connecting...
Google translation for articles :
1 NEMBER donated to you!!

孤独死 人間とウサギ

nem4.65xem (1) 188 11 0

今日、孤独死の記事を目にした。

30代女性の話だった。

 

アルコール依存症が原因で離婚。

その後、余計アルコール依存症になり、セルフネグレクト→孤独死

 

なんて、孤独死した理由を推測している記事だった。

 

 

 

恐らく、彼女のお世話をしてくれる誰か、家族が近くにいれば、こういった結末にはなっていなかっただろう。

 

近くに面倒を見てくれる人がいれば必ずしも救えたとも限らないが、救える可能性は高くなるのではないかと思う。

 

彼女自身も恐らく、孤独死は望んでいなかったと思う。

救われたかったと思う。

 

 

記事にあった記載であるが、

孤独死した部屋には、医者に受けたであろう肝硬変の通知と薬があったことから、少なからず死ぬことは望んでいなかったはずである。

 

 

 

 

私はいつも思うことがある。

 

友達は無理矢理作るものではない。

 

浅く広くの人間関係はめんどくさいし、自分の人生にとってメリットがない。

一緒にいて、楽しくない人との関係をなぜ広げる必要があろうか。

 

親への連絡もめんどくさいから、まあたまにでいいだろう。

向こうからくるし、その時でいいだろう。

 

 

 

というようなニュアンスのことをたまに口走ると、

 

「最近の若者っぽい考え方だなー(^^;」

 

なんて言われるわけだが、まあ事実そうなのかもしれない。

 

 

 

 

 

私は学生時代からそういう考えであった。

 

浅く広く?めんどくさいな。

楽しくないし。

 

当然友達は少ないわけだが(^^;

 

 

高校時代までは実家に暮らしていたので、関わりのある人が少なかろうが親がちょっかいをかけてくれていたわけだ。

 

いちいちつまらん話題をふってくるなと思ってはいたものの、近くに誰かがいるということは必要なのかもしれないと思った。

 

学校の先生がちょっかいをかけてくれたりね。

 

 

 

私は、

大学時代~いわゆる社会人(今)にかけて、一人暮らしである。

 

相変わらず、友達は少ない。

 

が、その友達とはよく遊ばせてもらっている。

ついでに彼女にも相手にしてもらっている。

 

 

ここまで来てわかるように、積極的き友達を作ろうとする性格ではない。

友達ってのは自然に出来るもんだ。

そもそも友達ってなんだ。

どこからだ。

なんて思っている。

 

今いる友達も向こうから積極的に来てくれたおかげで成立したようなもんだ。

ありがたいわけだが。

 

 

 

友達なんか出来ないなら無理矢理作る必要はない。

と思ってはいるが、

本当に孤独だったらどうだろうか。

 

本当に友達がいない、彼女もいない。

そして、一人暮らし。

親から連絡もない。

相手にしてくれない

 

 

本当にそれでも生きていけるのだろうか?

 

 

孤独死をする人。

寂しくて、誰も関わる人がいなくて、セルフネグレクトになるんじゃないか。

 

 

寂しい?孤独死?

ないない(ヾノ・ω・`)

 

と思っていたわけだが、、、

実際体験してないのでわからない。

 

 

誰にも相手にされない自分はなんのために生きているのか、誰のために生きているのか。

そう考えるのかもしれない。

 

 

 

 

だから友達がいなくても、優しい家族がいて、つまらなくてもちょっかいをかけてくれるってのは必要なんだろう。

 

だから浅く広くネットワークがある、田舎のつながりって最強なんじゃないかって思った。

 

 

だから孤独死をする人は都会に多いんじゃないかって思ったりもした。

 

田舎の一人暮らしの老人さんが孤独死するってのもあるとは思うが。

 

 

 

 

ウサギさんは寂しいと死んじゃうんだよ?

