connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

【アニメ】『モブサイコ100』に学ぶ大人と子どもの関係(1)

nem1.70xem (2) 96 4 0

『ワンパンマン』でお馴染みのone先生が手がける『モブサイコ100』。
強力な超能力を持つ中学生の影山茂雄(通称モブ)とその師匠であり霊能詐欺師の霊幻新隆の日常を描いた物語なのですが、これが非常に素晴らしいのです。

 

基本的にはギャグ調で笑える話が多いのですが、この物語では人との繋がり、努力、ありふれていて特別な存在といったことをテーマに非常に心温まるエピソードを描いています。

 

特にこの作品では先にも述べたモブと霊幻の関係が素晴らしく、理想の大人と子どもの関係と言えます。

ここでは印象的なシーンから、どのような点でこの二人の関係が素晴らしいと言えるのかについて、二回に渡り書きたいと思います。

 

 

○肯定する大人

モブがある悪徳宗教に勧誘され、その教祖に無理やり入るように促される話があります。
最初モブは拒否し説得を試みますが、教祖の挑発により怒りが爆発して自分の力を制御できなくなり、その宗教を壊滅させてしまいました。モブは力が暴走したことで弟を傷つけてしまった過去から自分の力を恐れており、またも暴走してしまった自分に自己嫌悪を抱きます。

それを霊幻に相談したところ、霊幻はなんでも無いように「お前がしたことで結果的に皆悪徳宗教から解放されたのなら良いじゃないか」と言います。そう言われてモブは少し気が楽になりました。

 

このように、自分の力による失敗を霊幻は「そういうことは誰にでもあるし結果的に良かったのならいい」と必ず肯定してくれます

 

この霊幻の考えに最もモブが救われたのが、二人が出会った時です。


「霊とか相談所」という事務所を営む霊幻の元に、ある日小学生のモブが訪ねます。先述したように弟を傷つけてしまったことで悩んでいたモブは、自分と同じ力を持つ人間がいるのではと思い意を決して扉を開けました。
しかし霊幻は特別な力などなく、霊能力者を謳ってマッサージ屋まがいのことをしている詐欺師です。当然超能力など信じていなかったので霊幻は自分は超能力者だと言うモブを電波と思い話だけ聴いて適当にあしらおうととりあえず中に入れます。
「オレも若い頃はよく悩んだ」と適当に話を合わせる霊幻に興味を示すモブ。そんなモブに霊幻は戸惑いながらも、次のような言葉をかけます。

 

超能力を持っているからと言って、一人の人間であることに変わりはない。
足が速い、勉強ができる、体臭が強いなどと一緒で、超能力も単なる特徴の一つにすぎない。
個性として受け入れて、前向きに生きていくしかないんだ。
魅力の本質は人間味だ。
いい奴になれ。
以上!

 

この言葉にモブは自分も皆んなと同じ人間だと安心感を覚えます。この後モブの超能力が本物であると知った霊幻は「超能力の使い方を教えてやる」とモブを利用するのですが、モブにとっては霊幻のあの言葉がずっと支えになるのです。

 

 

この二つの場面から読み取れることは、モブにとって霊幻は自分を特別扱いせず、また他の人間と同じように能力による失敗を受け入れて次の成長に繋げればいいと必ず肯定してくれる存在だということです。

 

私自身もそうなのですが、自己嫌悪してしまう人間は自分のことで手一杯で周りが見えなくなり、失敗も続いて自信が中々持てず、自分を好きになろうと思っても好きなところが見つからなくて余計マイナス思考に走ってしまうという負のループに陥ります。しかし、他人が自分を肯定してくれると少し楽になれるんですよね。自分は自分のままでいて良い、失敗してもまたやり直せば良いと言ってくれる大人が身近にいるだけで気持ちの重さが全然違います。

 

また、霊幻は大きな力を持っているばかりに強大な敵と対峙しなければいけないモブに逃げ道を示します。他の超能力者仲間がモブの力を頼る中、霊幻だけがモブを普通の中学生として見て、

 

嫌な時はなあ、逃げたって良いんだよ!

 

とモブの暴走を止めます。

 

苦しいくらいなら逃げれば良いと、大人が道を示すことは非常に大事なことだと思っています。

残念ながら日本は逃げ出せない風潮が強く自殺者なども後を絶ちません。「逃げてはいけない」という呪いがこの社会で蔓延する中、霊幻のこの言葉は大人にとっても重要なのではないのでしょうか。

 

以上のように、霊幻はモブにとって常に能力関係なくただの子どもとして見てくれ、自分の行いや存在を肯定してくれる尊敬できる「大人」として描かれています。
それにより、モブ自身超能力に頼らず自分の「人間味」を上げようと努力するんですね。

 

子どもにとって大人がどうあるべきなのか、モブ視点で見たときの霊幻の姿からはそれが学べるのでは無いでしょうか。

 

しかし、霊幻は人格者ではありません。そもそも詐欺師ですので、世間的にはあまり褒められた人間ではないのです。霊幻は霊幻で様々な問題を抱えており、そこからもこの二人の大人と子どもの関係が生きる形になって描かれます。


ここがまた非常にこの作品の深いところなのですが、それについてはかなり長くなりそうなので次の記事で書きたいと思います。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Yonnsann
2019-06-02 23:53:35ID:122571

>>7zoesan::さん
配信サイトで全話配信されてると思います(U-NEXTにはありました)!
印象としてはワンパンマンより全体のストーリーの完成度を意識した作品だと思います。素晴らしい作品なので是非観てください(^^)

7zoesan
2019-06-02 23:11:12ID:122534

ワンパンマンは好きでずっと見ていましたが、ギャグ漫画なはずなのに深いときもあって考えさせられます、こちらの作品は知りませんでした。ワンパンマンのようにネットで見れるのかな?

Yonnsann
2019-06-02 16:56:19ID:122403

>>わんこイン::さん
ワンパンマンとはまた違った面白さがありますよ!

わんこイン
2019-06-02 16:51:31ID:122402

ワンパンマン面白いからみてみようかなー、

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
24725
0