connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

わいがガンになった時の話。その11

nem5.59xem (6) 156 8 1

【避け続けた現実。】

 

わいが避け続けてきた現実。

 

社会復帰である。

 

考えるとまた不安が襲ってきました。

もうクリエイターとかどうでもよくなっていたわい。

 

想像しました。

一般企業に就職し、そこには上司がいて同僚がいて、ミーティングしたり、飲み会があったり、気を使ったり、考えてるだけで恐怖し、動悸が激しくなりました。

 

またパニック障害出ちゃうんじゃないか。

 

なんとか楽に生きていきたいわい。

 

ニート村とかそんな情報もありましたがそもそも共同生活なんて絶対嫌だし。

 

そんな中、ある夜に病院でを見ました。

 

 

わいはカニになっていました。

 

「あ、カニになってしまった。」

 

そう思ったわいはとりあえず浜辺を横歩きしていました。

 

すると波が打ち寄せて来てわいは流されました。

 

波に流されながら、わいはなんだかものすごい幸福感に満たされていました。

 

ああ、もう何も考えなくていいんだ。

 

カニになったことで社会から完全に切り離され、すべてが関係なくなりすべての不安が関係なくなり、安心し、安堵し、とても幸せな気分でした。

 

しかしそのあとわいは無邪気な子供たちに拾い上げられて、いじめ殺されてしまう。

 

でもその結末も含めて幸せでした。

 

子供たちに手足をもがれながらもこんな幸福感に満ち溢れている間に徹底的に殺されるんならそれでいい。

 

もう何にも不安に思うことはない。

 

僕はやっと救われたんだな。

 

 

そんな夢を見ました。

 

 

起きてからもしばらくその幸福感は続いており、現実に戻るまで余韻に浸っていました。

 

今でも鮮明に細部まで覚えております。

退院した後にその浜辺を探しに行ったくらいでした。

 

この夢が意味するものは何か、そんなことを考えたわい。

 

 

カニにでも転生しない限り救われないので人間として生きてる間は諦めましょう。

 

 

たぶんそういうことだと悟ったわい。

なぜカニなのかはよくわからないですが。

 

 

 

 

【退院の日。】

 

不謹慎ですが永遠に続けばいいと思っていた入院生活も最後の化学療法を終えてついに退院の日。

 

ほとんどの看護師さんにまだ挨拶できてませんでしたのでせめてナースステーションにいる看護師さんに挨拶しようと思い、お別れの言葉を考えていました。

 

やだ!泣いちゃったらどうしよう!

 

とか考えながらナースステーションに向かうと、皆さんは出はからっておりもぬけの殻でした。

 

挨拶できずなんか寂しい気持ちのまま担当していただいた看護師さんに最後は見送られるわい。

 

 

さようなら、白衣の天使達。

 

さようなら、容認されたニートライフ。

 

 

前日に雪が降り積もってしまっていて、おかんに迎えに来てもらうのは危ないと思いタクシーで帰るわい。

 

こうして1年に渡る入院生活は終わり、一生分女の子に優しくしてもらったわい。

 

病院での楽しかった思い出を振り返り、ニヤニヤしながら帰っていきました。

 

 

 

 

【退院後。】

 

退院当時のわいはひざに力が入らずカクカクしておったので杖をつきながら歩行していました。

杖は何故か楽器屋さんで作ってもらいました。↓

 

片方のひざがうまく機能しないと歩行はもちろん、立ち上がりにくかったり、階段の昇降が大変だったりします。

ひざから先にプラプラする棒をつけて歩いてる感じです。

 

もともとわいはほとんど外に出ないのであんまり困る事はありませんでした。

 

 

「しばらくはのんびりしていればいい。」

 

とおとんには言われましたが、

実家でじっと引きこもるのは少々居心地が悪いので夕飯の手伝いでもしようとフライパンを振っていたんですが、腕がパンパンに腫れて、しかも腰痛になってしまうという軟弱っぷり。

 

 

予想以上に体力がなくなってました。

 

 

なので翌日から体力作りのためラジオ体操、散歩、合わせて不本意でしたが就職のため資格の勉強を始めました。

 

資格といってもエクセルの検定みたいなやつです。

この足では座って事務仕事ぐらいしかできないと思ったので。

 

 

このエクセルの資格、わいの住んでるとこの近くでは試験会場が某ショッピングモール内にあるパソコン教室しかありませんでした。

 

人混みが苦手なわいは仕方なくそこまで行ったんですが、ショッピングモールの人だかりの中、ニット帽してマスクして杖をついて歩くのはすんごい恥ずかしかったですね。

 

病人そうろうです、みたいな感じで。まあ半分くらいそうだったんですが。

何かされたわけではないですが、ものすごく嫌な気分だったので試験が済んだらさっさと帰りました。

 

しっかり勉強しておいたおかげで資格の方は無事とれました。

 

 

そうやって色々と行動していくうちに何となく社会復帰に対して前向きな気持ちになっていきました。

 

つづく。

 

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ヒライワン
2019-06-07 17:56:23ID:123643

>>ちょこたろ先生(農民垢)::さん
ありがとうございます!おそらくこんな杖僕しか持ってないですね!

ヒライワン
2019-06-04 23:05:24ID:123007

>>7zoesan::さん
グリップ感がいい感じです!

7zoesan
2019-06-04 19:53:34ID:122954

杖がすごいオリジナルですね〜はじめてみました。

ヒライワン
2019-06-04 06:43:45ID:122874

>>ほなねむ::さん
そうなんですか!
よく変な夢を見るんですがあの夢だけは僕の中で特別なものなんでうれしいです!

ヒライワン
2019-06-04 06:41:18ID:122872

>>matsuno@漆黒の::さん
病院でもその杖かっこいいですねって言われました(笑)

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-06-04 02:16:35ID:122854

カニの夢は大吉夢らしいです
ただ・・・「カニになる」夢はちょっと見つかりませんでした

NEMber who posted this article

デイトレーダーを諦めたガンサバイバーです。
日々クラシックギターとドラムを練習しております。
たまにCG、blender、絵を描いたりします。
あとアニメ大好きです。よろしくお願いします。
24781
0

Why don't you read following articles?

114.25 XEM
217 6 2

12.6 XEM
177 6 2

7.1 XEM
215 8 1

16.4 XEM
183 10 1

27.4055 XEM
209 10 2


16.895 XEM
162 10 2

88.55 XEM
216 12 1