connecting...
Google translation for articles :
8 NEMBER donated to you!!

100均から始めるジオラマ作り〜孤島の浜辺編〜

nem15.52xem (8) 150 9 0

まず始めに断っておきます。今回のジオラマは盛大に失敗した部分があります。でもその失敗した部分を捨てるのも様々な理由で勿体ないと感じたので、完成させたものです。

 

 

今回制作するのは、モンスターハンター3のメインモンスター、ラギアクルスのフィギュアを飾るジオラマです。

 

 

このラギアクルスの生息地の、孤島というフィールドをイメージしたジオラマを作ります。

 

 

 

ゲームでの孤島はこんな場所です。この画像中央奥の白い部分、近くに行くとこんな感じの場所です。

 

 

 

砂浜に海からの波が打ち寄せている綺麗な姿と、モンスターの食べカスの他のモンスターの骨などが散乱しているという対照的な姿がある場所です。

 

ラギアクルスはこの辺りで休眠をするので、今回のジオラマの舞台とする事にしました。

 

 

まずはジオラマの砂浜の材料の紹介。

 

 

いつものダイソーのコレクションケース(300円)と、地面に使う木粉ねんど。

 

それと、砂浜の砂の素材として、インテリア用のカラーサンドをダイソーで購入。

更に、海の水の色を表現したいと考えていたら、おあつらえ向きに海のインテリア用の彩色済みの砂と天然の貝殻のセットが、セリアで売っていたのでそれも購入。

 

 

そして、今回海の水を表現するのに使った、そして今回の失敗の元凶の木工用ボンドです。

 

これらを使ってまずは土台となる海と砂浜を作ります。

 

 

最初に、木粉ねんどを土台に貼り付けます。

粘土が張り付いている部分が砂浜になり、コレクションケースの土台がそのままの部分が海になります。

 

 

 

次に、海となる色付きの砂を土台に貼り付ける為に、砂と木工用ボンドと僅かな水を混ぜてペースト状にします。

 

 

このペーストを土台に盛り付けていきます。これで乾燥すれば、砂がボンドでくっついて固定されるので、土台から砂が溢れる心配がありません。

 

 

 

乾燥したら、次は砂浜を作ります。今度は青い砂、海に面した部分に盛り付ける砂は、海と同じ様に水と砂とボンドを混ぜてペーストにしたものを塗り、海から離れた部分には、砂とボンドだけを混ぜたものを塗ります。

 

 

 

 

これで乾燥すると、ボンドに水を含んだ砂は、水が乾燥した分だけ砂の密度が薄くなり、水なしの砂は水が無い分だけ砂の密度があるので、同じ砂浜でも、波に当たって砂が流動してる場所と、そうで無い場所の違いが再現できると思いました。

 

そして乾燥したのがこちら。

 

 

ここまでは思惑通りに順調に進んでいました。そう、ここまでは…

 

 

次にいよいよ海の水を木工用ボンドを使って表現するのですが、ここでやらかしてしまいました。

 

 

 

 

ボンドの厚みが海の水深になるだろうと考えて、大量のボンドを塗ってしまいました。

これが盛大に大失敗し、待てど暮らせど木工用ボンドが乾燥して透明にならなくなりました。

 

 

 

ボンドを塗ってから3日経ってもこの有様。海の部分は完全に真っ白です。波打ち際のボンドを薄く塗った部分は乾燥して透明になり、波に濡れた砂浜を表現できているので、海の部分にどれだけ大量にボンドを使ってしまったかが明白になってます。

 

 

それでも諦めきれず、ドライヤーを当てるとボンドは乾くという情報を仕入れたので、1日1時間くらい海にドライヤーを当てたりして、1週間が経過。

 

 

 

ここまで白い部分は消えましたが、これ以上乾燥して透明になるのか分からないのと、作りかけのジオラマがずっと一ヶ所の乾燥待ちというのが精神衛生上よろしくなかったので、仕上げの小物部分の制作に入る事にしました。

 

 

まず、ラギアクルスの食べカスの骨を再現する為に、ダイソーで売っていた恐竜の化石の玩具を使います。

 

 

 

 

掘り出す作業も割と楽しく遊べました。

 

 

この化石の玩具(材質はゴム)をバラバラにして、砂浜にまぶしてグルーガンで固定します。

 

 

 

ついでに海の砂についていた貝殻も化石の近くに接着します。これもラギアクルスの海で捕食したものの食べカスのイメージです。

 

 

 

このままだと綺麗すぎるので、水溶きした木工用ボンドを骨と貝殻に塗りたくり、上から砂浜の砂をまぶしていきます。

 

 

 

これで、吹きさらしのままの食べカスの雰囲気が出せたんじゃないかと思います。

 

 

最後に、バークチップを接着して作った岩を灰色に着色し、それをグルーガンで接着して、ジオラマ完成です。

 

 

どうでしょうか?ゲーム映像のイメージに近いと思うのですが(真っ白な海から目を逸らして)

 

 

それでは完成した、という事にしたジオラマにラギアクルスのフィギュアを飾ってみましょう。

 

 

 

正面から撮影。今回は青いダンボールが家にあったので、それを背景に撮影です。

 

 

 

海側から撮影。白い部分が気になってしまいますが、これはこれで波の動きを表現できてると強引に自分を納得させます。

 

 

 

砂浜側から撮影。このアングルはピントを骨に合わせたのですが、ラギアクルスのポーズも相まって、ひとしきり食事を終えたラギアクルスが、食べカスを残して海に帰っていく様に見えて好きなアングルです。

 

 

背面から撮影。こうして見ると、砂浜が海に比べて高すぎる様な気がしますが、どうでしょうか?

違和感が無ければいいのですが。

 

 

 

最後に、今回のジオラマは水の表現として使った木工用ボンドの扱いに難点があったジオラマでした。

本当ならもっと透明にするはずでしたので、海の色の砂を多く、ボンドは少なくすべきでした。

 

しかしこうした失敗があるからこそ、改善案が浮かび、それを次に活かせるのだと思います。

 

失敗したのならそれは無価値。私は割とそういう価値観の人間なのですが、一生懸命時間をかけて作ったものを、無価値と断じて廃棄できなかった所を振り返ると、私の価値観も揺らいでいるのかもしれません。

 

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
神楽レナ
2019-05-31 04:37:23ID:121817

>>ほなねむ::さん
ありがとうございます。まだまだジオラマを作る予定はあるので、お楽しみに。

神楽レナ
2019-05-30 12:40:55ID:121550

>>えっさん(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾::さん
水の表現を学習すれば、ジオラマの幅もグッと広がるので、今回は波打ち際の砂浜という新境地を開拓してみました。

神楽レナ
2019-05-30 05:37:50ID:121464

>>やそ::さん
ありがとうございます。失敗から生まれた偶然の産物ですが、表現の一種になっているなら良かったです。

神楽レナ
2019-05-29 22:46:36ID:121407

>>matsuno@漆黒の::さん
せっかく作るのなら、細部までこだわりたい。そんな風に考えてます。

NEMber who posted this article

はじめまして。nemについては知らない事だらけ。でも新しい世界に足を踏み込みたくてnemlogにやってきました。
趣味は骨の髄までポケモンマニア。後はアイロンビーズやジオラマなんかも作ってます。
暗号通貨はモナコインホルダーでもあります。nemはTwitterで投げてもらったものから知りました。
*オーダーメイドのアイロンビーズ製作は多忙につき終了させていただきました。
24519
0

Why don't you read following articles?