connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

【信長の野望】安見信国でやってみた【大志PK】

nem13.00xem (3) 496 6 0

久しぶりに『信長の野望・大志 with パワーアップキット』(『大志PK』)をクリアしたので記事にします。

 

 

安見信国とは

「安見右近」と呼ぶのが一般的。

畠山家臣で交野城(1)主。松永久秀に預けられ、久秀の与力となる。
妻は織田家重臣・佐久間信盛の娘。
『信長公記』(1570年10月の記述)には「高屋に畠山殿、若江に三好左京大夫、片野に安見右近」とあり、主君の畠山秋高や三好義継なみに重要視されていた様子。
1571年5月、反畠山・反織田として動き始めていた松永久秀により、奈良・多聞城へと呼び出され自刃させられる(2)

安見信国

能力値
『大志PK』における安見右近。「年貢を横領したせいで殺された」風に見える。知略や政治の低さはそのせいですかねぇ……。

 

 

安見宗房との関係

以前の記事「【信長の野望】マイナー武将作成編~序盤まで~【創造PK】」「【信長の野望】マイナー武将作成編②(最終回)【創造PK】」に登場した畠山家の実力者・安見宗房さん。右近とは同族の別流と思われる。

後世の軍記物において「安見直政」と書かれ、『信長の野望』シリーズにも「直政」として登場するが、同時代史料にその名はない。

また安見氏に関して書かれた「保見氏系図譜」において「安見直政が交野城主だった」とされているが、「保見氏系図譜」は偽文書(ぎもんじょ)作家・椿井政隆(1770~1837)の手によるものであることが判明。近年では信用できないとされているらしい(3)

 

『信長の野望』ではこの辺がこんがらがって、「安見宗房=松永久秀に自刃させられた交野城主」ということになっている模様(没年が1571年に設定されてる)

一方の右近は城主ではないけど、一応はこの近辺の領主扱い? ちょっと謎な感じ。

安見宗房
「安見直政」氏。前の記事でも触れたけど、生まれた年はもっと前だと思う。

 

ちなみに前段の『信長公記』の記述を確かめるにあたり、新人物文庫から出ている現代語訳版『信長公記』を見てみました。人名を通称から実名に改めるなどして読みやすく構成された本なんですが、そこには「高屋に畠山昭高、若江に三好義継、交野に安見直政」――。安見直政なんて人はいません><(4)

 

 

ということでゲーム本編

1570年のシナリオ「信長包囲網」にて、まずは安見信国の所属する河内畠山家の大名を信国へと変更します。

勢力選択画面
武将の数はそこそこいるけど……

大名変更
面子が微妙すぎる。ちなみに「畠山昭高」も間違いで「畠山秋高」が正しいらしい。

 

初期同盟

周囲は同盟国だらけ。とりあえず同盟関係にない本願寺に宣戦すると、このうちほとんどは本願寺に味方してこちらとは手切れに。こっちからわざわざ手を切りにいかなくて済むので楽ちん。

で、まずは隣接する鈴木家を攻めて、その後松永家に侵攻。

 

信貴山城
織田家の堀直政が信貴山城へ向け出陣。信貴山城を織田に取られまいと我が方も慌てて進軍、包囲した。

 

松永親子
史実で信国を殺害する憎き松永親子は処断。生かして配下にしても他家にあっさり寝返るんですよね。

 

そこからはできるだけ織田家に城を渡さぬよう気を付け、先回りして領地を拡大していく。

建部山城
織田の滝川一益が迫りくる。ヤメテー!

 

織田領を除く近畿を無事制圧したら、次は四国へ。

長宗我部

長宗我部家を滅亡させ、次の矛先は毛利家に。

 

織田と婚姻

毛利攻めの最中、織田家に架空姫が登場していたので、遅まきながら婚姻関係を結びました。

このシナリオスタート時にも織田家にはおつやの方(信長の年下の叔母)がいて婚姻関係は結べるんですが、この方早くに亡くなってしまうんですよね。史実で刑死した人だから、処刑イベントが発生しないなら長生きしてくれてもいいのに。

おつやの方が亡くなり婚姻関係が解消されると、信長は再度の同盟は拒否し、速攻こちらに攻め込んできます。なので婚姻でなく通常の24か月同盟を重ねてここまで来ました。今作は同盟期限が切れるのに気付きにくいためうっかり同盟解消、即戦争ということがよく生じます。なのでちょっと気を使った。

 

この後毛利・宇喜多を滅ぼして中国地方を手中に収め、九州の大友・島津も滅ぼし、京都以西はすべて安見家の支配下に入りました。

京都以西制覇
ジャジャーン。

 

このままだとゲームクリアに必要な領地に少し足りないみたいなので、1593年4月、織田との同盟を破棄。攻め込みます(2年ほど待ったのはなんとなく。雰囲気です)。

織徳同盟
崩壊する織徳同盟。長い物には巻かれろの精神大事。

 

惣無事令

そして1593年7月、8城ほど奪ったところでクリア条件を満たせたらしい。

ということで惣無事令を発布してクリアです。

 

 

プレイ内容に関する反省点

大名を変更しただけで河内畠山家そのままと変わりなく、面白味がない。というのはおいといて……。

 

