 

なんか体の至る所が痛かったですね。

 

 

わいの持ってきてた「水曜どうでしょう」のチーム大泉のタオルを見た看護師さんが食いついてなんか言ってましたがそれどころではなく何言ってたかよく覚えてないです。

 

次の日にはだいぶ楽になってました。特に足が痛むとかはありませんでした。

 

 

 

 

【生理現象との戦い。】

 

 

 

術後一か月は足を完全に固定させておくため、ベッド上での生活を強いられる事に。

 

これが何を意味するか…

 

お風呂が入れないのはもちろん、

 

 

うんちをベッドの上ですることを強いられることに。

 

 

手術中に麻酔のせいでゆるんでうんちを漏らさないように、前日は食事規制され下剤で腸をすっきりさせておくので2,3日は大丈夫でした。

 

しかし術後に点滴していた痛み止めの薬にはとんでもない副作用があり、下痢しやすくなるというものでした。

 

ポンポンに異変を感じ始めたわい。ものすごい音がおなかから聞こえてきて、ほどなくするとわいは肛門あたりに重たいものを感じ始めました。

 

 

ついに来たか…

 

 

看護師さんを呼んでその旨を伝えると、おもむろに病衣の紐をほどかれ、簡易パンツ(ふんどしみたいなもの)をとられ、毛のないイチモツをあらわにされました。

 

 

らめえぇぇ!見んといて!

 

 

そう叫びたかったですがもう看護師さんたちは慣れてるんでしょうね。

 

手際よくお尻の下に給水シートみたいなのを敷いて、

 

はいどうぞ!

 

みたいな感じで、出したら呼んでくださいね。と病室を出ていきました。

 

 

 

しかしそこからなかなかうんちは出てきません。

肛門がピクピクするくらい出したくてしょうがないんです。

 

でも仰向け状態での脱糞は体が勝手に抵抗している感じで全然出てきません。

 

もうその状態が3時間ぐらい続いてましたね。

 

肛門をノックノックするうんち。

 

早く楽になりたいわい。

 

でも脱糞した姿を看護師さんに見られてしまうという羞恥心。

 

そのせいで勝手に抵抗するわいの肛門。

 

もう肛門の筋肉が痛かったです。

変な汗を掻きまくったわい。

 

 

もう全力でふんばってしまえ!

 

 

そう思い息を止めて、肛門を押しのけて出てくるサナダ先生(知ってる人は少ないと思う)をイメージし、最後の力を振り絞りました。

 

 

その瞬間、

 

 

ムニムニっ

 

 

っという柔らかい感触のあったかいものがわいのお尻の下に広がっていきました。

 

 

...

 

 

 

妙にあたりは静まり返っていてわいの部屋以外の時間が止まってしまったようでした。

 

 

ナースコールをすると看護師さんがやってきて、匂いなのか経験からなのか目が合うなり察してくれて、

 

 

「出ましたか?ちょっと待っててくださいね。」

 

 

そういってお掃除セットを持ってきてわいの肛門を丁寧に拭いてくれるのであった。

 

もう超恥ずかしかったです。イチモツも肛門もすべて見られているんです。

ありえない状況です。

 

 

わいのイチモツ見て心の中でプッ!とか笑われてたらどうしよう!

 

きったねーケツしやがって!くせーんだよ!って思われてたらどうしよう!

 

 

でもさすがは看護師さん。

 

嫌な顔ひとつせず、最後は笑顔で「何かあればまた呼んでくださいね。」

 

 

いやもう素晴らしいです看護師さん!

 

うんちですよ?

 

臭いはずです。汚いはずです。

 

にもかかわらず当たり前のように処理してくれます。

 

いやもうほんとに尊敬します。

 

 

こうして何とかおもらしにも近い感覚の脱糞を終え、ようやく楽になったわい。

 

 

しかしこれはただの序章にすぎませんでした。

 

 

最初の脱糞でタガが外れたのか、痛み止めの副作用が本領を発揮したのか、

 

その夜わいはとてつもない下痢に襲われて一晩にして10回ぐらい(大げさではない)脱糞してしまうのであった。

 

しかも毎回おんなじ看護師さんに処理してもらいました。

もう途中から看護師さんも笑ってましたね。

 

 

長々と汚い話すいませんでした。

 

つづく。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ヒライワン
2019-05-31 18:47:01ID:121944

>>ちょこたろ先生(農民垢)::さん
今となっては完全に笑い話ですので!

ヒライワン
2019-05-28 12:36:34ID:120975

>>うぇんじにあ::さん
自分との戦いですね!

ヒライワン
2019-05-28 12:33:56ID:120969

>>matsuno@漆黒の::さん
本当に素敵な方達でした!

うぇんじにあ
2019-05-28 08:12:05ID:120936

がんとの戦いは、対戦相手ががんだけではないんですね・・w

matsuno
2019-05-28 07:23:20ID:120926

白衣の天使!素敵だ!

ヒライワン
2019-05-28 06:43:18ID:120915

>>ほなねむ::さん
ほんとにいたんですね!

ヒライワン
2019-05-27 23:25:56ID:120831

>>7zoesan::さん
入院してて思ってたんですがめちゃめちゃ働いてますもんね。

ヒライワン
2019-05-27 23:23:13ID:120827

>>やそ::さん
自分ならできるかと考えただけでいかにすごいことかよく分かりますね。

NEMber who posted this article

デイトレーダーを諦めたガンサバイバーです。
日々クラシックギターとドラムを練習しております。
たまにCG、blender、絵を描いたりします。
あとアニメ大好きです。よろしくお願いします。
24280
0