connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

障害は個性←

nem4.25xem (4) 237 8 0

ある状態や傾向は、それ自体は優/劣や普通/異常のような意味合いを持っていませんが、社会という環境やそこに生きる多くの人間との関係性が発生すると必然的に良し悪しやまともさに関する基準が発生し、ズレている人、劣っている人を区別するためのレッテルが生まれます。

 

その一つが障害である以上、障害という概念の正当性を疑わずにそのまま用いる限りにおいては障害は絶対的に劣った特性なんです。

 

つまり、障害者を「障害者」として見るのであればその人は健常者よりも低次の存在となります。

 

もし、障害は異常ではないとか個性だという主張をするのであれば、障害者とされる人を社会的な関係性から切り離してただその人個人の存在に注目しなければならないのです。

 

故に、その時は「障害」というレッテル自体が成立しないという前提に立たなければならない。

 

しかし、不思議なのが、障害に対して理解がある設定の支援者やら、あるいは啓発に勤しむ障害当事者って「あくまで状態自体に絶対的に障害という性質が内包されてる」と思ってる節がありませんか?

 

その上で個性だ何だと言ってるからどうもダブルバインド的で違和感がある。

 

「障害者とされる彼ら、彼女らが陥っている状態」が他者や社会との関係性が無くとも絶対的に異常であると認めるのであれば、必然的に健常者よりも劣った、異質な存在であると見ざるを得なくなるのです。

 

本質的には優劣の関係にあるものではないという意味で障害は個性であると主張するのであれば、例えば、アスペであるとかてんかんであるとか歩行困難であるとか、そういう状態自体はあくまでも異常なわけではないという必要がある。

 

 

障害に関して、それが相対的な関係性のうちに生じる問題であることを理解せずにある時は個性と言ったりある時は障害と言ったりするパープリンが多いよねという話。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
物愚者
2019-06-11 20:09:24ID:124961

>>やそ::さん

ぶっちゃけそうかもしれない。

物愚者
2019-06-11 20:08:47ID:124960

>>新井マクト 🦎🦎🦎::さん

おう、ごめんね。。。

物愚者
2019-06-11 20:08:24ID:124959

>>オーウェン::さん

こんな記事を書いておいてなんなんですが、いつも自分も行っているように日常において言葉というものは正確性を欠いた直感的な意味で使われるので〜...という話に尽きるんでしょうね。こういうことが起きる原因に関しては。

物愚者
2019-06-11 20:04:35ID:124958

>>7zoesan::さん

繊細な感覚の持ち主はちょっとした自然異変や気候の変化などに敏感でシャーマン的な予言者として活躍してたのでしょうか?

はい。タロットの愚者は自閉症と統合失調という説があります。

やそ
2019-06-05 06:37:18ID:123073

障碍って字のほうが良いってそういう人たちが言ってた。

ジェンダー問題もそうですが、差別を無くせという人たちが一番差別意識がありますよね。

新井マクト 🦎🦎🦎
2019-06-05 01:49:26ID:123063

ガイジって言葉は良くないよ。
あえて使ってるのかも知れないけど。
内容はどうでもよいや。
中身の内容とそぐわないね。

オーウェン
2019-06-05 00:28:00ID:123047

障害は個性である?

障害という言葉自体には、低次であるという潜在的な意味合いや認識を内包していそう?
個性という言葉自体には、低次であるという意味合いや認識を皆していないはず?

では、障害とは低次の個性であると思っているかと言われるとそうとは限らないし、そうとは認められないだろう。
障害という言葉を認めて使ってしまっている時点で、個性とつなげてしまったら、、、???

なんか不思議な感じ。

7zoesan
2019-06-04 23:13:49ID:123013

統合失調症はどの時代にも一定割合存在していたという話があります。つまりは遺伝的に淘汰されなかったということで遺伝的に優位になれる状況があったのではないかと考えられています。科学による予測が不可能だった時代、繊細な感覚の持ち主はちょっとした自然異変や気候の変化などに敏感でシャーマン的な予言者として活躍してたのでしょうか?現代の精神が繊細な人はその子孫かもしれないという話。

NEMber who posted this article

二億円なんかいらない。
24951
0