Wait a moment...

【健康】SNS依存脱却チャレンジ

nem97.45xem (4)
296
4
2019-06-16 11:22:50
【健康】SNS依存脱却チャレンジ

※前半は愚痴っぽくなっているので飛ばしてもらって構いません。後半から脱却方法について述べています。

 

○きっかけ

私はこのネムログで登録しているTwitterアカウントの他に4つほどアカウントを持っています。そのうちメインに扱っているアカウントでは趣味で二次創作をしたりと高校生の時から使っているアカウントで、ありがたいことにフォロワーも1600人近くいるのですが、最近それがしんどくなってきました。

 

というのも、先日私が個人的に素晴らしいと思った作品を紹介したところ、「配慮しろ」という批判がきたということがあったからです。

 

向こうの言い分としては「比較表現を使うなんて他の人が傷付く」「あなたのセレクトにもれた人はどう思うか考えろ」ということらしいです。しかし、比較表現といっても「素晴らしい作品を紹介したい」と、あくまで私の感想を私のアカウントで誰にともなく呟いただけでしたので、まさかそんな批判が来るとは思わず驚きました。

 

そもそも私が紹介しなかった作品は「素晴らしくない」わけでも「下手」なわけでもないのです。ただの好みの問題であって私が絶対評価を下せるわけがありません。

 

しかしそのことは無視して政治家でもない、芸能人でもない1ユーザーの1感想に「配慮しろ」と平気で言えてしまう空気がとても怖くなりました。何度もそのことについて説明したのですが、相手はアカウントを隠せるサービスで投稿してくるため防ぎようもありません。

 

段々相手をするのがしんどくなってしまって今心も結構疲弊しています。

その中で思ったのが「SNS脱却をしよう」でした。

 

私のSNSに対する考えは、「SNSを利用する以上、誰の表現であっても保証されるべきであり、合わないものは自衛する」というものです。「自分も相手もどんな発言であれそれは許容されるべきでありだからこそこの世界は自由が保証されている」といった意味なんですが、昔に比べて今はその考えが薄れてしまい、監視社会のような雰囲気が濃くなっています。

 

とうとう1ユーザーの1感想に対してまで匿名サービスを使って批判される時代になってしまった以上、正直私にとってTwitterの魅力がなくなってしまいました。

 

「素晴らしい」という表現で「配慮しろ」と言われてしまうくらいですので、おそらく何を言ってもその人たちにとって私は「配慮が足りない」人間なのだと思います。

ならばもう「SNSで発言して心を疲弊させるようなコスパの悪いことはやめよう」と思ったのです。私は私の心情に従って「合わないものから去る」を実践したいと思います。

 

 

○脱却方法の模索

とは言ってももう6、7年はTwitterを利用している完全なツイ廃でありTwitter老害でありますので、そう簡単にはいきません。

 

調べてみたところ、SNSの通知というのは人間にとってかなりの刺激らしく、ドーパミン濃度が400%になってしまうほど。400%とはコカイン使用時に匹敵するらしく、常に通知を気にしてしまう状態にある人はコカイン中毒と変わらないんですね。(参考動画 https://youtu.be/a4xu5-0XjS8

 

そこまでドーパミン濃度が濃くなってしまう理由をいくつか考えてみたのですが、やはり一時的に承認欲求が満たされてしまうことが一番の原因なのかと思います。

 

私自身自分のイラストや考察(ネムログとは別に漫画作品についての考察ブログもやってます)が評価されたり共感されると、とても嬉しいです。
私は評価されるために描いているわけでは勿論なく、自分が楽しくて描いているわけですが、そのような評価を目に見える形で得て知らず承認欲求が満たされてしまうと、無意識にもっともっとと欲張って通知にも敏感になっていたと思います。


この無意識の承認欲求こそがSNS依存の原因と思った私は、とりあえずTwitter自体を自分から遠ざけることを始めました。

 

