Wait a moment...

【映画】心が豊かになるおすすめ映画

nem1.70xem (2)
299
4
2019-06-19 11:00:14
【映画】心が豊かになるおすすめ映画

今回は自然に溢れ心が豊かに彩る美しい映画をご紹介したいと思います。
私自身そのような映画が大好きで同じ作品を何十回と観返しているのですが、周囲にあまりわかってくれる人がいなくて寂しかったのでこの場を借りておすすめ出来たらと思った次第です。

 

 

○赤毛のアン(1986年)・アンの青春

〈あらすじ〉

孤児院育ちのアン・シャーリーは手違いで男の子を引き取るはずだったカスバート家へと引き取られる。想像力と感受性が豊かな彼女は周囲から浮いてしまうが、いつも人を魅了してやまない。愛する人々やプリンスエドワード島の美しい自然に囲まれて、アンはその赤毛を揺らしのびのびと豊かに成長していく。

 

『赤毛のアン』と言えば世界文学の中でも有名な作品であり、少女の青春小説としても広く知られています。私は外国文学は苦手なのですが、『赤毛のアン』だけは大好きで何回も読み返しています。

 

1986年版の映画はシリーズとなっており、『赤毛のアン』『アンの青春』『アンの結婚』と3作品作られています。『赤毛のアン』の原作自体シリーズが非常に長い作品で、映画にするにはある程度の改変が必須な作品だと思うのですが、この映画は原作の良さを潰さずに、寧ろ美しいカナダの自然風景が相まってとても心が豊かになる作品となっていました。

 

孤児院育ちで辛いことばかりだったアンは想像力を膨らませることでその日々を乗り越えてきました。しかしどこまでも優しいマシュウ・カスバート、誰よりも厳しく誰よりも愛してくれるマリラ・カスバートの兄妹に引き取られたことで暗闇の人生は一変し、のびのびと、それは心豊かに育ちます。

 

この作品を観ていたら、帰る場所があること、愛する人たちがいること、豊かな自然、そして豊かな想像力がどれだけ大切なものかに気付かされます。

 

また、アンが大人になってからを描く『アンの青春』では、そんな空想の世界に生きていたアンが現実と向き合い、子どもから大人への階段を登る姿が描かれています。いつまでもアンはアンで、その自由さに人々はいつも魅了されいつのまにか心を開いていきますが、肝心な自分の心だけはうまくいかず本当に愛する人が誰なのか見失ってしまいます。現実世界に向き合った時、自分が必要とするものはいった何なのか、それはどこにあるのかを探す、まさに「青春」を描いた作品と言えるでしょう。

 

カナダの美しい自然、人々の愛情がたっぷり詰まったこの作品を観ればきっと心が温かく、そして豊かになること間違いなしです。

 

 

○秘密の花園

〈あらすじ〉

非常に裕福な家庭に生まれ、インドで過ごす少女メアリー。しかし、両親の死によってインドから英国へ戻って来たメアリーは、伯父の邸宅へ引き取られることとなる。しかし、その広大な屋敷は、妻を亡くした伯父と、病弱ないとこが住む、もの悲しい場所であった。あるとき、メアリーは、長い間、閉ざされたままになっている庭園を発見するのであった。メアリーは大人に秘密でその庭園を蘇らせようと心に決める。そして、春になり、信じられないような奇跡が起こるのであった・・・。

 

この作品もまた自然が美しい作品となっています。私はこの作品を短期留学する時の飛行機でたまたま見つけて観たのですが、とても素敵な作品で日本に帰ってからすぐに探してそれ以来何度も観るようになりました。この作品も原作は小説なのですが、そちらの方は読めていません。訳があまり合わなかったのでしょう。

 

しかし映画版はアン同様、イギリスの美しい自然と優美な花園が非常にこちらの心を豊かにしてくれます。

 

メアリーはアンと違って完全に心を閉ざしてしまった少女なのですが、自然に触れることで少しずつその心を蘇らせ、閉鎖的な屋敷の空間を明るくしていきます。その過程には人々の優しさや小さな想いなどが垣間見え、映画を彩ります。

 

また、この映画は『ゴッドファーザー』を監督したフランシス・フォード・コッポラが制作総指揮を担当しており、雰囲気が重厚で見応えあるものになっているところも見どころです。

 

少女と少年の幼くも豊かな心、次第に明るくなる屋敷、そしてイギリスの美しい自然が彩る秘密の花園。この作品には夢物語で見た全てが詰まっていますので、その美しさに触れたい時に是非ご覧になっていただけたらと思います。

 

 

○まとめ

今回は2作品(正確には3作品)だけでしたが、どちらも非常に素晴らしいものであり、心を豊かにしてくれる美しい作品です。

ゆっくりと自然に癒されあたたかい気持ちになりたい時などに観ていただけたら嬉しいです。

Comment
hukushima
hukushima
2019-06-19 13:20:05ID:126819

>>オーウェン::さん
ありがとうございます(^^)
どちらも素晴らしい作品なので是非ご覧になってください!

hukushima
hukushima
2019-06-19 13:19:42ID:126818

>>7zoesan::さん
是非ご覧になってください!どちらも古い作品ですが癒されます!

7zoesan
7zoesan
2019-06-19 12:47:37ID:126811

2作品とも見ていないので近々借りてきたいと思います!

オーウェン
オーウェン
2019-06-19 12:16:06ID:126798

純粋に見てみたいと思いました( ̄▽ ̄)

この記事を書いた人
趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、旅行。 エンジニア見習い。 日々の色々を共有しながらnemのことについても学びたいと思います。