序盤はワチャワチャして楽しかったんですが、中盤、織田の侵攻を気にしなくて良くなり、プレイ内容が単調になって飽きてしまいました。結果、毛利攻めの途中で丸一か月放置。

施設を一つ一つ選んで建てて、前線には巡検所(近隣の戦場でこちらの上限兵数を増やす施設)を設置。そちらの準備が整ったら敵の城へ攻め込んで、取った城の周りにまた施設を建ててを繰り返し……。ちまちま手を掛けたのも面倒臭さアップにつながったので、巡検所以外はとっとと委任に切り替えてCPUに任せればよかった。

プレイ再開後、九州に攻め込んだあたりから巡検所以外ほとんど自分で建てなくなったので、そこからは大分楽になりましたね。

 

あとは前半で徹底して織田との戦いを避けたのも飽きの原因かもしれないけど、こちらが弱い内に織田と事を構えると面倒なので仕方がない。

 

もう一点、本作は合戦を自分で操作するのが面白いと言われるんですが、ほとんど操作せずに飛ばしちゃったんですよね。面白いと言っても自分で操作すると時間がかかるし、自分で操作した方が被害が大きいことが多いし。これは自分が下手なせいもあると思いますが。

多少時間が掛かっても適宜操作した方が楽しかったのは確かです。

 

 

おわりに

そもそもなんで安見信国なの、というと上にも上げた記事で選んだ鷹山弘頼。彼について調べたときに出てきた名前に含まれていたんですよね。

そのとき見たのが星のまち交野というサイトのこちらのページでした。

星のまち交野スクリーンショット

交野市の歴史的なことを中心にまとめてらっしゃるサイトなんですが、私部城(交野城)に関する勉強会等に参加されてその資料も載せてらっしゃる。

1998年にサイトを開設されて21年。運営者の方は現在78~9歳ですかね。

自分は単にゲームに登場する武将について調べたかっただけですが非常に助かりましたので、今後も末永く継続していただきたいサイトです。

 

 

(1) 現在の大阪府交野市私部に築かれた城。私部(きさべ)城とも。

(2) 小谷利明「織豊期の南近畿の自社と在地勢力」(小谷利明・弓倉弘年編『南近畿の戦国時代―躍動する武士・寺社・民衆』戎光祥出版、2017年)123-126ページ。

(3) 交野市「古文書から見えた私部城~語り継がれる歴史~VOL.8」(『広報かたの』2018年11月号) [https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2018102200042/](最終アクセス:2019年6月19日)

(4) 太田牛一著、中川太古訳『現代語訳 信長公記』(新人物文庫、2013年)163ページ。とはいえこの本は初め1992年に出版され2006年に手直しして再販、その後それが文庫化されたものなので最新の研究が反映されていなくても仕方がなく、また戦国時代における近畿地方の専門家でもない訳者にそれを求めるというのも酷すぎる(´・ω・`)

 

 

P.S. 今回の記事でやりたかったものの一つがすぐ上の「注」でした。

本文中に[書式]→[上付き文字]で小さな数字を付け、そこにリンクを付ける。リンクのタイトルに文字を入れれば、マウスオーバーでその文字が表示される。リンク先は各注にidを埋め込めばOK([挿入]→[アンカー]でもいいかな)。

あと画像の下に小さな文字でキャプションを付けたところは画像と文字を近づけるため、キャプション前の改行は[Enter]でなく[Shift+Enter](<br>による改行)に、また<img>タグの中に「 style="vertical-align:bottom" 」を入れ画像下の空白をなくしました。

以上、今週のソースコードいじり隊(仮)でした(・ω<)

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
(・ω・)
2019-06-20 07:21:13ID:126923

>>BleRoom::さん
ありがとうございます!
推敲しまくった甲斐がありました\(^o^)/

BleRoom
2019-06-19 23:24:22ID:126874

内容は素人には難しいのですが、たくさんの画像、個人的な雑感、参考文献といい、記事のクオリティめちゃくちゃ高くて応援投げねむですw

(・ω・)
2019-06-19 06:46:50ID:126777

>>やそ::さん
これが注の付け方、参考文献の書き方だ!(ドヤァ)とやってみたくて頑張りました!

やそ
2019-06-19 06:02:54ID:126771

注記事項それっぽくて素晴らしいです!

(・ω・)
2019-06-19 05:39:01ID:126769

>>ふかつ::さん
ありがとうございます!
ちなみに本に関しては、信長の野望についてよく書かれている「肝胆ブログ」さんの紹介を見て買いましたので付記しておきます。
http://trillion-3934p.hatenablog.com/entry/2018/01/07/232911
三好長慶周辺の好きな、なかなかマニアックな方という認識w

ふかつ
2019-06-19 05:03:48ID:126764

最高wwww
あと書籍も気になったので調べます!

NEMber who posted this article

(「・ω・)「 シャー

【更新履歴】
2019/10/11 モナキャラまとめ(https://nemlog.nem.social/blog/11955)に追記。

【nemgraph】
https://nemgraph.net/profile/5d5e9e815d199ed95dfe12f81316b6aa21e4c
25925
0

Why don't you read following articles?