って話をよく聞くが、人間も寂しいと死んじゃうのかもしれない。

 

と、思った。

 

 

 

 

なんだ、そのつまらねー話(´Д`)

と思っても、

親は大切にしないといけないよ。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
オーウェン
2019-06-10 22:40:52ID:124703

>>やそ::さん
そーなんですよ。

別に寂しい訳くはないんだがと思いながらも、時々ちらっと見える楽しそうなサークル仲間的なものがいいなーと思ったりねえ( ̄▽ ̄)

やそ
2019-06-10 21:06:00ID:124637

>>オーウェン::さん
寂しいと思われたっていいじゃない。
だって実際は寂しくないんだから。
とか言いながらも、ちょっと色んな人と付き合える人たちに憧れや羨望も持っていたり。

オーウェン
2019-06-10 18:26:07ID:124599

>>やそ::さん
ですねー。単純に疲れる。

なんて話をすると、寂しい人生やねー、なんて言われますが(笑)

大きなお世話じゃい(ノ-o-)ノ┫
って思いながら、無言になるわい、、、( ̄▽ ̄)

やそ
2019-06-10 17:47:38ID:124585

私も広く浅くは嫌いです。
気の合う人とだけ話せれば良い。

オーウェン
2019-06-10 01:50:11ID:124509

>>ちきゅう::さん
くだらない。
ぐらいの言われようの方が楽ではあったりする。。。

実際のとこ、その時思ったことをずらずら書いたり、日によっては動画張っつけて数行で終わったりするから、内容に一貫性はないし、ぐっちゃぐちゃだし(^^;

お気に入りだと言われる方がプレッシャーになったりね(^^;
で、気張って書き出した途端、あいつはつまらなくなったなんてね(笑)
ハードルは低く設定してた方が楽なんだよ、っていう性格。

まあ、なんでもいいさ

ちきゅう
2019-06-10 01:19:57ID:124505

訂正するわ、
くだらなくないからw だから、ちきゅうがコメントしてる。つまりそうゆうことw

文章力しか見てないからねー国語だけに笑
プロはそこらに転がってる石すらも売れると言う。
だから、どんな内容でも魅せ方次第ョ

北海道のあの記事が読みやすかったり
きなこはテーマだけがおもしろかったり
ふんみんは薄っぺらさに磨きがかかってたり

オーウェンは安定して見れる記事でお気にの1つだよー
人が増えて、安定してきたらその人気が数字で理解るはズ

オーウェン
2019-06-10 00:21:42ID:124487

>>ちきゅう::さん
と、思ったけど、、、さほど仮想通貨系の記事ってないな(^^;

オーウェン
2019-06-10 00:19:08ID:124486

>>ちきゅう::さん
そーね。

前より過疎感は出てきていると思う。
一応、nemlogというぐらいなので、仮想通貨の記事があるのは当たり前であるが、その類いの記事ばかりになったら完全な仮想通貨専門ブログになってしまう。

仮想通貨系の記事に偏ると、nemlogで仮想通貨系の内容の情報を提供する側は、他の仮想通貨専門情報サイトに負けないようなクオリティの記事を書かないといけないんじゃないかという気になりハードルはあがる。
そうなったらnemlogである必要があるのかっていう気になるんじゃないかって。

だから、まあこういったくだらない記事をnemlogで放出することにはなんらかの影響があるだろうっていう考えはあったり。
ブログ的であり、Twitter的であり、インスタグラム的であり、仮想通貨情報サイト的であり、nemlog独特感的であることに意味があるんじゃないかと。
ごちゃごちゃしててもどーなの?って感じかもしれんが。

↑ここまで自分に都合がいいように考えてるだけかもしれん。

ちきゅう
2019-06-09 23:46:37ID:124455

NEMログ過疎ってきたねーユーザー退会してる人いたしーここが、正念場ってとこなんだろうけどw
キャラとかお絵かきに集中してるのが今だけってことを思い知らせてやる。あとは仮想通貨の今後みたいな内容。これは、ネタがない、というかは、記事に反応がないから、どうしてもその路線にいってるんだろうなー


そんな中、いつもくだらない記事をありがとうw
NEMログひらいて安心する要因でもあるなフフッ

オーウェン
2019-06-09 23:36:08ID:124454

>>ちきゅう::さん
自分が安心できるように、
親、兄弟側にも
「心配するな、我々がついてまっせ」
感を優しく醸し出せるような、そんな存在であってほしいもんだなあ( ̄▽ ̄)

NEMber who posted this article

「めんどくさー」が口癖の怠け者です。
25264
0

Why don't you read following articles?