connecting...
Google translation for articles :
8 NEMBER donated to you!!

わいがガンになった時の話。その13

nem195xem (8) 187 14 2

【本物のクズ。】

 

1番ダメなパターンで逃げ出してしまったわい。

なんか怖くてめちゃくちゃドキドキしてました。

 

会社からの連絡にビビッてとりあえず携帯の電源を切り、落ち着きを取り戻すまでよくわからない道を延々走ってました。

 

何時間走ってたかよくわからないですが、喉がカラカラなのに気づいてどこだかよくわからないコンビニに車を止めました。

もうお昼でした。

 

とりあえずだいぶ落ち着いたので卵蒸しパンと水を買って、これからどうしたものか考えました。

ちなみにわいは卵蒸しパン愛好家でこんな時でもおいしかったです

 

 

もう会社へは行けない。

 

家に帰る気もしない。

 

 

もう死んでしまおうか。

 

 

ふとそんな安易な考えが浮かびました。

 

わいが死んだ時のことをシミュレーションしてみよう。と思いましたが死んだ後のことはどうでもいいのでそれはちょっと無意味すぎました。

 

仮に自殺したとしても失敗も大いにあり得ます。

その時は本当に悲惨なことになり兼ねません。

 

そしてどっちにしろ両親は多大なショックを受けると思います。

 

それが一番嫌でした。

 

 

もう仕事なんてせずに本物の引きこもりニートになってしまおうか

そして両親がなくなった後でわいもさっさと身投げする。

それが一番楽かもしれないな。

 

と、わいは本気で考えましたがその考えがいかにボケナスかすぐに気づきました。

 

言いかえてしまえば親が死ぬのを待っているという事です。

 

一瞬でも本気でそんな事を考えてしまいました。

 

 

もうダメだ。

 

わいはもうダメだ。

 

クズすぎる。

 

アホすぎる。

 

クソカスゴミ…

 

 

わいは知らないうちに嫌いな人間に自分からなってしまったらしい

なんか泣けてきました。

なんか前にもこんな風に泣いた事あった気がするなぁ、と病院で泣いちゃった事を思い出しながらまた泣いちゃいました。

 

そしてわいはふと思い立ち、またハンドルを握りある場所へ向かいました。

 

 

 

 

【招かれざる客。】

 

わいが向かった場所、山梨県の富士山のふもと青木ヶ原樹海。

 

もう死んでしまおうと思いました。

 

首を吊る勇気なんて無いので、樹海をさまよいまくって野垂れ死んでしまおう。

空腹などに苦しむかもしれないが、そのまま迷いまくっていれば死んでしまうだろう。

 

そう思いました。

 

 

山梨県につく頃にはもう真夜中でした。

夜だったので見にくかったですが、何となく富士山っぽい影が見えていました。

 

そういえば富士山を見るのは初めてでした。

 

 

「でかいな。まぁどうでもいいけど。」

 

 

そう思いながら樹海の近くにポツンとあったコンビニに寄って行きました。

 

どうせ最後だしなんか買ってくか。

と思いながらビール2缶とじゃがりこ、入院以来やめていたタバコ、あとこれから死ぬっていうのになぜか歯ブラシセットを買いました。

 

そして樹海周辺にたどり着いたんですが、いまいち樹海の入り口がどこか分からず、もう適当なとこで車止めて侵入していこうと思いました。

 

しばらく車の中でボケーっとしてましたね。

 

そして何を決心したわけでもなく人生最後の食料を持って車を降りて樹海に侵入しようとしました。

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

あまりにも暗く、なんか異世界のゲートみたいなのがそこにあるようで、わいは招かれざる客のような感じがしました。

 

もし足を踏み入れたら死んぢゃうかもしれない!と思いました。

 

いや、死ぬつもりだったんですが、リアル怖くなったわいは秒で車に引き返し、とりあえず別の入り口を探しました。

 

しかし一度ビビって逃げたわいはもう夜の樹海が怖くなっておりました。

なんかタヌキみたいなのが車にひかれてるし、シシ神みたいな鹿がヌッと林の中から出てくるし。

 

 

 

 

 

いったんわいはそこから離れて道の駅らしき場所に車を止めました。

 

しょうがないのでわいはとりあえずコンビニの袋からビールを取り出して一口飲みました。

 

 

 

 

「うまいわー。」

 

 

 

朝から情緒不安定で長時間にわたる車の運転、そして樹海の暗闇の恐怖から解放されたせいもあって体にビールが染みわたっていきました。

 

そして久しぶりのタバコに火をつけて煙を肺に送り込みました。

 

 

 

「まずいわー。」

 

 

 

臭いしまずかったのですぐ火を消しました。

 

 

ひとしきりビールを飲み終えたわい。

 

その日の出来事を思い返しながらこう思いました。

 

 

「あほくさ。寝よう。」

 

 

そしてわいは歯ブラシセット買っておいてよかったと思いながら歯磨きして眠りにつきました。

 

つづく。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ヒライワン
2019-06-09 08:59:06ID:124209

>>魔眼のほなコロ::さん
それはたしかにそうかもしれませんね!

ヒライワン
2019-06-07 18:05:48ID:123649

>>ちょこたろ先生(農民垢)::さん
普段からろくな事考えてませんが、この時はほんとにろくな事考えてなかったですw
一気読みありがとうございます!最後まで頑張って書きます!

ヒライワン
2019-06-07 18:02:55ID:123647

>>matsuno@漆黒の::さん
いついかなる時も本能には勝てないようです。

ヒライワン
2019-06-07 18:01:04ID:123646

>>うぇんじにあ::さん
この時のビールの味は忘れません!ちなみにこの時飲んだのはバドワイザーです。

ちょこたろ先生(農民垢)
2019-06-07 14:37:13ID:123620

この気持ちすごいわかる…
自殺を考えるときって、徹底的に弱ってるんですよね。
弱った精神状態で物事考えるとまあ、大抵ろくな考えが出てこない。
酒で一時はこの考えにロックはかけられるけど、一時しのぎに過ぎないですよね…(人によると思いますが)

9話辺りからここまで一気に読ませていただきました。
興味が尽きない話です。書いてくれてありがとう!

matsuno@漆黒の
2019-06-07 08:10:10ID:123555

どうなるかと思ったら。食欲最高!

うぇんじにあ
2019-06-07 08:01:15ID:123547

ビールが生還できた理由だったのですね!!^^
ビールは神や!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ヒライワン
2019-06-06 22:52:35ID:123481

>>mizinco::さん
ありがとうございます。いや本当によかったです。

ヒライワン
2019-06-06 22:51:24ID:123480

>>7zoesan::さん
そうですね。あの時久しぶりにビール飲んだのもあってすごくおいしかったです。

NEMber who posted this article

デイトレーダーを諦めたガンサバイバーです。
日々クラシックギターとドラムを練習しております。
たまにCG、blender、絵を描いたりします。
あとアニメ大好きです。よろしくお願いします。
25009
0

Why don't you read following articles?

138.7095 XEM
521 6 1

27.4055 XEM
205 10 2

5.1 XEM
148 6 1

5.595 XEM
152 8 1

5.595 XEM
228 10 1

16.4 XEM
176 10 1

32.45 XEM
196 14 2

16.895 XEM
158 10 2