connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

近県での災害の度、富山県民の認知が歪んでいく

nem17.63xem (4) 332 6 0

立山連峰最強説という誤った生存バイアス

富山県はやっぱり安全だ。

だってほら。

隣の県で6強揺れてもびくともしない。

 

富山ほど災害の無い県はない。

本日の目次

 

越中は極楽浄土の立山に見守られた神の国

 

まず始めに、

今回の新潟、山形、東北各県で地震の被害に合われた方々、大丈夫でしたか?

津波注意報まで出たと言う話で相当だったんだと思います。

とりあえずこの記事を読んでいらっしゃるということは、ご無事だと思われますので何よりです。

 

富山は至って平穏です。私は熟睡してましたが、全く気付きもしませんでした。

 

 

富山が揺れないのは

今回だけじゃありません。

 

中越地震でも、県境を越えた上越地方が震度6とか5でも県内は3やら2やら。

能登の地震でもあちらで震度6超えてきていても、富山県内は2やら1やら。

 

震度3なんてあった日には、一面記事で大災害!

なんて記事が踊りだすんじゃないかというくらい、地震には耐性の無い県です。

 

震度1でも、えっ?!揺れた?!やばい!

とか言う人や、

あー!また感じられなかった!1回くらいちゃんとした地震を感じてみたいんだよなー!

とか言う大人が平気でいるような、そんな地域。

 

 

台風だってそうです。

台風で休校?なにそれ?

警報になっても雨すら降らない。風なんて吹かない。

そもそも台風直撃で全国地図が警報で真っ赤になってるときに、富山は注意報すら出てない。

 

そんなこともあります。

 

 

 

県の移住促進サイトなどにも、

富山は災害の無い県だ。

安心安全。自然も豊かで、素晴らしい。

 

そんなことが書いてあるくらい災害に対して対岸の火事だと思っている風潮を感じる富山。

 

 

一説によると、

  • 北アルプスの下にあるマグマ溜まりが地震の揺れを吸収しているので揺れが伝わりにくいんだとか、
  • フォッサマグナを挟めば揺れは伝わらないんだとか、
  • 立山が風や雨の雲を防いでくれているんだ、とか
  • 立山連峰の加護が、とか

最後の方はもう完全に宗教なんじゃないか、と思うくらいですが、

 

 

それ程までに酷い災害にあったことの無い人々は、

近県で災害が起こる度に

  • あーやっぱり富山は揺れなかった。
  • 今度も富山は大丈夫だ。
  • 流石富山だ安心だ。

そうして認知が歪んでいくのです。

 

バイアスがかかっていく。

ただの与太話が、証拠を伴って、強化され、伝播し、さらに強固なバイアスとなり、認知の歪みとなっていく。

 

富山は無災害の素晴らしい県だ!

と。

 

 

歴史に学ぶ大事さ

 

そんなことを言っている富山ですが、

 

富山が災害の無い県ならば、大石川県から独立なんて出来なくて、

今の時代も新潟の隣は石川県。

石川県と長野県は接している。

そういうことになっていたに違いない。

 

明治の廃藩置県のゴタゴタのさなか、

道路や産業などの振興を図ろうとしていた石川県側と、

度重なる水害、災害、そういうものへの対処を切実に訴えていた富山県側で、決定的な意見の対立があっての

今の富山県と石川県の形があったりするわけです。

 

 

教科書にも載ってることもあったりなかったりする急流河川、「常願寺川」

3000mから河川延長20km程で0mの海まで注ぐという一級河川ですが、

天井川だったり暴れ川としての一面もあります。

 

その常願寺川は、江戸時代より前までもたまに洪水になったりすることはあったものの、大人しい川だったそうですが、

江戸末期、安政年間に起こった飛越自身で姿を変えました。

 

飛越地震はマグニチュードが7とか言う地震だったと推測されているようですが、

 