アプリ自体を消せたらそれが一番良いのですが、まだそこに踏み込む勇気がないのでまず始めにTwitterアプリをスマホの一番遠い場所(スライドしないと出ない場所)に置きました。

以前はスマホの下部の固定位置、親指ですぐタップできる位置に置いていたのですが、それだと無意識に開いてしまうため、あえてめんどくさい位置に置いてみました。

 

そして次にしたのが通知設定を全て断つことです。
通知によってアドレナリンが分泌されているのであれば、通知自体を切ってしまいそれがなくても平気な生活に慣れる必要があります。
設定画面から全てオフにし、通知が来ず、且つ見えない状態にしておくのが今のところベストだと考えました。

 

しかし、この状態でもまだソワソワしてしまい開きたい欲求に駆られてしまうのも事実です。

なので最後に、自分のスキルアップできるものにとことん集中することを決めました。

 

私は現在webデザインを勉強しており、jqueryの基礎を終えて今はJavaScriptの勉強に入っています。また、プログラミング自体にも興味が湧いておりpythonの勉強も昨日から始めています。これらは私が二ヶ月前心の病になって心を安定させるためになんとなく始めたものでしたが、今は楽しんで勉強しています。大人になってからの勉強はこんなに楽しいんですね。

 

また、ネムログについては私自身まだ仮想通貨の知識に乏しいので勉強していきながら継続したいです。

 

プログラミングとネムログ、今はこの二つに集中して取り組むことでTwitterは一旦頭から追いやりたいと思います。

 

趣味のイラストと考察につきましては、継続して描きながらwebデザインの勉強も兼ねてWordPressで個人サイトを作ってそこに公開したいと思います。
私は私なりに自分の作品を愛していますので日の目を見ないまま置いておくのは可哀想ですし、見たい人だけ見れる状態にして気持ちよく続けられる環境を自分で構築していきたいと思います。

 

 

○まとめ

SNSは自由であることが魅力でしたが、今はその自由の中で各コミュニティごとに自警団ができ監視しあっている状態のように思います。Twitterを始めた当初は世界が広がったようで、どうでも良い呟きになんでもない言葉で返し、好きなものを好きと言って気の合うもの同士が「繋がっている」感じがしていたのですが、いつのまにか言葉を監視し合うようになってしまい自由とは程遠い場所になってしまいました。

 

最初に述べた出来事はこの監視社会と化してしまったTwitterからの脱却の良いきっかけと思い、健全な生活へのシフトチェンジを試みて励みたいと思います。

Comment
hukushima
hukushima
2019-06-16 18:46:07ID:126191

>>Radio NEMber::さん
ご心配ありがとうございます。

きっと言った方々に悪気はないのだと思います。しかし「配慮」の範囲が明確に表されないままそれを他人に強要するのはやはりTwitterを利用する上で間違っているのではないかと思いました。
ですが私が言ったところで変わらないことですしストレス感じてやるくらいなら自分から離れるのがいいですね。

Radio
Radio
2019-06-16 18:34:07ID:126190

「配慮しろ」って言う人程配慮が無い。正しい事してるつもりだからよりタチ悪い。お気の毒です。

hukushima
hukushima
2019-06-16 14:01:08ID:126166

>>7zoesan::さん
私がかなりショックを受けてしまったのは趣味でしていたものだからというのもあると今考えたら思います。
きっとビジネスならダメージも少なかったと思いますが好きでやっていたもので同じ好きなものを共有する方達から責められたのでそれが結構堪えてしまったのかと…。

何事もほどほどにが一番ですね。

7zoesan
7zoesan
2019-06-16 12:41:53ID:126157

関わる人が増えるほど仕方ない面もありますね。
私はツイッター初心者なのでまだまだ面倒はありませんがほどよくにしておきたいと思います。

この記事を書いた人
趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、旅行。 エンジニア見習い。 日々の色々を共有しながらnemのことについても学びたいと思います。