connecting...
Google translation for articles :
9 NEMBER donated to you!!

「日本人とお金のタブー」の話

nem105xem (9) 331 12 1

日本人にとってお金の話は「タブー」とされています。

お金について口を開く人は、拝金主義者、儲け至上主義者といったレッテルを貼られ、お金儲けすることがあたかも悪いことのように捉える人もいます。

日本人の金融資産の50%以上は現預金であり、アメリカでは50%ほどが株式、投資信託、債権の保有で現預金は10%ちょっとに過ぎません。

経済学者ケインズは有名な著書「雇用・利子および貨幣の一般理論」においてお金を貯め込む貯蓄によって利子を得るような「お金儲け」は全体の富裕には繋がらないと明確に否定しています。

そのためケインズは政府の介入によって利子率を引くして、公的支出によって有効需要を高く保つことによって、民間企業の産業投資が活性化する環境を作っていかなければならないと考えます。

現在、日本がとる経済政策もこのケインズ主義の流れを組んでいると思います。

預貯金による利子率がゼロに近いにも関わらず、一般市民のお金が投資に回らない現状があり、結局リスクをとれる一部の投資家だけが利益を享受して、格差が広がり、乗り遅れた市民の不満や妬みがまたお金のタブーを生み出すといった悪循環が日本の現状だと思います。

ここにいると気づきませんが、世間では暗号通貨も「タブー」そのものですね。日本という市場はこと金融に対しては非常に厳しいと言わざるを得ません。

 

「本当に大切なものはお金では買えない、徳を積めばお金がついてくる」

これが真であれば、お金を持たない人達の人格までもが否定されてしまいます。

これほどまでに「お金」に対してタブーな国は世界にもあまり例がないそうです。

 

背景には日本人固有の「全体主義」があると思います。世間体を気にして人と違うことをしない、空気を読めという同調圧力、これらが本当に恐ろしいのは全体主義が「タブー」を守るための世界共通の手段であるということです。

「タブー」最たるものはナチスの「ホロコースト」でしょう。

哲学者アーレントはホロコーストの実行者アイヒマンの人物像を「ありふれた平凡な人物」と称し、凡人こそが権威に服従し、他人に同調して、愚行に駆り立てられるのだと考察しました。

日本においても第二次世界大戦中に全体主義がもたらした多くの悲劇がタブー化され、覆い隠されています。

 

日本では経済教育や金融教育が質と量ともに不足しています。

まず家族でお金に関するタブーをなくすこと。

子供も交えてお金について話をする機会を持つこと。

お金に対してネガティブなイメージを無くすこと。

こうした家庭単位での金融教育が未来の豊かな国を担う人材を育て、自らが国を豊かにしようとするケインズのいう「よき資本家」を育てるの土壌になると思います。

 

いま、私はこのnemlogを時期がきたら娘にも教えたいと考えています。

自らがお金を得るためにどんなサービスを考えるのか、どのようにマネタイズするのか、何に投資するのか、自らのお金の価値尺度を育て、行動し、実行し、学んでいくこと。

nemlogはそのすべてが手軽にできる、経済体験を通じた金融教育コンテンツになると思います。

 

お金と暗号通貨に関する「タブー」がnemlogを通してなくなる日を夢見て。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

参考図書

松島 斉「ゲーム理論はアート 社会の仕組みを思いつくための繊細な哲学」

中村隆行「はじめての経済思想史」

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
7zoesan
2019-05-31 19:54:09ID:121951

>>mash::さん
プロ野球もそうですがやはり「プロ」意識が高い方は当たり前ですよね。それがお金を稼ぐということですし、自分を高めるモチベーションにもなります。ダメで下がったときの納得感もあると思います。サラリーマンは会社の言われた通りだから足下見られてるのですよね。プロ意識は大切ですね。

mash
2019-05-31 15:04:45ID:121920

昔、舞台役者をやっていた時に先輩役者の方から
「出演が決まった時になんで金銭の話をしていないんだ?いくらもらえるかがわからないと役者でやっていけないぞ」
と怒られました
◯◯円もらえるからそれ以上の頑張りを見せれるのだと
それがあなたの演技の価値だと
今思えば当たり前のことなんですけどね
私も日本人気質だったと言うことですね笑

7zoesan
2019-05-31 12:51:05ID:121893

>>ぺぺ::さん
私も時期がきたら一緒に学びたいと思ってます。お買い物ごっこの延長戦ですね。

7zoesan
2019-05-31 12:50:15ID:121892

>>きなこ::さん
そうですね、必要なものだからこそきちんと学ぶ必要があると思います。結局学んだもの勝ちなのは事実だと思います。

7zoesan
2019-05-31 12:49:07ID:121891

>>ふんみん😊::さん
そうですね、戦後を生きた親の教育なのか、根本的な価値感なのか、根は深いようです。

7zoesan
2019-05-31 12:47:07ID:121890

>>やそ::さん
そうですね、問題は見えているのにみな見ないふりをしている感じがします。年金だってわかりきっているのに…いざそうなってから声を上げ始めるのでしょう。みんなで。

ぺぺ
2019-05-31 09:06:09ID:121855

僕は娘とはお金とか投資の話をたまにします。nemlogの事も(笑)
少しでも興味を持ってもらって、若い頃からリスクについても学んで欲しいと思ってます。

きなこ
2019-05-31 08:50:07ID:121852

お金の話をすること自体、『卑しい』とか『下品』って風潮が
多少あるような気がします💡
人間死ぬまでお金と関わり続けるわけだから、色眼鏡で
見ないでお金と言うものの本質を見極めたいのだ💨

ふんみん
2019-05-31 07:12:49ID:121832

楽してお金が欲しい💴て言うと、悪いことするに違いないと思われる日本人がまだたくさんいると思います。
楽するの意味(好きな事で)が分かっていない。

やそ
2019-05-31 06:17:31ID:121824

清廉潔癖を目指すべきです!
お金なんて汚らわしいものではなく、精神性を大事にすべきです!

なーんてのも、お金の怖さなども全部知ってから話すべきですけれども、大抵の人はお金のことを何も知らずに話したりしていますからね。
日本は戦前のタブーや全体主義的な発想こそ反省すべきなのに、何故かそちらを頑なに守り、同じような破滅の道へと突き進んでいる気がします。

NEMber who posted this article

北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。
これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、
日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。
NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!!

ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。
24588
0

Why don't you read following articles?