北アルプスの中にある山が1つ崩れ落ち、一月ほど平野部からも山から湯気が、土埃が上がっているのが見てとれた。

そんな地震ですが、

 

その地震を機に常願寺川は全国屈指の暴れ川となり、

今でも年間100億以上をかけてるとかいう終わりの無い砂防工事が始まることになったりしたわけで。

 

地震に縁がないどころか、地震があった災害地域だったからこその富山があるのに。

そんなことは忘れてしまっていたりします。

 

 

海岸沿いの街々でも、過去に津波に襲われて、街を移転して今の姿になったんだ。

とか、そういう歴史の伝承が行われている地域もあるにも関わらず、

 

それは、へー。そんな歴史があるのか。と鼻をほじりながら聞いているだけで、

富山は地震も起きないし、津波も起こらないんだから大丈夫。

なんて思っている人も多い。

 

 

 

 

全国的にもそうですが、

近所に津波の堆積物でできた地形や地層があるならば、

そこは大津波に襲われた実績のあるところだし、

河岸段丘があるならば、平野があるならば、過去にはそこまで河川が流れ洪水が起き、土砂を運んでいたからその地形ができているわけで。

 

地名も昔々からの災害の痕跡を忘れまいと残していたり、

昔話もこれだけは子どもたちに伝えないと、と過去の人々が残してくれていたりするのにもかかわらず。

 

たった数年、数十年だけ振り返って、

 

ここは災害なんてないところ。

災害なんて関係ない。  

 

そういう人のなんと多いことか。

 

 

 

日本に住んでて災害に合わないなんて言う場所などないのだから、

対岸の火事とせず、

起こったときに備えたいものです。

 


nemlogおすすめ記事の紹介♪

この記事で使っている装飾方法が知りたい方は以下から選んでみてね!

その他装飾方法は【マニュアル】カテゴリもご覧あれ。

 

私が選ぶここ数日のオススメ記事

 

オススメnem雑学記事

 

オススメのタグ 

 

 

以上もお暇があれば見てみてね!


今日のNEMcolor

地震情報の図ってNEMcolorだよね。とか悠長に言っちゃうくらい他人事な県民気質。

被害にあった方は大丈夫でしたか?

身近なものから何でもNEMカラーを発見しよう!

【NEMCOLOR運動】実施中です。

 

結構ありますよ。

橙色水色黄緑色

が使われているもの。

 

みなさんも、見つけたら写真に撮って【NEMcolor】のタグを付けて投稿してみませんか?

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
やそ
2019-06-20 05:30:24ID:126913

>>matsuno@漆黒の::さん
平和ボケはあまりよろしくはないとも思いつつ、平和ボケになるほど平和なのは良いことです。
>>ちきゅう::さん
立山信仰は半端ないっす。

ちきゅう
2019-06-19 22:03:23ID:126860

立山がーってみんな言うわw
そこは、富山県共通なんだねー

matsuno.nem
2019-06-19 21:21:40ID:126852

のど元過ぎれば熱さを忘れる。ということですね。
その方が平和なのかもしれませんが。

やそ
2019-06-19 19:15:54ID:126831

>>7zoesan::さん
過去からの知識や知恵、記憶が地形や地名には詰まっているのです。
>>BleRoom::さん
本気で地震は来ないとみんなが思ってる感じは危機的だと思っていたり。

万が一に備えましょう!

BleRoom
2019-06-19 12:50:01ID:126812

備えあれば憂いなし、ですね!
富山県民ならではの記事、面白かったです(^^)

7zoesan
2019-06-19 08:43:02ID:126786

興味深く拝見しました!富山県民性面白いですね、後半はブラタモリ的で、歴史はきちんと教えてくれていると感じました。土地選びとかの際には土地の歴史や成り立ち、地名の由来は参考になりますね!

NEMber who posted this article

投げNEMしてますか?溜め込んでると爆発するって何処かで聞きましたよ。
25946
0